通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
医学不要論 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: いらっしゃいませ。(商品状態)★本体(やや良好)★内部(良好)★帯(なし)★書き込み(なし)★日焼け(カバー部分、全体的に薄っすらあり(特にカバー外側周辺が目立ちます(使用には問題なし)) ◎総評(中古品のため、カバー・本体の所々に多少のキズ・汚れ・よれ・折れ等が御座いますが、概ね良好です。特にダメージの目立つ箇所は右に記載しています⇒)●特記事項(カバーのキズ・すれに関して、光の具合で目立つ場所多い・カバー白い部分、薄黒い汚れや日焼け等が目立つ箇所多い・P254~256(最終ページ)+裏遊び紙右端やや左付近~中央と最下部の間やや下付近にかけて約8.5cm右斜め下方向の目立つ折れ目跡あり・地の所々にダメージに伴う目立つわずかな凹み+細かなよれ+折れ目跡+すれ等あり・小口最上部・最下部の各ページの所々に細かな折れ+折れ目跡あり・商品番号①)◆「Amazonコンディションガイドライン」に基づいた商品状態になります▲商品の状態は、弊社主観になります●多少の見落しにつきましてはご了承下さい◇クリスタルパックにて梱包し、敏速な発送を心がけております。❖配達中に寒暖の差により全体的に波打って到着する場合が御座います。(特に秋・冬時期)紙の性質上の問題ですので、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。福岡県公安委員会(古物商許可証)第901010810021■個人情報に関して(商品の発送以外に、お客様のご住所・ご氏名を使用することはありません。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

医学不要論 単行本 – 2013/5/22

5つ星のうち 3.8 102件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 742

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 医学不要論
  • +
  • 医者いらずの食 (veggy Books)
  • +
  • 99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 107pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現代医学の9割は不要!
現役医師が描き出した“イガクムラ"の実態、そして本当に大切な1割の医療とは?

内容(「BOOK」データベースより)

現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活習慣病からアレルギーなどに至るまで、それらのほとんどは治してはいけないものである。違う言い方をすれば「医学が治すべきものではない」ということだ。ガン、リウマチ、気管支ぜん息、慢性胃炎、過敏性腸症候群、うつ病、メニエール病、高血圧、パーキンソン病…etc.その診断、もしかしたら“ニセ病気”かも!?現役医師は、なぜ医学を見限ったのか?誰も書けなかったイガクムラの実態が今、露わに。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 三五館 (2013/5/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883205851
  • ISBN-13: 978-4883205851
  • 発売日: 2013/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 102件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
文章が荒く、センセーショナルな書き方をしています。整然な論理より感情に流された書き方をしています。参考になったことを下記に書きますが、本文をそのまま抜き出したものでなく、私の言葉で書き直しています。
1 塩素が心筋梗塞や脳卒中を引き起こすアテローム性動脈硬化の原因になっていることは決定的である。
2 塩の摂取で血圧が上がるという塩は精製して塩化ナトリウムだけになっている塩の場合である。にがりが入っている塩にするだけで血圧は正常値に近づく。
3 アルミニウムがアルツハイマー型認知症の原因のひとつという説があるが、アルミニウムが脳の認知機能に与える影響はまだ確定していない。しかしアルミニウムが腎障害や末梢神経障害を引き起こすことはもっと確かなことである。WHOは体重50kgの成人の一日許容摂取量を最高50mgと規定している。ところが胃薬のアルサルミン(sucralfate)を服用すると、一日量400mg~500mgのアルミニウムを摂取することになる。WHOの規定の10倍近い量である。
4 アメリカ東部の20の大学、医療機関が参加した最大級の抗癌剤効能判定研究で、抗癌剤を多投与しているグループほど短命であるという結論が出た。
5 カリフォルニア州とオレゴン州で行った1767名のワクチン接種、非接種を比較した調査では、ワクチンを接種した子供
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
facebookで、著者を知りなんだか酷いことばかり言う人だなーと思っていましたので読み流していました。
ですが、この本を読んで良かったと思います。
当たり前の、普通のことをきちんと一般の方々にもわかるように書かれてあります。
そもそも、普通の病院で受けられるのは西洋医学の対処療法のみ。
これは大原則です。どれだけ先進的でも、高度でも当然のことです。
元々世界中で施されている医療は西洋医学だけでは無かったはずなのに、
これのみが今日本でかなりのウエイトを占めているだけ。
だとすれば、その中での専門領域でどれほどの研究実績があり経験があったとしても、
ごくごく狭い分野での知識でしかないということは当たり前のことであり、
専門家であれば本当のことがわかるのか?というのは違うと思います。
専門家であっても、人間であり、人間は自分の信じる分野が間違っているとは思いたくない。
専門家であればあるほどそう思うので。
著者が、医師の経験年数が少ないことや専門分野の実績がない、などは本当のことがわかっていないこととは関係ないと思います。
かえって医療の世界にいる人達や、その中でも専門医が間違っていることだってありうるのです。
臨床は考える暇を与えないほど殺伐と
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
80年近く生きて来てしみじみ思う事。
結論から言うと、物もシステムも制度もほんと要らないものだらけ。
なまじ有るから迷い、みすみす不幸になり、裏切られ、悲しみ、苦しみ、命を落とす。
この本の72、73ページに書いてある10項目の思想があれば本当に必要なものは自然に付いてくる。
大勢の医者を養うためにこそ、大勢の患者がどうしても必要になるというわけ。
見事にはっきり書いてくれました! もちろん星5つです。
1 コメント 172人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルは「医学不要論」ですが、著者はもちろんすべての医療が不要だと論じているのではなく、西洋医学の原点であり本当に必要な「救急医療」が危機に面していることに警鐘を鳴らしていらっしゃいます。

その一方で現代の医療の大半は不要なはずであると。その原因はそもそも患者でありその家族である私たちが、体や心の不調を招いた責任を認めたくない為「病気」という不可抗力なものに転嫁したいという弱い気持ちを持っていて、それに応えてくれることを医者に求めてしまっている点を指摘なさっています。そしてその構図を支える為に大きなマーケットが存在するのだと…。

確かにそこには「治したい」と思っている人が患者自身を含め誰ひとり存在しないのです。であればほとんどのお医者様達が、やはりその要望に応える診療をせざるを得ないのではないのでしょうか。そう考えると、患者に厳しくあまりお薬を出さない病院に限って患者さんが少ないという今の状況がとても腑に落ちました。

著者が一番伝えたいことは、「現代医療の抱える問題とはつまり私たち自身の生き方の問題なのだ」ということではないかと思います。
そして多くの読み手である一般の人々(患者という立場になるかもしれない人々)に対して、「いったい自分は何を医療に求めているのか」をきちんと考えるべく自戒を促す内容になって
...続きを読む ›
1 コメント 279人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー