十二国記 月の影 影の海 四巻 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十二国記 月の影 影の海 四巻 [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,600 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ちゃがま堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十二国記 月の影 影の海 四巻 [DVD]
  • +
  • 十二国記 月の影 影の海 五巻 [DVD]
  • +
  • 十二国記 月の影 影の海 三巻 [DVD]
総額: ¥16,560
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 久川綾, 子安武人, 石津彩, 上田祐司, 相沢正輝
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/01/16
  • 時間: 81 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007JMNM
  • JAN: 4988013442504
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,268位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   いわゆるライトノベル(ヤングアダルト系小説)として発表されつつも、その面白さから世代を超えた読者層がついた小野不由美の大河ファンタジー「十二国記」シリーズ。
   平凡な女子高生・中嶋陽子。彼女の前にある日ケイキと名乗る青年が現れ、見知らぬ異世界へと連れて行かれる。そこには妖魔と呼ばれる奇怪な生物が跋扈(ばっこ)し、陽子は妖魔に襲われるハメに。なぜ自分はここへ連れてこられたのか、ここはいったいどこなのか、陽子は生き延びるために見知らぬ世界で生活することとなる。原作ファンにも絶賛を持って迎えられた傑作。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

妖魔や神仙が住む世界を舞台に、激動の十二国の歴史の中での少女の成長を描いたファンタジーアニメ。声の出演に久川綾、子安武人ほか。第8~10話収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 臥待月 投稿日 2002/11/26
Amazonで購入
ぜひとも私はまだだという方にお勧めします。
まず見て圧倒されるのが、オープニングでしょうか。曲も良い事ながら、あの画面が良い。壁画か何かのような絵が良いというのがまず一つ目の意見です。
そして、なんと言っても陽子の成長というものです。
どこかが私といっしょだ。そんな風に思える方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。かくゆう私も、その一人だからです。
人間としてか、化け物としてか。
友として・・・・・・なのか。
悩まされる題材です。
そして、見ていて陽子はまるで私自身の代弁者なの?と思える場面もあるんですね。
そんな風に見えない自分、今まで気づかなかった自分を教えられる。そんな作品ではないでしょうか。
ぜひ、あなただけの思いを見つけてみてください。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
講談社刊・小野不由美原作/山田章博イラスト

『十二国記』TVアニメ第8〜10話を収録したDVDです。

ついに謎めいていた物語の真実が解明され、

本章で一番見所のある物語に仕上がっています。

第8話「月の影 影の海」八章

 自分の生き方を見出した陽子が港町から雁の国へ向かう船旅の物語です。

 やりたいことを自分の意志で行動する実直さから起こる悲劇がもの悲しく、

 巧国の荒んだ内部事情をも垣間見ることができます。

 相手を憎みながらも一握りの優しさに翻弄される彼女も雁へ向かい、

 物語の山場が見え始めてきます。

第9話「月の影 影の海」九章

 なぜ主人公・中嶋陽子はこの世界へ連れて来られたのか?

 ついに彼女の存在についての数々の謎が氷解し、衝撃の真実に驚かされます。

 再会した彼の優しさと暖かさにも触れ、本章で最も見応えのある話といえるでしょう。

 また、豊かで安定した雁の国が緻密に描写され、国内の治安と内部情勢が

 王の采配いかんで全く異なる様を強調していま
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今回のこの物語には物語上、そして陽子の成長の上で最も重要な人物の一人である「楽俊」が登場を果たす。
彼は、人間でありながらその半性が人間ではないという十二国記ならではの存在である。しかし、完全ではない人間として扱われている彼は、目を離すことが出来ない人物でもある。
人間が「当然」とする事を、彼は「当然」として受けとめ、そして生きている。陽子はこの頃から「人間」的な強い成長を見せ始める。そして彼と接する事で人間が誰しもぶつかる問題、自己葛藤、そして他者への懐疑など陽子はその感情の存在を認め、そうしてそれはまだ彼女自身分かってはいない成長と繋がっている。
懐疑が真の友情となる瞬間、彼女はまた大きく進歩するのだろう。変貌する彼女が今後も楽しみです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す