十三人の刺客 豪華版(2枚組) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】【セル版】【豪華版】 収納BOXに多少の擦れ,傷がございますが、ディスクケース、ディスク2枚、リーフレット、画コンテ集は、目立つような傷や汚れなく、動作も異常ありません。帯のみ欠品しております。 商品は、クリスタルパックに入れて納品致します。 24時間365日対応のAmazon配送センターより発送致しますので、迅速・丁寧に商品をお届け致します。 お問い合せ、返金対応など、Amazonカスタマーサービスにて対応しております。 万が一、商品の不備等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十三人の刺客 豪華版(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,845 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,419 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,385より 中古品の出品:11¥ 3,195より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/05/27
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NYB7L0
  • JAN: 4988104066251
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 41,868位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

戦わなければ、変わらない。
世界を揺るがす壮絶なアクションを目撃せよ!

★「十三人の刺客」の全てがわかる!豪華特典ディスク付き!
メイキング、インタビュー映像、未公開シーン、イベント映像集、ヴェネチア映画祭レポートなど、ここでしか見ることができない貴重な映像集。
★封入特典は、プレスシート復刻縮刷版。
★初回限定封入特典!200ページに及ぶ絵コンテ集。

【スタッフ&キャスト】
役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親
監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二

  【商品仕様】
◆本編ディスク◆
141分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>日本語(5.1chサラウンド) <字幕>日本語ガイド字幕
[映像特典]予告、特報、TVスポット集

◆特典ディスク◆
メイキング/三池崇史監督インタビュー/キャストインタビュー/ヴェネチア映画祭レポート/
未公開シーン/完成披露試写&初日舞台挨拶

【封入特典】プレスシート復刻縮刷版
【初回限定封入特典】絵コンテ集
※特製アウターケース付き

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。

発売元:セディックインターナショナル・小学館 販売元:東宝
(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

鬼才・三池崇史監督が、役所広司、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華キャスト共演で描いた本格時代劇エンタテインメント。暴君・松平斉韶暗殺のため、13人の刺客が命懸けの戦いに挑む。メイキング、イベント映像集などを収録した2枚組豪華版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 名だたる名優や旬の男優を揃えた一大エンターテインメント時代劇ですが、世間の評判通りに面白かったですよ。
 とにかく、殺し合いに臨む時の男たちの気迫がはんぱなく熱くて、チャンバラシーンは圧倒されっぱなし、ものすごい迫力でした。彼等は、何故あれほどまで熱くなれるんでしょう。こういうのが、侍の本分、男の本分なのかもしれませんね。劇中で似たようなセリフがありましたが、「死を前にしてこそ、初めて本当に生命が燃え上がる」わけです。
 三池監督は、そういった生死を賭けたバトルの描写にかけてはさすがにピカイチで、素晴らしいですね。ただ、三池監督好みの“目を背けたくなるような残酷描写”が結構多いので、そこらへんが老若男女の見るエンタメ作品としてはどうかなと心配になりました。でも、全体を見通してみるとそれらの描写も、作品の中で上手く昇華されているようだし、どうやらこの作品は、三池監督の“残虐嗜好”がエンタメ作品の中で高いポピュラリティーを獲得した、画期的な成功例と言えるかも知れませんね(笑)。
 印象に残ったキャストや場面など、挙げていったらキリがないので省略しますが、MVPはなんと言っても、稲垣吾郎だと思います。「悪役の素晴らしい映画に失敗作はない」と言いますが、彼が扮する“残虐な殿様”ほど恐ろしくて、憎々しい奴はちょっといないんじゃないでしょうか。間違いなく、ここ1
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
狙う側も狙われる側も死に場所を求めている。一方に大義があり、他方には個人的嗜好しかない、というところが差だが、虚無は通底している。

だから、最後近く、新左衛門が暴君に説教するところで「余分なことを」と思ったが、すぐ、「飾りの刀」という嘲笑は自分にも向いているんだな、と気づいた。さらに「今日という日が一番楽しかった」という暴君いまわの一言で彼我は一つになる。
斬る側も(暴虐への怒りは本物ながら)大義にかこつけて死に場所を手に入れた、同じ虚無ゲームのプレイヤーなのだ。

どちらも虚無のプレイヤーではあるが、大義を背負った側は、それらしくクールにばかりやってもいられない。ずっとスカしていられては物語がダレてしまう。だから、対する側の稲垣吾郎が、見ていて辛くなる暴虐ぶりをひたすらクールに演じたのは正解で、全体の基軸を正しくキープしてお手柄。

「侍のケンカなんかつまらねぇ」という山の男の視点の導入、生き残りが侍を捨てようかというところは、虚無からの出口を示すが、かならずしも必要ではなかったように思える。
しかし、それも、背後にベッタリ貼りついた殺伐とした虚無感を損なうには至らず、そのトーンで全体を持ちこたえたのは立派。

最後の殺陣は、松方弘樹以外は殺気が今ひとつだし、火薬仕掛けと飛び道具
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
悪魔のような役は美しくなければ成り立たない!
ヒヤリ冷たい感触のお殿様。最悪だけど仕草は洗練されてる。やはりお殿様。
最期もすばらしいよ。お芝居がね。
庶民も苦しくて悲しいけど、お殿様もひとりぼっちで悲しいな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 itoya_online VINE メンバー 投稿日 2012/3/25
最近の映画では少ない、開幕から前半の緊張感と、渋いワクワク感がいい。
中でも稲垣殿様の残酷な悪行、エグイ表現(今風)が強烈で、効いてる。
そして、渋く渋く静かに事が進む展開もいい。
山登りのあたりから少しダレそうになり…。
このあたりは、川越えのエピソードがあったりして飽きさせない、
オリジナルの方がいい。

そして、クライマックスの宿場町の戦いは、さすが迫力がある。
侍、戦(いくさ)とはいっても、結局最後は、殺し合いにすぎないという。

でも、それにしても、ちょっと長い。
ここも、オリジナルの方が長さもちょうどいいくらいだった。

しかし、何で牛のCGかなぁー。
しかも、そのCGの出来が悪い。
あのひどいCGでは、これだけ泥まみれ血まみれで頑張っている役者たちがかわいそう。
やるなら「ナイト&デイ」ぐらいリアルでないと。
いっそ無い方が良かった。

結局、普通の本格時代劇の復元か…と思わせておいて、
エグイ描写や、変なシーン(犬食い吾郎とか、岸部一徳が…ちゃうシーンとか^^;)も
入れたりして、ただのリメイクでは済ませないのが三池作品か!?

とにかく、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す