十五才学校IV [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 正規品。解説リーフレット・チラシ付き。帯なし。スリーブケース・ディスクケース・ディスク共に良好です。この商品は送料無料でAmazon.co.jpから直接発送されます。アルコール消毒後クリスタルパック梱包致します。代金引換・コンビニ受取等の各種サービス・各種お支払いがご利用できます。検品には十分注意しておりますが万が一商品に不備があった場合は迅速な対応を心がけておりますので、ご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十五才学校IV [DVD]

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,028 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 76 (2%)
ポイント: 23pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,755より 中古品の出品:10¥ 1,800より

この商品には新しいモデルがあります:

十五才 学校IV [DVD]
(20)
再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で十五才 学校IVを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十五才学校IV [DVD]
  • +
  • 14歳 (幻冬舎よしもと文庫)
総額: ¥4,522
ポイントの合計: 64pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 金井勇太, 麻実れい, 赤井英和, 小林稔侍, 丹波哲郎
  • 監督: 山田洋次
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2005/11/26
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BKJF5A
  • JAN: 4988105046474
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 101,003位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   不登校状態にある中学3年生の大介(金井勇太)は、ある日屋久島の縄文杉を見にいこうと思い立ち、両親に内緒でひとり旅に出る。横浜からヒッチハイクで九州へ、そしてさまざまな出会いを経て、彼は屋久島へ到着するが……。これまでさまざまな学校を舞台にしてきた名匠・山田洋次監督の『学校』シリーズ第4弾。今回は何と学校に行かない少年の旅を描いたロード・ムービーであり、そこには旅こそが現代の青少年にとって実は最大の学校なのではないかという山田監督の想いと、現代の教育に対する静かな批判が込められているようでもある。麻美れいや丹波哲郎など、さまざまな人々との温かい交流は、主人公少年のみならず観る者の意識まで温かく変革させてくれるほどで、もはやクライマックスの縄文杉に辿り着くまでもないほどである。旅を終えて成長した少年が、大好きな少女のいる学校へと戻っていくラストもいい。本来、学校とは人と人が交流しながら成長していく場であるはずなのだ。シリーズ1の異色作だが、個人的には最高の出来栄えと確信する。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

問題を抱えた十五才の少年が、ヒッチハイクの旅を通して内面的に成長していく様を描いたヒューマンドラマ。各マスコミ、映画コンクールから高い評価を得た感動作。出演は金井勇太、麻実れい、赤井英和ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
将来何をしたいか決まっておらず、同じような日々を過ごす毎日。
そんなとき出会ったのがこの映画でした。
自分も中学3年のとき同じ考えをもっていてとてもこの少年の気持ちがわかって涙がぼろぼろでた。20分に1回は泣いていたと思う。
そして、見終わって思った。
「自分も屋久島に行こう!」
この少年のようにヒッチハイクではないが、飛行機にのっていってきた。
宿は相部屋のとても安い宿だったが、いろんな人に出会った。
縄文杉も見てきた。見た瞬間、「・・・怪物だ」と思った。
宿で会ったおっちゃんは言った。
「金も勉強も大切だけど、人と接することが一番大切だからそれだけは忘れずに帰ってくれな」
屋久島の芋焼酎を飲みながらそんな言葉を聞いた。
翌日初めて飲んだ焼酎のせいで二日酔いになりながら帰った。
自分も映画のような体験ができたのだった。
あれ以来休みのたびに一人旅にでかけるようになった。
色々な人に出会い、色々な事を学ぶ。
旅は奇跡の連続である。
ありがとう!屋久島!そして、おっちゃん!
ありがとう!学校Ⅳ!
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しんのすけ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/5/1
形式: DVD
はじめに断っておくと、この映画は「学校」シリーズとは全く異なった独立したキャスティング、ストーリーで、前作までのシリーズを見ていなくても楽しめる。
ある日突然、学校に行く意味が見出せなくなった主人公の少年が、1人で家を出て、小さい頃に家族と行った屋久島の千年杉を目指して旅をする。その道中で出会った人々とのエピソードが、この映画のおおまかな内容になる。というと、よくある話だと思うかもしれないが、その登場人物達とのエピソードがいちいち胸を打つ。学校に行っていた時には受験の為に勉強するのがあたりまえの環境で、そんな周りの雰囲気に合わせて生活していたであろう主人公も、人生と言うのは決してそれだけではないという事を、身に染みて実感しながら人間として成長していく。そして、偶然とはいえそんな主人公の少年に出会った人達も、ほんの少し変わっていく。劇中に登場するひきこもりの青年が書いた詩にもあるように、人生という物には、急いでいる人には見えない景色があり、それが見えるのは自分の足で一歩一歩自分の人生を歩いている人だけなのだ。周りに流されてゆく生活もいいかもしれないが、自分の信念を持って生きていく、そんな大人になりたいと実感した。
余談だが、私はこの映画を友人数人に薦めたところ、薦めた全員が何か思うところがあったらしく、今度そんな友人達と屋久杉を見に行く事になった。それだけ見る人の心に何かを残してくれる映画だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
15才―は、学校シリーズの中で一番好きです。 第4作目が1作目より優れているーなどと言う事は普通ありえないのですが、これは山田洋次監督の“学校”という一連のシリーズからスピンオフとして独立した作品と言ってよいでしょう。    主人公の少年が行く先々で出会う出来事―みんな味があってそれぞれいいんですが、なんといっても宮崎で出会った引きこもりの少年が彼に送った“浪人の詩”(思わずもらい泣きしてしまいます)と、屋久島の丹波さんがいい味出していますね。  丹波哲郎は基本的には熱い演技が似合う人なのですが、80年代以降、軽いノリが喜ばれるようになった日本の芸能界においては、なんだかお茶の間の笑い者になってしまった感があり、本人もそれに居直っていたふしがありますが、そういったイメージ自体をもひっくるめて、この役で最後の花を咲かせてくれました。“バイカルのテツ”は寅さんや清兵衛や御前様を初めとする数々の山田キャラクター達とともに、永遠に記憶されるべきちょっとおバカな名キャラだと思います。

また、これは松竹大船撮影所で撮られた最後の映画としても記憶されるべき作品です。 この作品によってこの伝統ある撮影所は充分に憂愁の美を飾ることが出来たと私は思います。 日本映画が長年大事にしてきた淡い、でもなぜか心に染み入る独特の薄味―(なぜか欧米人にはうけませんが、事これに関しては、私は彼
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/15
形式: DVD
久しぶりに”いい映画”を見ました。
素朴に淡々と話が進むのだけど、見ていて飽きない。
主人公が屋久島へ向かう途中で出会う人々はそれぞれ個性的、
だけどみんな人間的な暖かみがある。
確かに、世の中こんな親切な人ばっかじゃないだろうし、
2週間でこれほどの”濃い旅”をすることは難しいのかもしれない。
けれども、この映画を見終わった後に、今度屋久島に行こうかなと思うほど、人との出会いの素晴らしさや自然の壮大さが凝縮されている。
そして何より、15才主人公の優しさ、正義感、素直さに感動しました。見習わなくては・・・と思わされました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す