通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
医学のたまご (ミステリーYA!) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

医学のたまご (ミステリーYA!) ハードカバー – 2008/1/17

5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 医学のたまご (ミステリーYA!)
  • +
  • トリセツ・カラダ
  • +
  • トリセツ・ヤマイ ~ヤマイ世界を俯瞰する
総額: ¥3,460
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

僕は曽根崎薫、14歳。歴史はオタクの域に達しているけど、英語は苦手。愛読書はコミック『ドンドコ』。ちょっと要領のいい、ごくフツーの中学生だ。そんな僕が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で研究をすることに。でも、中学にも通わなくちゃいけないなんて、そりゃないよ……。医学生としての生活は、冷や汗と緊張の連続だ。なのに、しょっぱなからなにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。教授は大興奮。研究室は大騒ぎ。しかし、それがすべての始まりだった……。ひょうひょうとした中学生医学生の奮闘ぶりを描く、コミカルで爽やかな医学ミステリー。

内容(「BOOK」データベースより)

僕は曾根崎薫、14歳。歴史はオタクの域に達してるけど、英語は苦手。愛読書はコミック『ドンドコ』。ちょっと要領のいい、ごくフツーの中学生だ。そんな僕が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で医学の研究をすることに。でも、中学校にも通わなくっちゃいけないなんて、そりゃないよ…。医学生としての生活は、冷や汗と緊張の連続だ。なのに、しょっぱなからなにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。教授は大興奮。研究室は大騒ぎ。しかし、それがすべての始まりだった…。ひょうひょうとした中学生医学生の奮闘ぶりを描く、コミカルで爽やかな医学ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 280ページ
  • 出版社: 理論社 (2008/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4652086202
  • ISBN-13: 978-4652086209
  • 発売日: 2008/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,069位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/26
形式: ハードカバー Amazonで購入
2008年1月リリース。初出は『日経メディカル』2007年2月〜2008年1月。海堂尊の8冊目の本。読み出してすぐ気がつくが、これは『ジーン・ワルツ』の最後に出てきた双子の赤ちゃんの『薫』くんの方が主人公だ。薫君はゲーム理論学者の父の方にいるらしい。つまりもう一人の『忍』が産婦人科医の母の方にいるということなのだろう。きっとそのうちに『忍』の方の話も出てくるということだな。パパとママはどちらも凄いのにどうも『薫』くんはフツーらしい。まあ、そういうことも遺伝学的にはあるな。

まだ中学生の『薫』が医学の世界を体験するうちに沢山の人と出会う。作者は中高生向きに書いたようだがオトナが読んでも気持ちが熱くなってくるのを感じる。特にラストでの父の格好良さと息子のたくましさ。そして医学に真剣に取り組んでいる人の真摯さに思わず涙しそうになった。

海堂作品はどれも『Warm At Heart』だ。文章のテクニックなど関係ない。登場人物の魅力がそういう細かいモノを遙かに凌駕している。変に媚びるような文体の芥川・直木受賞作の数倍は多くのモノを残す傑作だ。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
おもしろかったです。真実は強い。時がそれを証明します。
大人になるってなんだろう。うまくごまかして生きていくことではないことは確かです。子供たちに向かって、そういうことを言いたいんじゃないのかな、この本は。読んだあと、頭がすっきりするのはよいストーリーの特徴であると思います。「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎)を思い出しました。しかし、悪役がわかりやすいですね。実際にいるのか?こんなひと。善悪の区別がつきやすい分、子供向けなのかもしれません。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
医学部に限らず、大学・大学院とは、指導教授次第では、書いたこともない論文が自分の名前で出ることもあれば、逆に、どんなに努力しても一度指導教授に睨まれたら、まったく日の目を見ないという古〜い、恐ろしいヒエラルキーが残っているところであります(わたしの経験からもこれはウンウンと思い読みました)。しかし同時に、大学の研究室は常に新たなものを切り開いて行かなくてはならないという使命を持つ場所でもあります。学部で6年、研修医2年を経て大学院に進み、いよいよ研究という頃にはストレートでいった場合でもすでに20代後半〜30歳近くになってしまう・・これでは教授に対するおべっかは上手になるかもしれませんが、画期的な成果などなかなか望めません。「中学生の飛び級」はいささか荒唐無稽かもしれませんが、せめて20代前半までには成果を発表できるようなシステムが必要と思いました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
『時をかける少女』『サマーウォーズ』のチーム細田でアニメ化して夏休み公開したら、なかなかはまりそうな感じのお話です。

文中に登場するメールでのやりとりが重要になるためか、横書き装丁でブログ小説風の演出です。
文体自体も中学生付近向けの夏休み推薦図書のようなので既出作品と少々毛色は違いますが、海堂イズムはきっちり息づいてます。

海堂作品のいわゆる桜宮サーガは、読む順番次第で感想がかわることもしばしば。
螺鈿迷宮、ブラックペアン、ジェネ伝説の短編を読んだら、イマイチだと思っていたナイチンゲールが妙に魅力的に感じたりとか・・・

本作もご多聞にもれず、ジーン・ワルツ、ナイチンゲールとともに読むとかな〜り楽しめます。
そういえばジーン・ワルツとペアになっている作品だとジェネ伝説の中でも述べられていますね。

ようやくマドンナ・ヴェルデ読了しました。
本作を読むことで、ジーンとマドンナがより楽しめます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
 主人公曾根崎薫はとあることをきっかけに、スーパー中学生として飛び級で名門医学部に入る。普通の中学生だった薫は、友だちから羨望されたり、未知の領域に踏み込んだ興奮などで充実した日々を過ごしていく。しかし医学部という狭い世界の中での大人たちの行動に疑問を感じる。エンディングでは、父親や友人の助けもあり、行動をもって大人と対峙する。ラストはとても壮快です。

 中高生向けに書かれおり沢山ルビがふられておりますが、充分大人も楽しめます。子どもの視点で大人の世界を語られていくのも面白く感じました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す