中古品
¥ 677
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Media Station
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon専用品】ページまわりに薄ヤケ、外装に軽い日焼け・スレ・ヨレ等がありますが、他には書き込みや目立つ傷みも無く、概ねコンディション良好です。こちらの商品は丁寧に防水梱包の上、ゆうメールでの発送とさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

北風のうしろの国 (ハヤカワ文庫 FT ハヤカワ名作セレクション) 文庫 – 2005/9/22

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2005/9/22
¥ 511
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「北風と一緒なら誰だって寒くなんかないのよ」―美しい女の姿をした北風の精は、ダイアモンド少年を幻想的な世界へと誘った。夜のロンドンの空へ、嵐の海上へ、そして北風のうしろの国へ…。その不思議な国から戻った少年は、想像力の翼を広げ、産業革命期の生活に疲れた人々に、優しさを取り戻させてゆく。C.S.ルイスやJ.R.R.トールキンらによって開花した英国ファンタジイの、偉大なる先駆者による古典的名作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マクドナルド,ジョージ
1824年、スコットランドのアバディーンシャー、ハントリーに生まれる。大人や子どもに愛される妖精物語を執筆、英国ファンタジイの黎明期をかたちづくった。1905年没

中村/妙子
東京大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 488ページ
  • 出版社: 早川書房 (2005/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150203989
  • ISBN-13: 978-4150203986
  • 発売日: 2005/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 12 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 402,416位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
穏やかな美しい女性の姿をした北風と本当の意味で賢いダイアモンド。
読み終わった後、二人が出会ったことが嬉しくてたまらないという気持ちになりました。
初めは北風の奔放さにちょっと面食らったりもしましたが、彼女(といっていいのかな)と
ダイアモンドのやりとりはボールをぽんぽん投げあっているようで、気が付くとついにこにこしているのです。
北風はダイアモンドを腕に抱え空を飛びます。
ダイアモンドが見たもの聞いたものは全て彼の中に積まれてゆき、
四つ辻掃除をするナニー、父親、母親、厩舎街の馬車屋たち、沢山の人に影響を与えます。
それはごく自然な流れなのです。受け取る側からすれば、ダイアモンドの言うことは突拍子もなかったり、裏表がはっきりしなかったりします。
けれど忘れられなくなる。おばかさん、といわれてもダイアモンドはちっとも怒ったりしません。だからますます不思議な子だなあと読み手の印象にも残る。
それがダイアモンド少年の魅力なのでしょうね。
大々的な癒しをするわけではないのです。もっと深くて小さなところ、人が大人になるにつれ
広がっていく悪知恵がある場所をダイアモンドは暖めて治してくれる。
大昔のお医者さんや薬が無かった頃の治療法に似ている気がします。
私はこの
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nakama トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/10/17
形式: 文庫
 ジョージ・マクドナルドの「北風のうしろの国」は、貧しい御者の息子ダイアモンドと「北風」を巡る長編ファンタジーです。
 本書は、マクドナルドのファンタジー作品には珍しく、彼の同時代の英国が舞台です。そのため、時代や社会や人の生き死にについてのマクドナルドの見方が、最も率直に、最もよく現されており、それがファンタジーという形の中に、彼ならではの手法で織り込まれています。
 物語の構成や流れは決して流麗とは言えませんが、それが返ってC.S.ルイスの言う「真実なものが持つゴツゴツした手触り」を感じさせ、一つの味わいになっています。
 最後になりましたが、中村妙子さんの翻訳は深みのある素晴らしい訳です。マクドナルドの名作が、長らく絶版になっていた中村さんの名訳で復刊されたことを、心から喜んでいます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/31
形式: 文庫
ダイヤモンド少年の父親はコールマンさんのお屋敷でお抱えの御者を務めている。
暮らし向きは決して楽とは言えないが、優しい両親と可愛い小さな弟、それに彼と同じ名前の老馬(ダイヤモンドの名前は、コールマンさんの持ち馬からとられたのだ)に囲まれて満足している。
ある日の夕食後、いつものように馬小屋のニ階の干草置き場に充てられた自分の部屋に引き取ってベッドに入ったダイヤモンドは、吹き荒れる北風に目を覚ました。
薄い板張りの壁の隙間から漏れ入る風が、声となって彼に話しかけてきたのだ。
恐れを知らないダイアモンドが、声に促されるままに壁の隙間を塞いでいた紙を剥がすと、美しい女性の姿をした北風の精が目の前に現れた。
彼女はダイヤモンドを外に連れ出そうと誘うのだが・・・

19世紀のイギリスが舞台となっており、産業革命が生み出した貧富の格差が背景にある。
コールマン氏が投機に失敗したことから、ダイヤモンドの父親は大都市ロンドンへ出て辻馬車屋に身を落とすのだが、ロンドンの辻々では小さな子供が道を佩いたり靴を磨いたりして日々の糧を購っている。
ディケンズの作品の登場人物であれば、機智や機転でこのような社会の厳しさを乗り切って行くところだが、ダイヤモンドは同年齢の子供達からも「おばかちゃん」と呼ばれる風変わりな少年だ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
子供の頃、大好きだった本ですが、ストーリーはほとんど忘れていました。
ただ、その美しい題名だけが、宝物のように胸に残っており、ずっと探していて、最近文庫を再発見しました。
読んでみて・・・。
この世界観が好きだった、自分と言う子供はどういう子供だったのかな・・・とそんなことを考えました。
全編を通して、死がそのストーリーを彩ります。

北風のうしろの国が、どういう国なのか。
子供の頃の私は、果たして理解できていたのか。

大人が読むと、とても切ない結末です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告