中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

十八歳・海へ (集英社文庫 青 107-B) 文庫 – 1980/1

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1980/1
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 205ページ
  • 出版社: 集英社 (1980/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087503348
  • ISBN-13: 978-4087503340
  • 発売日: 1980/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 628,471位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

著者19~23歳までの作品七篇を収録した作品集。
・「十八歳」は、後年の芥川賞作品「岬」につながる著者の、未完成だが溢れるような素質を窺わせる力作である。
・「愛のような」はオチのついたコミカルな作品。
・「海へ」は、独特の形式が用いられた詩的な作品である。斬新な形式をまるで嫌味にすることなく成功させた著者の才能には舌を巻くばかり。本作が著者の全作品のなかでどのような位置付けになるか、私は残念ながら知らないが、著者初期における最も完成された作品の一つであることは間違いないだろう。
ため息の出るような粋な後書きと、津島佑子による解説が付いている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 k-0 投稿日 2006/1/22
中上の初期作品集。手法的にも文体的にもまだまだ独自のスタイルを見つけておらず、大江健三郎の亜流という感じですが、その巧みさはやはりさすがです。短編群はどれも「上手くまとめた」という印象で、それはそれでまあ凄いのですが、この作品集の中で特筆すべきはやはり最後の「海へ」ではないかと思います。「荒削りの魅力」といった点でこれほど素晴らしい小説(と言うよりも散文詩)を他に知りません。「手法」とか「文体」などの細々したことなど全て吹っ飛ばしてしまう破壊的な力に満ちていて、読んでいるこちらの血が煮え立つようなすさまじさです。それでいて破壊の合間から聞こえてくる何とも言えない「抒情」は、まるで彼の好きだったアルバート・アイラーを聴くかのようです。これがもう少し小説としてまとまった形になると「十九歳の地図」や「岬」などになるのでしょうが、いかにも「若書き」の「海へ」には、荒削りな分だけもっとプリミティブな、恐らく「若い時」にしか書き得ない特別な魅力が秘められていると思います。「海へ」一編で十分に星五つです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 するめいか 投稿日 2005/10/20
 海へやJAZZのような詩的な短編はどうかと思ったが、それ以外の短編はどれも素晴らしい。
 最初の18歳は、素晴らしい青春小説に仕上がっている。
 隆男と~けだるい学生との感覚と、漠然とした不安感を最後のオチで上手く引っ張り表現している。
 愛のような、は衝撃的。言うことはないのでとにかく読もう。
 不満足は、これまたすごい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
筆者が21歳の頃に同人誌発表した、作品の短編集。
若者の気負った作品らしく、やたらと下ネタ的な表現が多く、
かえってわかりにくなっている面もある。
カフカを意識したようなSFチックな「愛のような」を除き、
筆者自身の体験や感覚の表現が連続している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告