中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

医薬品メーカー 勝ち残りの競争戦略 単行本 – 2010/10/7

5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「2010年問題」という激震に直面する医薬品産業。
一方で、政府は医療費削減を目指して、後発医薬品(GE)を2012年までに数量ベースで30%にまで引き上げる目標を打ち出しています。
こうした風雲急を告げる環境変化のなか、医薬品メーカーは生き残り、そして勝ち残ることができるのか。
本書は、こうした問題を解明するために、医薬品産業を構成する国内外の多様なメーカーの「競争戦略」に焦点をあて、
この産業のダイナミックな競争構造と、各企業の戦略的行動を解明します。

内容(「BOOK」データベースより)

新たな戦いが始まった!主力薬の特許が一斉に切れる2010年問題、台頭するバイオ医薬、成長が見込まれる後発薬市場、グローバル・メガファーマとの戦い―。直面する競争構造の変化と、新薬・後発薬・市販薬メーカーの戦略転換の行方を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2010/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532316480
  • ISBN-13: 978-4532316488
  • 発売日: 2010/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 379,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書に付いて銘記(覚悟)しておくべきことは、(1)原稿の大部分は、編者である一橋大学教授(伊藤邦雄氏)のゼミに所属する学生による作成であると思われること(本書のはしがき及び謝辞には、本書がゼミ学生との「共同研究」(平成20年-22年)の産物である旨が明記されている)、(2)そもそも伊藤氏の専門は会計学・経営学であり、医療・製薬分野に関しては、全くの門外漢であること(医薬品メーカーに関しては、「日本的経営の問題」を探るためのケーススタディとして、たまたま取り上げられているに過ぎないのだという。これまた本書のはしがきに記されている)、の2点である。

むべなるかな、本書の内容はあらゆる意味において(本当に、あらゆる意味において)「稚拙」の一言に尽き、読み進めるのが極めて苦痛であった。また各章や節によって、担当した学生がバラバラであったとみえ、記述の重複や矛盾はもちろん、なかには著している者自身が理解不十分のままに記述されているとしか思えない部分も散見された。多数掲載されている図表に関しても、無知と不注意に起因すると思われる誤りや不適当が余りに多く見られた。まさに、出来の悪い学生のレポートを読まされているといった気分であった。

出版元が日本経済新聞社であること、同紙の書評欄で好評されていたことから信頼して購入したものであったが、何のことはない、そ
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日本における医薬品業界は、日本独特の商習慣と法規制によって独自に進化し発展してきた。そこに、医療費抑制政策と、医薬品開発のパラダイムシフトの波(2010年特許切れ問題と、低分子薬開発の終焉)が押し寄せてきた。従来の手法での新薬は探索しつくされ、有望なコンパウンドの開発が望めない時代になったのだ。画期的新薬を生み出すには新たな手法が必要とされ、さらに莫大な研究開発費が必要となっているのだ。その研究費を捻出するためにはスケールメリットを求めるか、一分野に特化するしかない。日本の大手製薬会社もグローバル製薬企業と生き残るために戦わなければならない時代が来ているのだ。日本の大手製薬会社が生き残るための競争戦略がどのようにとられる必要があるのか?そして、そのモデルとなるグローバル優良企業と対比させてながら将来の医薬品業界についての展望を述べています。

 本書を読んで思ったことは、正直、内容が薄く面白くない。文章が練れていない...読んでいても知的好奇心が刺激されない。新しいことがなにもないのだ!それもそのはず、他の方が書いている本書についての書評を見て納得です。学生の卒論を、再構成しただけの代物だったのだ。参考、引用文献をみてみても、くだらない業界雑誌や、週刊誌レベルの雑誌、インタネットのHPなのだ。さまに学生が、ちょっと調べて書いたというに相応しい文献ばかりだ。久しぶりに読んでいてイライラする内容。疲れる文章。皆さんの書評どおりの内容でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
消費者は患者、購入意思決定者は医者、販売者は薬局・薬剤師、支払者は保険組合、値段を決定するのは政府。「顧客」を取り巻くこの環境だけをとっても特殊な製薬業界について、規制や流通構造等、ややもすれば退屈な説明文が延々と続きかねない内容に至るまで、非常に分かり易く整理されていることには感心した。

また、低分子薬からバイオロジックス(生物製剤)へのシフト、医療財政が促すジェネリックとOTCの台頭、先進国市場の成長鈍化に伴って増す新興国市場攻略の重要性等、大きな転換期にある医薬品業界の主要トレンドについても、要領よく押さえている。

これらを土台に、欧米メガ・ファーマと呼ばれる大手製薬会社から、日本の大手製薬会社、ジェネリックおよびOTCメーカーまで、各社を舵を切る方向性がまとめられている。一冊の本でここまで広くカバーしている故に分析の深さには限界を感じ得ないし、一部「?」な仮説・論理展開も無くはないが、全体的によくまとまっていると言えるのではないだろうか。

この「専門的になりすぎず分かりやすい」側面と「分析が浅い」側面は、おそらく学生が主体になっているであろうと推察される執筆事情の「裏表」だろう。本業に携わっている人には物足りないだろうが、金融やコンサルティング等のサービス業の立場から製薬業界に関わる人等が、業界の構造・トレンドを大掴みするのに役立つのでは。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今となっては常識ながら、出版当初は市場の流れを理解しやすくありがたかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック