十五才学校IV [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【コンディション説明をよくお読みくださいませ・安心Amazon発送】 ★国内正規品(レンタル品ではございません) ★付属品:ケース・取扱説明書・DVD1枚 ★ケース:スレあり ★ディスク盤面:とても綺麗(動作確認済み) ★ディスク研磨済み(ディスク研磨は音飛びや映像の乱れ等を防止する目的で行なうため、ディスク表面に由来する薄いキズ等が残る場合もございます) ★簡易クリーニング済み ★禁煙環境で保管 ★防水クリスタルパック包装 ★決済方法:クレジットカード・代引き・コンビニ払い可 ★各種サービス:お急ぎ便・コンビニ受取可 ★万が一、不良品もしくは商品状態が著しく異なる商品をお受け取りになった場合、大変お手数ですがストア評価欄からではなく、メールまたはお電話にてご連絡いただけますと、迅速にご返金等の対応をさせていただきます。ご安心してお買い求めくださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十五才学校IV [DVD]

5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,102 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2
ポイント: 3pt  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,784より 中古品の出品:9¥ 860より

この商品には新しいモデルがあります:

十五才 学校IV [DVD]
(22)
再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で十五才 学校IVを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十五才学校IV [DVD]
  • +
  • 学校II [DVD]
  • +
  • 学校III [DVD]
総額: ¥11,895
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 金井勇太, 麻実れい, 赤井英和, 小林稔侍, 丹波哲郎
  • 監督: 山田洋次
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2005/11/26
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BKJF5A
  • JAN: 4988105046474
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 72,490位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   不登校状態にある中学3年生の大介(金井勇太)は、ある日屋久島の縄文杉を見にいこうと思い立ち、両親に内緒でひとり旅に出る。横浜からヒッチハイクで九州へ、そしてさまざまな出会いを経て、彼は屋久島へ到着するが……。これまでさまざまな学校を舞台にしてきた名匠・山田洋次監督の『学校』シリーズ第4弾。今回は何と学校に行かない少年の旅を描いたロード・ムービーであり、そこには旅こそが現代の青少年にとって実は最大の学校なのではないかという山田監督の想いと、現代の教育に対する静かな批判が込められているようでもある。麻美れいや丹波哲郎など、さまざまな人々との温かい交流は、主人公少年のみならず観る者の意識まで温かく変革させてくれるほどで、もはやクライマックスの縄文杉に辿り着くまでもないほどである。旅を終えて成長した少年が、大好きな少女のいる学校へと戻っていくラストもいい。本来、学校とは人と人が交流しながら成長していく場であるはずなのだ。シリーズ1の異色作だが、個人的には最高の出来栄えと確信する。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

問題を抱えた十五才の少年が、ヒッチハイクの旅を通して内面的に成長していく様を描いたヒューマンドラマ。各マスコミ、映画コンクールから高い評価を得た感動作。出演は金井勇太、麻実れい、赤井英和ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
中学生時代に教諭が見せてくれた映画。
当時死ぬほどおもんないと思ったが、
10年経って見ると、名作に変わってた。

日常に何気なく潜む、人への労りや愛を、
1人の少年を皮切りにあぶり出される様は、
心の底から身体を温めてくれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
山田洋次監督の学校シリーズの四作目である。

これまでは「学校」という枠内が主たる舞台となっていたのだが、今回は、中3生の少年が主人公である。
彼はいわゆる不登校の生徒だったのだが、あるとき屋久島に行きたいと思い立ち、ヒッチハイクをして屋久島へと向かう。
その過程で出会った人たちと、首都圏のとある街に住む家族とのやり取りが主体である。

今回、「学校」そのものは、最後の最後にだけ登場するのみである。

そもそも、「学校」というものがなければ何も学べないなどというわけではまったくない。
「学校」というものは、学ぶための手段として通うべき場所ではないか。

そういう視点から見た、「学校」の在り方を、少年の旅を通じて、山田氏はものの見事に描き切った。

〜最後の学校のシーンは不要だと思われる向きもあるが、それなくして実はこの作品は成立しえない。
 もしそのシーンがなければ、単なる少年の旅物語で終わってしまうだろう。
彼は自分の通う「学校」という場をいかに利用して、その後の人生にどのように活かしていくのか・・・・・そういったことを観る者に問いかけるためにも、あのシーンはなくてはならないものなのであると、私は考える。

「学
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
15歳の映画を見て、感じたことが多かった。
金井勇太は 学校に行くのがイヤになって、不登校になり、そして家出をする。
ヒッチハイクで、屋久島へ行くというのだ。
それが、彼にとってのはじめての冒険だったのかもしれない。
旅をする中でいろいろなヒトと会う。
フーテンの寅さんの手法が、うまく生かされている。
出会った人とコミュニケーションすることで、変化していく。
結果として、屋久島にたどりつき、「縄文杉」に出逢う。 
そこで、何かの「自信」が形づくられた。
縄文杉が自信を与えたのではなく、
縄文杉にあおうと思って、あうことができたことが、自信となった。
目標が鮮明で、それをやり遂げたことの大切さかもしれない。

不思議と屋久島に行きたいなと思った。
プロジェクトXで、屋久杉を守るというのが、感動的だったのかもしれない。
こうやって、映画で疑似体験ができたのは不思議だった。
鹿児島から、屋久杉にいくという大変時間とお金がかかると
いうことがわかり、いけないことを理解した。
何よりも体力が大きな問題だった。往復で歩いて、12時間かかるという。
もはや、本格的な登山に近い話だった。
15歳をみお
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 しんのすけ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/5/1
形式: DVD
はじめに断っておくと、この映画は「学校」シリーズとは全く異なった独立したキャスティング、ストーリーで、前作までのシリーズを見ていなくても楽しめる。
ある日突然、学校に行く意味が見出せなくなった主人公の少年が、1人で家を出て、小さい頃に家族と行った屋久島の千年杉を目指して旅をする。その道中で出会った人々とのエピソードが、この映画のおおまかな内容になる。というと、よくある話だと思うかもしれないが、その登場人物達とのエピソードがいちいち胸を打つ。学校に行っていた時には受験の為に勉強するのがあたりまえの環境で、そんな周りの雰囲気に合わせて生活していたであろう主人公も、人生と言うのは決してそれだけではないという事を、身に染みて実感しながら人間として成長していく。そして、偶然とはいえそんな主人公の少年に出会った人達も、ほんの少し変わっていく。劇中に登場するひきこもりの青年が書いた詩にもあるように、人生という物には、急いでいる人には見えない景色があり、それが見えるのは自分の足で一歩一歩自分の人生を歩いている人だけなのだ。周りに流されてゆく生活もいいかもしれないが、自分の信念を持って生きていく、そんな大人になりたいと実感した。
余談だが、私はこの映画を友人数人に薦めたところ、薦めた全員が何か思うところがあったらしく、今度そんな友人達と屋久杉を見に行く事になった。それだけ見る人の心に何かを残してくれる映画だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。bluetooth 4.1

関連商品を探す