十三人の刺客 通常版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十三人の刺客 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.1 90件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,927 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,177 (29%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,576より 中古品の出品:18¥ 500より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 十三人の刺客 通常版 [DVD]
  • +
  • 一命 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 最後の忠臣蔵 [DVD]
総額: ¥6,941
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/05/27
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 90件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NYB7OM
  • EAN: 4988104065773
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,382位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

戦わなければ、変わらない。
世界を揺るがす壮絶なアクションを目撃せよ!

【スタッフ&キャスト】
役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親
監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二

  【商品仕様】
141分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>日本語(5.1chサラウンド) <字幕>日本語ガイド字幕
[映像特典]予告、特報、TVスポット集

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。

発売元:セディックインターナショナル・小学館 販売元:東宝
(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『クローズZERO』の三池崇史監督によるアクション時代劇。江戸時代末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ルクレツィアの娘 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/11/22
どちらかというとバイオレンス系アクションは苦手なので
観ようかどうしようか迷っていた作品。
豪華なキャスティングにひかれて鑑賞したら、期待以上の作品だった。

素晴らしかった点。
1、衣装。さすが映画!と感動した。テレビドラマとは一線を画する。
2、豪華なセット。これもまた、映画ならでは。
3、役者の立ち居振る舞い。大河ドラマでもこのくらいの所作を見たい!と思ったほど。
台詞なんかも時代劇らしさが冴えていて、かなり良かった。
4、豪華な役者。

思った以上に、役者の個性をうまく使っていて
ただ「キャスティングが豪華なだけ」映画ではなかった。すごい。
熱い演技バトルというよりは、お互いに「いつもながらの」演技なのだが、
組み合わせがきいているなぁと感じる。
血走った市村正親と、飄々として本気な役所広司の対比とか。
松方弘樹が一人で暑苦しくうざいのだが殺陣はさすがで
十三人の中に上手くメリハリをもたらしている感じ。
古田新太だの伊原剛志だのを引き立てている。

山田孝之がきちんと時代劇をやっていて感心した。
その対比のように
妙に初々しい高岡蒼甫と窪田正孝の若侍っぷりに
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひのきのぼう 投稿日 2011/7/3
‥この人、なんで生きてんの?
っていう単純な疑問が最後のほうにありました。
他のレビュアーの方々が言う残忍なシーンや、十三人のキャラクターの描かれ方が浅いとか、確かにありましたが。
ネタバレになるので事細かく書きませんが、見ればわかります。
他として話の始めは稲垣吾郎の悪役ぶりばかりに集約されて、先にも書いた主役側の描かれ方が足りずに薄い、というのもまた彼の狂気とグロテスクばかりを目立たせた結果となったのだと思います。
女性の描き方も残忍な結果としてだけの材料と、汚れたエロスの象徴としての2つだけに留まっていました。逆を言えば、それがこの作品の骨太な演出にもなっているのかもしれませんが。しかしそれもなんか、やや取ってつけた感じさえしました。
役者さんは皆さん、真剣で良い演技をしていただけに監督の好き放題、やりたい放題によっておじゃんにさせられた感じがします。
この冒頭に書いた何故、生きてんの?という疑問はまさにそれの象徴的なシーンであり、もはやあれは見ている側を騙すというレベルではなく、筋書きのある映画や物語においてはやってはいけないルール違反ですらあると思います。
人を殺すなら殺す、生かすなら生かすどっちかにさせてほしい。
仮に生かすのであったとしたら、はっきりと最期の一太刀を貰わず曖昧な終
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
豪華なキャスティングだけで、肝心な役者一人一人が光っていないという駄目な大作とは違いました。

異常な暴君を病的に演じる稲垣吾郎の演技には、物語を盛り上げるのに十分すぎるほどの憎悪を観客に抱かせる。

戦闘シーンでは市村、伊原、松方の動きと表情が素晴らしく激しさの中に美しさを感じた。

地の利を活かして大群に立ち向かう13人の立ち回りはシンプルに爽快で、満腹にアクションを楽しみたい人にはオススメ!

役者さんがいい仕事をし、物語の大筋も流れの持って行き方もよい中で、それらの良さを全部ひっくりかえしてどっちらけにしたのは……

…他の方のレビューにもある通り13人目の存在

暴君に仕える身と人の為にそれを伐とうとする身

立場の下で定められた生き方を全身全霊で全うするサムライの生き様と命をかけたぶつかり合いに見える美しさや貴さや悲しさ

それがこの映画の1番の見所だと思って観ていました。

いや、観入ってました。

スゴくいいんだ!途中までは!

それだけに……死なないで脳天気にぴんぴんしてる奴が最後にいたらそりゃシラケるよ。

山賊の13人目。<
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
役者さん一人ひとりの演技はそれぞれに個性を感じさせて不満はない。それどころか、伊原剛志、稲垣吾郎などよかったと思うし、なにより松方弘樹の殺陣の美しさは群を抜いて光っていた。さすがだ!
しかし、映画一篇を観終わって残ったのはただ、殺伐とした感じだけ。
オリジナルには何と云っても映像の「美」があった。庭、建物、室内、人物それぞれの撮り方、映し方の美しさにモノクロながら(あるいはモノクロだけに)いちいちため息をつき、息を呑んだ。狂った侍が一人田んぼの中を行くラストシーンも印象的だった。
残念ながら、この三池版にはそういう心に残るものがない。
侍社会の理不尽さだとか、天誅の爽快さなどという皮相なメッセージのレベルではなく、この監督は作品として観るものに何を届けようとしたのだろう?
(火を背負った牛の、あまりに貧相なCGなど自分で自分の映画を汚してもいる!)
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック