十三人の刺客 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十三人の刺客 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.0 92件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:14¥ 800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十三人の刺客 通常版 [DVD]
  • +
  • 一命 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥4,515
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/05/27
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 92件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NYB7OM
  • JAN: 4988104065773
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,551位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

戦わなければ、変わらない。
世界を揺るがす壮絶なアクションを目撃せよ!

【スタッフ&キャスト】
役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親
監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二

  【商品仕様】
141分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>日本語(5.1chサラウンド) <字幕>日本語ガイド字幕
[映像特典]予告、特報、TVスポット集

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。

発売元:セディックインターナショナル・小学館 販売元:東宝
(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『クローズZERO』の三池崇史監督によるアクション時代劇。江戸時代末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
流石は役所広司。劇団出身なだけあってかなりの演技派です。

そしてカッコいいです。

稲垣吾郎の残虐さが光る。市村正親の正統派の主君に仕える武士の演技が光る。

後半の戦いのシーンは、思わず木刀を振り回したくなる(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ライムスターの宇多丸さんが超絶絶賛してて、三池テイストも抑えてあるとの評論を信じて、期待して観ました。
結果、観終わった後、ダルマ女と岸部一徳のあのシーンの印象しか残っていません(笑)
やっぱり三池作品は、たとえ面白くても映画として好きにはなれません。
知性・品性が全く感じられないし、作品に必要なバッドテイストなら良いのですが、この人の場合はどんな料理にも入れ過ぎで、ちょっと許容しがたい。
あの時代劇の超名作「切腹」のリメイクも海老蔵主演でやってるそうですが、観るのやめときます(笑)

宇多丸さんのファンですが、この映画を大絶賛するってどうなんだろう。
クリーピーも騙されたし。

両方、一見の価値は、もちろんありますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇場で観てから二回目。脚本通りに演じてるのだろうけど、戦いの最中に侍たちがカッコつけていてみているこちらが恥ずかしくなってきた。もっと機械的に、隙を作らないことにのみ専念し、カメラを意識することなくバサバサ斬っていけばいい。役所広司(島田)や伊原剛、山田孝之はクールな立ち位置で観ていて恥ずかしくならなかった。終盤の島田と半兵衛(市村正親)の一騎討ちで、体勢決した時に島田が呼び掛けた「半兵衛ェ」が琴線にキた。個人的にこの映画最大の見せ場だと思う。

殿様を演じた稲垣吾郎の冷徹さがどハマっている。あと、最近の映画はワンポイントでギャグシーンを入れたがるが、岸辺一徳と伊勢谷祐介のあのシーンいらんやろ。すでに、金子をほのめかしながら老獪に侍を接待する岸辺一徳が笑えるのだが。伊勢谷祐介の不死身もご都合主義で不要感あり。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
役者さん一人ひとりの演技はそれぞれに個性を感じさせて不満はない。それどころか、伊原剛志、稲垣吾郎などよかったと思うし、なにより松方弘樹の殺陣の美しさは群を抜いて光っていた。さすがだ!
しかし、映画一篇を観終わって残ったのはただ、殺伐とした感じだけ。
オリジナルには何と云っても映像の「美」があった。庭、建物、室内、人物それぞれの撮り方、映し方の美しさにモノクロながら(あるいはモノクロだけに)いちいちため息をつき、息を呑んだ。狂った侍が一人田んぼの中を行くラストシーンも印象的だった。
残念ながら、この三池版にはそういう心に残るものがない。
侍社会の理不尽さだとか、天誅の爽快さなどという皮相なメッセージのレベルではなく、この監督は作品として観るものに何を届けようとしたのだろう?
(火を背負った牛の、あまりに貧相なCGなど自分で自分の映画を汚してもいる!)
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初めは期待してなかった。
なのに今見ると豪華な俳優と、もう衝撃的な映像。稲垣吾郎のゆるーい感じが意外にもぴったりで、この人はこういう役向きだなと感じました。

人にすすめまくりました。
そんな時代劇も私にしては珍しいのです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「広島、長崎に原爆が落とされる100年前の話」
という一文から始まるのが考えさせられてなかなか面白い。

暴虐の限りを尽くす稲垣五郎演ずる明石藩主。
言い訳がましい悪役の多い邦画界において、ここまで気持ちの良い悪役は昨今お目にかかっていない。
この藩主に両腕両足舌をぶった切られ慰めものにされた挙句道端に捨てられた姿を見せられれば、この一連の動きにいやがおうでも説得力が出る。

キャストも良かった。
中でも松方弘樹の殺陣は異次元でした。
仁義なき戦いのあの迫力が時を越えてよみがえったかのような錯覚を覚えました。
あの殺陣、迫力に触れられた山田孝之をはじめとする若手役者陣は物凄い影響を受けたでしょう。

最後まで冒頭の一文が気になっていましたが、幕府というシステムを壊し、世界を相手に戦いだした後、侍魂と知略を並行させて切り抜けた日露戦争から、侍の理念だけが暴走していった太平洋戦争の終結をもってようやく「侍の世」は終わったのだと、そういう風に受け止めました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す