通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★★★御覧頂き有難う御座います。書庫保管の為、状態は綺麗で、書き込みは御座いません。検品済みではありますが中古品ですので若干の使用感、ヤケ等がある場合が御座います。ご了承下さい。読む分には問題御座いません。尚、中古品の為、臭いに関しましては個人差により、あるものとないものが御座います。完璧な商品をお求めの場合は、新品または、ほぼ新品をお勧めさせて頂いております。当店スタッフ全員、非喫煙者で御座います。ご安心くださいませ。ご注文確認後、丁寧かつ迅速にゆうメールにて発送いたします!もし、商品ご到着後に問題が御座いましたら、評価の前にお手数では御座いますがご連絡をお願い致します。ご返品の場合で御座いますが、送料に関しましては、発送時に送料がかかってしまうため、送料のご返金は致しておりません。また、ご返品の場合は30日以内であればお受けいたします。その場合、返送料はお客様のご負担となります。メールにてご連絡を頂ければ、迅速に対応させて頂きます!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2013/12/5

5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)
  • +
  • 鈴井貴之編集長 大泉洋
総額: ¥3,079
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

父ヒロシには、右手の親指がない。若い頃、鉄を延ばす機会でマンガみたいに広げちゃったから。笑わせてばかりの父に、昔話をせがむと――。兄が生まれた時、大喜びして母に菊の花束を贈ったこと。初めて買ったステーキ肉を緊張した母が黒焦げにしたこと……。貧乏だったが、いつも笑顔と幸せがあった。俳優・安田顕の感性が光る、家族愛エッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)

父ヒロシには、右手の親指がない。若い頃、鉄を延ばす機械でマンガみたいに広げちゃったから。笑わせてばかりの父に、昔話をせがむと―。兄が生まれた時、大喜びして母に菊の花束を贈ったこと。初めて買ったステーキ肉を、緊張した母が黒焦げにしたこと…。貧乏だったが、いつも笑顔と幸せがあった。俳優・安田顕の感性が光る、家族愛エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344421248
  • ISBN-13: 978-4344421240
  • 発売日: 2013/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 79,403位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
読み始めた瞬間、あっという間に引き込まれました。

著者の記憶、お父上の記憶、それらが語られるうち、過去へ過去へ旅が始まり
著者の娘さんの言葉によって、過去が現在へ繋がります。
綴られる親子三代の心の旅。

著者の愛してやまない家族、思い出、故郷。
全ては、彼の心の目を通して語られる「心象風景」なのに、
文章から、昭和の室蘭、逞しい日本人の姿が立ち昇ってくるようでした。

等身大でいること。一生懸命なこと。家族に愛を伝えること。
簡単なようで、実は1番難しいことをさらりとやっている本。
優しく上等な童話や絵本のような本。

ズシンと直球で心に響きました。
面白い本、感動する本、売れる本、たくさんの本が量産され、消えていきます。
著者とそのご家族にとって、この本は間違いなく「宝物」でしょう。

たくさんの本の中から、この一冊を手に取り、読んだことを幸運に思います。
読後、自分の家族への思いが、より深く強くなりました。

何度も繰り返し読みたい本に久しぶりに出会えました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mayu 投稿日 2011/10/23
形式: 単行本
パピルス連載から読んでいましたので、本文についてはもはや語るまでもなく
彼の繊細さ溢れる文章にはじんわりと心を揺さぶられる。
忘れていた親への感情とか。娘への愛情表現とか。
一見不器用だけれども実に繊細な言葉を、
彼独自の言葉を紡ぎ出す才能はNACS随一。
書き下ろしのあとがきが特に秀逸。室蘭を旅したくなります。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
パピルスに掲載された安田顕の故郷を思い出しながらの、お父さんとのふれあいの話。
映画や芝居では見ることのできない、一面を見たように感じた。
子どもの頃の父親とのやりとり、そこで培われた安田顕の心根。
また、それを自分の娘を通して、家族とはと、思いを馳せる。
ほんわかと、また、リズミカルに読める一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これはヤスケンの家族への想いがいっぱい溢れていて、室蘭ぽさが無いってレビュー書いてた方がいますが、そうゆう人はるるぶでも眺めてて下さい。
素直にあったかいものをあったかく受け取れる気持ちのある人、傷ついてる人、ひとりぼっちを感じてる人にはしみると思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おやじねこ VINE メンバー 投稿日 2016/11/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
TEAMNACKS随一の芸人根性の持ち主と言えば大泉洋ではなくこの安田顕ではなかろうか。Onちゃん姿で登場してから20年。あのとつとつとした語り口と時として噴き出す嵐のようなコントは考えてできるものではない。自然とこの人の根源に根差すものだろうと誰もが感じていただろう。
本書はいわばその根っこを掘り起こした一冊です。特に巻末で父子で対談しますが、まるで安田顕が二人いるかのような不思議な会話です。いや、相方は父親なのでこれはおかしいかもしれない。それでもそうとしか表現できない親子相似形です。
全編、昭和のしかもまだ日本が貧しさから脱し切れていないころの空気が満ちています。それでいてじめじめしたところはかけらもなく、うらやましいほど楽し気なのは、豊かでも先の見えない今だからこそか。以前、昭和のノスタルジーをテーマにした映画がありましたが、あれが作り物めいてつまらなかったのは今の目で過去を美化しすぎたからでしたが、ここにはそれが無い。
それにしてもW安田は濃いわ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人それぞれの家族の形があり、この本はそんな家族の一つの形なのだろうと思いました。
著者が好きな人はもっと彼の魅力に引き込まれます。
そうではない人もなんとなく心が温かくなるそんな一冊だと思います。
主に著者の家族の話なので主観的に描かれている点があります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ファンだから言うんでなくて(ファンだけど)、読んでてほろっとくる所がいくつもありました。安田さんと私が年が近いので、親の老いを感じる瞬間がとても共感できます。切なくなります。自分にもいつか子供ができると、もっと共感できる部分が増えるのかもと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
安田さんのお父さん、ダメダメなんだけど、家族を想う気持ちはとても優しい。
それを思う安田さんの気持ちが泣けてきます。
「ひとり語り」行った人は必読です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック