通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
匣の中 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

匣の中 (講談社文庫) 文庫 – 2006/5/16

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 匣の中 (講談社文庫)
  • +
  • スリープ (ハルキ文庫)
  • +
  • セブン (ハルキ文庫)
総額: ¥2,209
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本格の魔道に沈む驚愕の結末!! 探偵小説愛好家グループの中心人物・伍黄零無(ごおうれいむ)が謎の言葉を残して密室から消失。その後もグループの一員・仁行寺馬美(じんぎょうじまみ)が書くモデル小説どおりに密室殺人が連続する。衒学的(ペダンティック)な装飾と暗号。推理合戦の果てに明かされる、全世界を揺るがす真相とは!? 新本格の聖典『匣(はこ)の中の失楽』に捧げる華麗なるオマージュ。(講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

探偵小説愛好家グループの中心人物・伍黄零無が謎の言葉を残して密室から消失。その後もグループの一員・仁行寺馬美が書くモデル小説どおりに密室殺人が連続する。衒学的な装飾と暗号。推理合戦の果てに明かされる、全世界を揺るがす真相とは!?新本格の聖典『匣の中の失楽』に捧げる華麗なるオマージュ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 576ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062753898
  • ISBN-13: 978-4062753890
  • 発売日: 2006/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 170,360位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
クイーンの国名シリーズには、手がかりがすべてそろった段階で『読者への挑戦』というページが現れる。もし「匣の中」に『読者への挑戦』を入れるとしたら、いちばん最後のページになるだろう。つまり『解決編』はこの本の中には書かれていないのだ。その点では東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」に通じるものがあるが、難易度は「匣の中」の方が桁違いに高い。おそらく自力で真相にたどり着いた人間は、まだ数名しかいないのではないか、と思われる。
それだけに真相が分かったときの快感はとても大きい。真相に到達した後で再読すると、ミステリ小説としての贅肉がほとんどないことに驚かされる。普通に読んでいくと、違和感のある文章や、つじつまの合わないところが何箇所か出てくるのだが、それらはすべて作者が用意したヒントだったのだ。だから気になる箇所があっても、下手な文章だな、と思う前に、その部分をよく読み返してもらいたい。作者の真の意図に触れることが出来れば、感動することは間違いない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
何も考えずただ普通に読んでしまうと読了後に違和感で気持ちが悪くなってくる。
ネットで検索してもこの本について言えば、ミステリー愛読家の方たちの評価は秀作か駄作かが分かれている。
駄作と評している人はたぶん、違和感をそのままにしているからだろう私はと思う。
鉛筆と白い紙を持って作者からの挑戦に答えていくしか違和感を取り除く方法はない。
そして真実に辿り着いた時、驚愕せずにはいられない。真実を知ってから「駄作」などとは到底言えない。
作者から読者に与えられた最高の挑戦状を受けて立った人にしかこの快感は得られないだろう。
近年稀にみる秀作である。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
乾くるみ氏の長編2作目で、匣の中の失楽にオマージュを捧げた壮大な意欲作。
かなりの長編で、蘊蓄満載の中、一種の作中作という体裁で繰り広げられる推理合戦。
まぎれもなくミステリーではあるが、常識外の落ちといい、現実感のない動機といい、好き嫌いははっきり分かれるタイプの作品だが、一読の価値はある作品である。
匣の中の失楽は読んでないので、原典と比較して云々は全く分からないが、作品のテーマやネタが山口雅也氏の奇遇とかなり共通するものがある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック