通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
北朝鮮の漂着船: 海からやってくる新たな脅威 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

北朝鮮の漂着船: 海からやってくる新たな脅威 単行本 – 2018/12/11

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥531

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 北朝鮮の漂着船: 海からやってくる新たな脅威
  • +
  • 朝鮮総連に破産申立てを!: 血税1兆円以上が奪われた
  • +
  • 領土消失 規制なき外国人の土地買収 (角川新書)
総額: ¥4,554
ポイントの合計: 102pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

拉致問題を調べていく中で、海岸線からの工作員の上陸について
関心を持ってきた。ともかく現場を見ようと全国の工作員上陸地点を
まわり、日本の海岸が、工作員にとってきわめてたやすく上陸できる
ということを痛感した。
しかし、漂着船について調べていくうちに、その認識すら甘いこと
に気づいた。工作員である必要はない。極論をすれば、誰でも入れる、
ということだ。
私たちが「日本は海に囲まれているから安全だ」と思っていたのは
まったくの間違いで、海には壁が築けないのである。
(本書より)

北朝鮮から日本に流れつく無数の木造船――。
その数は昨年秋から急増し、今年2月までになんと100 隻以上にのぼる。
長年、北朝鮮による拉致問題に取り組んできた著者は、北朝鮮工作員の
上陸地点と木造船の漂着地が重なっているのに気づき実地調査を行なう。
そして、驚愕すべき結論に達する。
明らかに漁民以外が乗っていた形跡がある漂着船が、多々あるのだ。
そして、その一部が密かに日本に上陸していたとしても誰にもわからない。
半島有事の際には、この「運搬ルート」経由で多くの難民が日本をめざす
可能性もある。日本に、海から迫りくる危機への備えはできているのか?

水面下で進行する危機の実態をつぶさに伝える衝撃の書!

<目次より>

はじめに

第1章 闇夜に浮かんだ漂着船
◆「海に囲まれているから安全」という神話
◆暗闇に浮かんだ「怪獣」
◆崩れていく木造船
◆散乱する燃料タンク
◆五年間放置された漂着船
◆「あと二人乗っていた」
◆木造船を見失った警察
◆雪の海岸にカラスの群れが
◆隠蔽の海岸――山本美保さん失踪事件の謎
◆処分できない漂着船
◆ヤグラが残っていた無人の木造船
◆「漁業中の事故」では説明不能な事態

第2章 見過ごされてきた危機
◆初の亡命「ズ・ダン号」事件
◆日本への「威嚇」で死体を漂着させた?
◆深浦の四人
◆残されていたテントとフォーク
◆公開情報からわかる「事件」
◆佐渡に集中した漂着
◆生存者は何を語っているのか

第3章 難民パニック
◆「日本に行けばなんとかなる」
◆日本でこれから起きること

第4章 隠蔽の構造――問題解決を拒む「内なる敵」
◆横田めぐみさんの拉致さえ隠蔽されていた
◆拉致事件をめぐる「嘘の連鎖」
◆漂着船と拉致問題に共通する隠蔽の構造

第5章 日本の防衛の根本的矛盾
◆私が予備自衛官になった理由
◆自衛官は拉致問題に関心がない
◆三万四千キロの海岸線を「専守防衛」は不可能だ
◆「報復」できなければ国家は守れない
◆トップ人事から見えてくる安全保障軽視
◆拉致被害者救出には自衛隊の力が不可欠
◆日本人は何をすべきか

内容(「BOOK」データベースより)

数か月の間に日本に流れ着いた100隻以上の船。漂着地と工作員の上陸地点との不気味な一致―。船に乗っているのは、漁民だけではない!マスコミも当局も黙殺を続ける危機に警鐘を鳴らす一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 草思社 (2018/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794223692
  • ISBN-13: 978-4794223692
  • 発売日: 2018/12/11
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,844位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2019年2月3日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月8日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告