十三人の刺客 通常版 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十三人の刺客 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.1 91件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,635より 中古品の出品:9¥ 1,929より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十三人の刺客 通常版 [DVD]
  • +
  • 一命 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 最後の忠臣蔵 [DVD]
総額: ¥6,983
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/05/27
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 91件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NYB7OM
  • JAN: 4988104065773
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 27,303位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

戦わなければ、変わらない。
世界を揺るがす壮絶なアクションを目撃せよ!

【スタッフ&キャスト】
役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親
監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二

  【商品仕様】
141分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>日本語(5.1chサラウンド) <字幕>日本語ガイド字幕
[映像特典]予告、特報、TVスポット集

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。

発売元:セディックインターナショナル・小学館 販売元:東宝
(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『クローズZERO』の三池崇史監督によるアクション時代劇。江戸時代末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
流石は役所広司。劇団出身なだけあってかなりの演技派です。

そしてカッコいいです。

稲垣吾郎の残虐さが光る。市村正親の正統派の主君に仕える武士の演技が光る。

後半の戦いのシーンは、思わず木刀を振り回したくなる(笑)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇場で観てから二回目。脚本通りに演じてるのだろうけど、戦いの最中に侍たちがカッコつけていてみているこちらが恥ずかしくなってきた。もっと機械的に、隙を作らないことにのみ専念し、カメラを意識することなくバサバサ斬っていけばいい。役所広司(島田)や伊原剛、山田孝之はクールな立ち位置で観ていて恥ずかしくならなかった。終盤の島田と半兵衛(市村正親)の一騎討ちで、体勢決した時に島田が呼び掛けた「半兵衛ェ」が琴線にキた。個人的にこの映画最大の見せ場だと思う。

殿様を演じた稲垣吾郎の冷徹さがどハマっている。あと、最近の映画はワンポイントでギャグシーンを入れたがるが、岸辺一徳と伊勢谷祐介のあのシーンいらんやろ。すでに、金子をほのめかしながら老獪に侍を接待する岸辺一徳が笑えるのだが。伊勢谷祐介の不死身もご都合主義で不要感あり。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルクレツィアの娘 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/11/22
どちらかというとバイオレンス系アクションは苦手なので
観ようかどうしようか迷っていた作品。
豪華なキャスティングにひかれて鑑賞したら、期待以上の作品だった。

素晴らしかった点。
1、衣装。さすが映画!と感動した。テレビドラマとは一線を画する。
2、豪華なセット。これもまた、映画ならでは。
3、役者の立ち居振る舞い。大河ドラマでもこのくらいの所作を見たい!と思ったほど。
台詞なんかも時代劇らしさが冴えていて、かなり良かった。
4、豪華な役者。

思った以上に、役者の個性をうまく使っていて
ただ「キャスティングが豪華なだけ」映画ではなかった。すごい。
熱い演技バトルというよりは、お互いに「いつもながらの」演技なのだが、
組み合わせがきいているなぁと感じる。
血走った市村正親と、飄々として本気な役所広司の対比とか。
松方弘樹が一人で暑苦しくうざいのだが殺陣はさすがで
十三人の中に上手くメリハリをもたらしている感じ。
古田新太だの伊原剛志だのを引き立てている。

山田孝之がきちんと時代劇をやっていて感心した。
その対比のように
妙に初々しい高岡蒼甫と窪田正孝の若侍っぷりに
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
見終わっての感想は、楽しめました。

アクション映画を探していたのですが、良い作品がなかったので本作を見ました。
時代劇を好んでは見ませんが、ラストが凄いと聞いていました。
それと、稲垣吾郎さんの悪役に興味がありました。

ストーリーは単純で、深く考える必要もなく、役者さんの演技も最高でした。

☆1つマイナスは、会話が聞き取りにくい。
かなり音量を上げても変化無いので、編集の問題ですね。

後は、刺客の死に様見ている時に、こんな人いたんだと思ってしまったので、
前半でしっかり、押さえて欲しかったですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
良い点
・邦画の正統派アクション時代劇映画として、面白い。しっかりした作品になっている。
・稲垣五郎の魅力、ただのステレオタイプな権力者の暴君ではなく、どこか冷静で、完全に狂っている。本当に魅力的なキャラクターを演じている。
・勧善懲悪物であるものの、侍バンザイというよりは侍の不条理性を描いている。

悪い点
・後半の殺し合いのシーンがただのちゃんばらごっこになってしまっていって一気に冷めてしまう、しかもそれが長い。
・一部のキャラクターの描き分けが少し甘いため、死んだときのカタルシスが生じない。

欠点があるのは否定できないが
三池監督がまっとうに描いた邦画の良作であるのは間違いない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
稲垣吾郎の残忍さ、役所広司の男気・・・映像的には前作(モノクロ)よりも過激になっているが、そこ(過激さ)に焦点を当て過ぎて、物語の持つ意味がドンドン薄れるのが残念。前作のリアリズム溢れる演出を見てしまうと、映像は派手だけど「それだけ」な気分になる。そして、皆様が書かれている様に、何故死んだやつが最後に呑気に出てくるのか全く意味不明。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す