Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 680

¥ 54の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[貴志 祐介]の十三番目の人格 ISOLA (角川ホラー文庫)
Kindle App Ad

十三番目の人格 ISOLA (角川ホラー文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 680
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格〈ISOLA〉の出現に、彼女は身も凍る思いがした。

内容(「BOOK」データベースより)

少女の中に宿る13番目の人格…、それは悪魔の人格。映画『ISOLA多重人格少女』原作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 542 KB
  • 紙の本の長さ: 401 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2000/9/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AIITE6K
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 20,064位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
まさか磯良がそういう事だなんて!すっかり騙されてしまいました。
ラストが1番怖かったです。ゾッとしました。
多重人格ものは数あれど、この作品はさらに一捻りも二捻りもある気がします。
多重人格障害は辛い目にあっている自分を守るために自分ではない別の人格を作り出す病と聞くけれど…
自分を守ってくれる人格だけならいいけれど、そうでなければあまりにも怖いです。
オリジナルの自分の意識が無くなってしまいそうな怖さもある。
主人公の女性の能力も、生きていくには辛すぎるんだろうなと思います。
こういう能力というのは本当に存在するのかは未知ですが、彼女の能力あってこそのこの作品。
ラストの主人公の恐怖は計り知れないだろうと思います。
読み応えがありました!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 6138 投稿日 2017/6/13
形式: 文庫 Amazonで購入
アマゾンで買った本のみレビューしています。物語・作り話が好きなので小説しか読みません。リアリテイー等は関係ありません。事実と違うなどと言ってる人がいますが、なぜ事実じゃないと知っているのでしょうか?学者が書いているから?不思議で仕方がありません。物語では信長は本能寺で死ななくてもいいのです。面白いか面白くないかのみが判断基準です。それではよろしくお願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
他人の心の動きを読み取るという、特殊能力を持つ由香里は、ある病院で1人の少女に出会う。その少女の会話をするうちに、彼女が多重人格、それも10個以上の人格の持ち主であることに気付く。そして、ある事がきっかけで、彼女の中に十三番目の人格が出現する・・・。

これが前半部のあらすじです。
多重人格の少女との面談や、過去に行った心理テストの分析など、彼女の精神構造に迫ります。
貴志さんの作品は、「黒い家」では犯人の書いた作文を心理学的に分析する場面などが秀逸で、心理学・精神医学を用いての謎への迫り方がとても楽しく読ませますね。

しかしストーリーの後半部に入ると、少し様相が変わりまして、ホラー・オカルト色が強くなってきます。
「黒い家」や「悪の経典」などのように、オカルトを扱わずに、心理学的な観点から、この十三番目の人格について説明を付けてほしかった私としては、ちょっと残念ではあるのですが、切ない気持ちにさせてくれる展開になっていますので、読んで損だとは思いませんでした。
純ミステリではありませんが、ホラー色の強い、準ミステリで、なおかつ恋愛気分も味わえる、エンタメ作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
貴志祐介さんの作品はクリムゾンの迷宮ではまり、新世界より、天使の囀りと読み4作品目ですが、ほかの作品に見られる緊迫した世界は感じられましたが、読んでいる途中でなんとなくラストを予想させる展開で、いい意味での裏切られるような…先が読めないような、「やられたなぁ~」という感じはなく終わってしまい、ちょっと物足りない感じでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
黒い家、青の炎、クリムゾンの迷宮、天使の囀り、本書と続けて読みましたが、
本書は途中で飽きてしまい、長期休暇中の暇さに助けられてなんとか読み終えました。

サイコをもの期待したらオカルトものだった、という展開に興味がついていかず、冗長なかくれんぼ展開でリタイアしかけました。
最後のエピソードはサイコものに戻っていて、そこではきちんとぞっとさせてくれたので★3つですが、それがなければ★2つ。
サイコとオカルトは混ぜたらだめなんだな・・・ということに気付きました。
といっても、これはサイコもの好きの視点からで、最初からオカルトものとして読んでいたら違うのかもしれませんが。

主人公のエンパス設定、それにまつわる苦労と半生、なんとなく唐突に始まる恋愛、
磯良の元の人格の苦悩、幽体離脱の実験、生霊?怨霊?、など、それぞれ見れば面白いのかもしれませんが、
詰め込みすぎて無理やりまとめた感が否めませんでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
舞台は大震災直後の神戸。
そこへ東京からサポートボランティアとしてやって来た由香里が、千尋という女子高生と接触したことから物語が始まる。
由香里は人の考えてることが分かってしまうエンパスであるため、すぐにこの少女の中に多数の人格が存在することを知る。
そこで自分はエンパスだということを隠しながら、千尋の人格統合の手助けをすることになる・・・

最初はただの多重人格ものかと思ったのですが、途中から怨霊みたいな話になっちゃって、私的には「なんや、そっち方面かいな・・・」とちょっと残念に思ったのも束の間、次は科学的な面が出てきて最後までノンストップ状態でした。
私的には幽霊話とかは好きなんだけど、自分自身にそういう体験が無いもので、そっち方面の話になると、もう何でもありということになってしまうので嫌なんだけど、一応それだけではなかったので良かったかなと思う。
【ISOLA】という名前の由来もどんでん返し有りで、そこはやられた〜!と思いました(^^;)
最後はありがちな感じもしましたが・・・

この話は映画にもなっているので、どんなものか見てみたいような気もします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover