通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
北朝鮮・金正恩はなぜ「水爆実験」をしたのか (OR... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 本文はたいへんよい状態です。きれいな状態のままお届けします。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

北朝鮮・金正恩はなぜ「水爆実験」をしたのか (OR books) 単行本 – 2016/1/15

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,253 ¥ 888

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 北朝鮮・金正恩はなぜ「水爆実験」をしたのか (OR books)
  • +
  • 元相撲協会理事長 横綱北の湖の霊言 ひたすら勝負に勝つ法 (OR books)
  • +
  • 守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略 (OR books)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【2016年1月7日収録】
「これで、日本人
全員が人質になった」
国会での安保法制反対を
あざ笑うかのような強行実験!

2016年の年頭を狙った理由とは!?
イランとの軍事連携はあるのか!?
今後の思惑と世界情勢のゆくえは!?
北の最高指導者の本心を知り、
日本の国家戦略も再構築を。

【日本、危うし!
アジア太平洋地域を巡る
安全保障を考える上で、
重要なテキスト!】



まえがき
1 「水爆実験成功」の翌日、金正恩守護霊を呼ぶ
2 「ワシントンを木っ端微塵にしてやる」
3 「日本人一億皆殺しだ」
4 金正恩の「日本への狙い」は何か
5 アメリカへの「挑発」の真意は?
6 大言壮語か、自信の表れか
7 「中国とは対等になった」
8 ロシアに対して嫌がる金正恩守護霊
9 北朝鮮と中東との「連携」を明かす
10 金正恩の「正体」を探る
11 日本の「安保法制反対運動」をどう見ているか
12 「水爆を持ってる国に勝ち目はないと知りなさい」
13 金正恩守護霊の霊言を終えて
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

世界のどのマスコミよりも早く、本心を直撃!2016年年頭を狙った真意、匂わせるイランとの軍事連携、そして今後の思惑とは―。2016.1.7収録、緊急守護霊インタビュー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2016/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863957548
  • ISBN-13: 978-4863957541
  • 発売日: 2016/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 378,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
大川隆法が北朝鮮について、早くに叩いておかなければならないと
再三言っていたが本当だ。金正恩は、実に暴走をいつ起こすかわからぬ独裁者だ。
自分の意見に従わないものは、すべて殺し、ゲームの世界で遊ぶ子供だ。
今の日本のマスコミは、自国を危険にさらす報道ばかりで、真の事実を
全く伝えようとしていない。このままであれば、日本は、危険地帯の真ん中にある
平和バカの国のまま滅びるしかない。水爆実験のことすら真剣に捉えていない。
安保反対運動や反原発、沖縄の米軍基地反対問題にしても、日本人を危険に貶める
ことになることが理解できないのか?
アメリカの弱体化、来年の大統領選挙で民主が取るか共和党が取るか
今不安定な時期、自国のことは、自国で真剣に安全対策を練らなくては、いけないと思う。
アジアの中で、先頭に立たなくては、いけない日本このままでいいのか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
北朝鮮による「水爆実験」の発表がなされた、その翌日に収録された霊言が、緊急発刊となった。
それだけ、事態が切迫しているということだろう。
早速、読んでみた。

金正恩の守護霊インタビューは、今回でなんと4回目になるという。
個性は首尾一貫しており、いつ読んでも、そこにあるのは自国民の幸福をないがしろにして他国を核兵器で威嚇しようとする一つ覚えの虚勢と、その一方で自身の暗殺を恐れる臆病さだ。
独裁者の不幸がここに極まっている感がある。

あとがきにもある通り、「本書がアジア太平洋地域を巡っての安全保障を考える上で、最新・最高のテキストになることは間違いない」と言えそうだ。
日本の国家戦略を再構築すべく、早めに一読することをお勧めしたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告