十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆クリーニング済み ◆中古ですのでケースに使用感がございますが盤面は傷が少なく綺麗です ◆新品を10とすると7ぐらいのコンデションです。配送はAmazon配送センターより丁寧に梱包し、お届け致します ◆動作確認を行い透明のクリスタルパックに入れ納品しておりますが万が一不具合などございましたら Amazonカスタマーサービスにて返品・返金を承りますので、安心してお買い求めいただけます
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,250
通常配送無料 詳細
発売元: ing企画  ★年中無休!自社配送は毎日発送致します★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)

5つ星のうち 3.9 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,236
価格: ¥ 5,597 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,639 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 5,065より 中古品の出品:8¥ 3,779より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)
  • +
  • のぼうの城 通常版 [Blu-ray]
総額: ¥9,395
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2011/05/27
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NYB7UQ
  • JAN: 4988104066244
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,002位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

戦わなければ、変わらない。
世界を揺るがす壮絶なアクションを目撃せよ!

★「十三人の刺客」の全てがわかる!豪華特典ディスク付き!
メイキング、インタビュー映像、未公開シーン、イベント映像集、ヴェネチア映画祭レポートなど、ここでしか見ることができない貴重な映像集。
★封入特典は、プレスシート復刻縮刷版。
★初回限定封入特典!200ページに及ぶ絵コンテ集。

【スタッフ&キャスト】
役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親
監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二

  【商品仕様】
◆本編ディスク◆
141分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>日本語DTS-HD Master Audio(5.1ch) <字幕>日本語ガイド字幕
[映像特典]予告、特報、TVスポット集

◆特典ディスク◆
メイキング/三池崇史監督インタビュー/キャストインタビュー/ヴェネチア映画祭レポート/
未公開シーン/完成披露試写&初日舞台挨拶

【封入特典】プレスシート復刻縮刷版
【初回限定封入特典】絵コンテ集
※特製アウターケース付き

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。

発売元:セディックインターナショナル・小学館 販売元:東宝
(C)2010「十三人の刺客」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

鬼才・三池崇史監督が、役所広司、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華キャスト共演で描いた本格時代劇エンタテインメント。暴君・松平斉韶暗殺のため、13人の刺客が命懸けの戦いに挑む。メイキング、イベント映像集などを収録した2枚組豪華版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

「日本が世界に誇る」なんてキャッチフレーズをつけた映画は数多いが、その多くは「お願いだからやめてくれ」というものばかりだった。日本ではもしかして金をかけたエンターテインメント映画は作れないんじゃないか、そんな暗澹たる思いを持ってしまう程に。

そんな中で送り出されたこの作品はスタッフ、キャストの「本気」が見える、最高峰のエンターテインメントである。リアルで大規模なセットを作って、それを壊す贅沢さ。恐れずに残酷な描写をし、それを後の展開への布石にする堂々たる演出、今となっては貴重な時代劇らしいセリフ回し。セリフ回しはやや難解に聞こえるが、それでもちゃんと分かるように画で見せる工夫がなされているため、語り口はよどみない。

後半あれだけ怒涛のアクションが続くにもかかわらず、時間経過とともに微妙にアクションの質を変化(トラップ、集団戦、一騎討ち)させていくことによって飽きることがないし、個性豊かに描かれた13人は本当にひとりひとりが最高に格好良い。

霧が立ちこめる早朝の村でのショットなどは痺れるほどに美しく燃えるカットであるし、序盤の伏線が後半で活きる構成も王道ながら熱い。
稲垣五郎演じる悪役が本作のオリジナリティーを象徴しており、王道のストーリーをちゃんと語りながら、個性を発揮する三池崇史の本領発揮といった作品。三
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本作は東宝の配給だが、雰囲気はもう圧倒的に「東映太秦の時代劇」の趣。
工藤組のオリジナルと比較するのは、「椿」や「天国と地獄」など続々とリメイクされている黒澤作品と同じで、
意味のないことだ。

インタビューで敵役の稲垣吾郎が「ダースベイダーを参考にした」と語っていたが、そもそも「スターウォーズ」も
黒澤の「隠し砦の三悪人」のリメイクだし、さもありなん、の考え方だと思う。
忠臣蔵で言うところの「吉良」的役割だったが、見事に憎々しく演じて見せた。

悪役がとんでもなくワルならば、それだけ映画的カタルシスも大きくなる。
飛んだ(味方の)首をサッカーの如く蹴るわ、谷村美月の髪を引っ張りまわすわ、弓矢で苦しむ民を殺すわ、およそ
アイドルとは思えないキレっぷりに拍手喝さいだ。

この悪を抹殺すべく、忠義を信念にした13人が200人の大軍勢と戦う。
ここは「七人の侍」も彷彿とさせたが、今どきじゃ珍しい50分の大立ち回りで魅せる。
役所広司は過去何本か時代劇に主演しているが、13人のほとんどが「殺陣」も初めての俳優ばかり。
泥臭く「形式に捉われない」切り合いで迫力を出していたが(工藤組のオリジナルもそのコンセプトは同じ)、
山田孝之なんか
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 B6 投稿日 2011/5/29
Amazonで購入
「斬って斬って斬りまくれ!!」

このセリフより後、何故か涙が出てくるんです…

稲垣吾郎演じる暴君は、ただの馬鹿ではなく、付き従う家臣達も馬鹿の集まりでは無い…
刺客達は、メインから下っ端まで一人残らず個性的、始まりからダラダラとした回り道は無く、目的に向かいひたすら突き進む!

誰か一人がクローズアップされる訳でもなく、かといってそれぞれの登場人物が薄味な訳でもない

倒すべき相手、それを守ろうと命をかけるつわもの達、 死ぬと理解しながら、見ることのない未来の為に命を張る刺客達…

しかし、それが前面に押し出してこず、観る者は自然とそれを理解する‥

この映画は、私の感性を激しく刺激しました。

素晴らしかった!

偉そうに書いてしまいましたが、私の本音です。
見終わった後、レビューを書かずにはいられませんでしたm(_ _)m
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
稲垣吾郎の悪役をもっと見たくなりました。
主演の役所広司もさすがの演技
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、この作品に求められているのは『死闘』と『殺陣』。

『暴君を仕留める為に選び抜かれた13人の死闘』

大まかに言ってしまえばそれで収まる作品。
その中で注目すべきは『時代』であると思います。
この作品の時代設定は江戸時代ですが、江戸時代とは『侍の存在意義が無くなり始めた時代』でもあります。

『江戸時代とは?』

江戸時代とは勘違いされる事が多いのですが、侍や武士の時代ではないのです。
それは時代劇と言う作中で膨れ上がった設定であり、実際では『武士、侍であるが帯刀はしていても武芸など使えない』と言うのが殆どです。

実際に江戸時代では武芸に秀でた者より、学芸に秀でた者の方が上に立つ。しかし、それでも侍は侍として生きて行きたい。

つまり、この作品の中の死闘に身を投じた人間達は『時代は求めていないが、それでも侍として生きて死んでいきたい』と言う人たちなのだと自分は考察しました。

それを踏まえた上でこの作品を見ると、色々な所に目を向ける事が出来ました。
『侍として死闘に身を投じる』と言う事がどれだけ決意が必要な事であるかは明白です。

この作品のラスト50分とは世界最高峰の殺陣であ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す