通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
北海道 化石としての時刻表 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

北海道 化石としての時刻表 単行本(ソフトカバー) – 2009/2/18

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 948

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【古本ストア】 コミック や大人買いしたいセット本、バックナンバーも豊富な雑誌など 古本ストアのページへ。

  • 【旅行ガイド・マップ】旅行ガイド本の定番シリーズや地図、時刻表など情報満載。 旅行ガイド本を探すなら旅行ガイド・マップページへ。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 時刻表| JR時刻表やJTB時刻表、ヨーロッパや世界の鉄道時刻表など、幅広いジャンルの本をラインアップ。時刻表の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

いざ、時刻表をめぐる冒険へ! 北海道の鉄道時刻表を“化石”に見立て、その鉄路と社会の変遷を過去のダイヤグラムから辿る―。 内田百閒先生と宮脇俊三氏を敬愛する著者が、時刻表から浮かび上がる鉄路と北海道の歴史にまつわる数々の逸話を通して、古風な文体と若き感性でその魅力を余すことなく紹介。 時に辛辣に、時にユーモラスに綴る、紀行あり、薀蓄あり、感動ありの「時刻表讃歌」です。

レビュー

新たな鉄道作家が誕生した。宮脇俊三、いや内田百けんの再来、と言うのは大げさだが、素質は十分。弱冠24歳とは思えない博識と筆力にうなりっ放しだった。/古い北海道の時刻表(著者は、太古を探る「化石」に見立てる)を手がかりに、社会の移り変わりを丹念に掘り起こしていくのだが、それだけなら驚くに当たらない。時刻表に掲載された広告から世相を読み解く面白さは目からウロコだ。/道内の駅を擬人化して語らせた鉄道談義は出色。どの駅もそれぞれに悲哀を抱えており、「駅」とは何かを論じる「上白滝」じいさん(76歳)の話は涙なしでは読めない。「古いって、それだけでスゴい」と言い切った「あいの里教育大」お嬢(22歳)にも心から共感。立派な鉄道哲学の書である。 (正) --「読売新聞・書評欄」、2009/03/22

「この人に訊け! 評論家・川本三郎氏」 少し変わった書名だが「化石」とは過去の時刻表を読むとその時代のさまざまなことが分かってくるという意味。/たとえば戦時中の時刻表を見ると空欄が目につく。これは軍事上の機密保持のため。「要塞地帯」の記号があり、津軽海峡と陸奥湾下北のあたりまでが赤い点で網がかけられているという。/国鉄は空襲の被害を受けながらも時刻表通りに列車を走らせる努力をしたが、戦後の昭和二十二年の時刻表を見るとまだ混乱期にもかかわらず列車の運行はかなり回復して底力を見せている。/「もはや戦後ではない」昭和三十一年は国鉄が大幅なダイヤ改正を行った年。時刻表も充実してくる。駅弁を売る女性と窓から身を乗り出して買う男性客の写真も載る。世の中が落ち着いてきて旅を楽しむ人が増えたのだろう。/時刻表を読むとその時代がよく見えてくる。昭和のはじめ頃は鈍行列車にも食堂車が付いていたというから羨ましい。いまやもう新幹線にもビュッフェはない。/月刊の時刻表が登場したのは明治二十七年。意外と早い。/著者は昔の時刻表の広告も大いに楽しむ。旅館やビールは普通だが拳銃の広告もあったという。/大正時代には「秘密探偵 岩井三郎」の広告も。永井荷風の日記「断腸亭日乗」にも登場する大正、昭和の名探偵。/北海道の鉄道の話に限られている。明治時代、鉄道の敷設には土工夫が苛酷な条件で働かされた。いわゆる「タコ部屋」の悲劇。根室本線の狩勝トンネルの工事では「枕木の数ほど死人が出た」。著者はこういう鉄道の暗い歴史も見落としていない。/また蒸気機関車というといまや郷愁だけで語られるが、トンネルの中での機関士たちの作業がどれだけ危険で大変だったかを指摘するのも忘れていない。/昔の話が多いから著者は年輩かと思いきや昭和六十年生まれと若い。青森県八戸市で生まれ育ち家のすぐそばを八戸線が走っていたので鉄道好きになったという。 --「週刊ポスト5/1号・ポストブックレヴュー」、2009/04/20

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 亜璃西社 (2009/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4900541796
  • ISBN-13: 978-4900541795
  • 発売日: 2009/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 505,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
時刻表には確かに多くの情報が詰め込まれているわけですが、それを
読み解き、深めると、こんなにもドラマチックな物語が見えてくるなんて!
ちょっとショッキングなくらいの斬新さに、圧倒されっぱなしでした。。
_________
章ごとにいろんな視点から、鉄道にまつわる物語が、まるで鉄道史を
目の前で見守ってきたかのように活き活きと語られます。

例えば、峠を越える路線では、登りと下りの時間差から山の険しさに
思いを馳せ、また幾度ものダイヤ改正を丁寧にたどることで、駅や路線の
変遷、さらにはそれぞれの時代の乗客たちの生活や、路線周辺の町の
栄枯盛衰までもが浮き彫りに―― 
あるいは、あの有名な「津軽海峡冬景色」で船の窓際で思いをはせる
『彼女』の足跡を追いつつ、ささやかに突っ込みを入れてみたりも…^^

そして、ひときわユニークで愉快なのが、最終章の第五章。著者の
想像力(妄想力?)が、膨大な薀蓄とともに溢れ出てます^^; 
100才を超えた長老駅や平成生まれの若い駅たちが、なんと擬人化され、
北の酒場で筆者と熱く語り合ってしまいます。

北海道の鉄道にあまり詳しくない人は、第五章はJR北海道の路線図を
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 昭和初期から現代にかけての北海道の歴史を時刻表の列車の運行としてたどる本。鰊大漁時代、石炭隆盛期等、北海道は
大きな変化を経由してきている。時刻表のダイヤもあたかも北海道の経済状態を反映するかのごとく増えたり減ったり。
いまや鉄道は一部の幹線をのぞいて過去の遺産となりつつあり単行列車が寂しくごとごと走る時代となった。大部分の
ローカル路線は消えていく運命だろう。この本はかつて華やかなりし頃を彷彿とさせる本。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック