通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
医は仁術なり―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

医は仁術なり―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お) 文庫 – 2013/2/13

5つ星のうち 1.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2013/2/13
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 医は仁術なり―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お)
  • +
  • お気の毒さま―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-2 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖)
  • +
  • 手遅れでござる やぶ医師天元世直し帖 (時代小説文庫)
総額: ¥2,113
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

御殿医を勤めていた中星天元は、藩主の死が毒殺であることを見抜いて、黒幕である弟の陰謀を暴くべく江戸へ出る。だが、弟の新藩主も河豚の毒で急死。藩は改易され、戻るべき故郷を無くしてしまう。やむなく知り合った浅草安部川町の名主・治兵衛を頼り、新しい町で医療所を開業するものの、金の無い患者のため満足に薬も買えず、技術はありながら「やぶ医師」呼ばわりされる羽目に。だが畳奉行の悪行を知ったことを機に、義狭心が騒ぎ出し、得意の剣術を使って、早桶屋の竜次、破戒僧の朴念らと共に世直し稼業に乗り出す! 気鋭の新シリーズ!

内容(「BOOK」データベースより)

御殿医を勤めていた中星天元は、藩主の死が毒殺であることを見抜いて、黒幕である弟の陰謀を暴くべく江戸へ出る。だが弟の新藩主も河豚の毒で急死。藩は改易され、戻るべき故郷を無くしてしまう。やむなく知り合った浅草安部川町の名主・治兵衛を頼り、新しい町で医療所を開業するものの、金の無い患者のため満足に薬も買えず、技術はありながら「やぶ医師」呼ばわりされる羽目に。だが畳奉行の悪行を知ったことを機に、義侠心が騒ぎ出し、得意の剣術を使って、早桶屋の竜次、破戒僧の朴念らと共に世直し稼業に乗り出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2013/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758437165
  • ISBN-13: 978-4758437165
  • 発売日: 2013/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 827,781位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 気楽に読める、楽しい噺を・・・と、第1作~第4作を買って読んだ。
 工夫も驚きもない。。。駄洒落・語呂合わせも度が過ぎると不愉快になってくる。
 まったく、ツマラン = 駄作 です。
 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
悪徳役人とその息子を退治する、という筋書きは、どこにである。
医者が、それをするのも、そう珍しくない、ような気がする。
江戸時代に、医師を「先生」と呼んでいたのか…?
「ヒネモール」は、モルヒネをもじったものだと思うが、モルヒネが初めて分離されたのが1804年だったが、1853年の皮下注射針の開発まで、普及しなかった(とウィキにある)のに、元禄15(1702)年に、なぜ日本で流通しているのか。
物語は、小さいところを正しい歴史で固めるから、'が本当のことのように読めて、楽しい小説になる、のではないか。
発想は悪くないし、読みやすくもあるのだが、新シリーズの2冊目を楽しみにはしていない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この手の筋書きは多々発刊されておりますし、また、テレビドラマ化されております。
時代小説を多数読破されている方々が読まれますと、主人公他これといって新鮮味も無く、
筋書きも単純で面白みに欠けると思われるのでは無いでしょうか。
主人公の医者天元がヤブ医者で尚且つ木刀を腰に歩く姿は滑稽です。
名医で小太刀の遣い手とすれば違和感が無かったと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告