残り1点 ご注文はお早めに
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、軍事選書堂 が販売、発送します。
中古商品: 良い | 詳細
発売元 みささぎ書房
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー 帯 状態普通です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆 (光人社NF文庫) (日本語) 文庫 – 2010/9/30

5つ星のうち4.4 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥755
¥755 ¥16
お届け日 (配送料: ¥340 ): 10月28日 - 29日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある夜、元自衛隊情報幹部の枕許に現われた朝鮮人民軍元帥・呉振宇。金日成主席の当番兵から軍のトップに昇り、政権ナンバー2として金王朝の表も裏も知りつくしていた男は揺れる母国の来し方と行く末を静かに語り始めた…。自衛隊情報部門で北朝鮮情報を追い韓国駐在武官も務めた元陸将が、独裁政権の動向を半島の地政学をふまえ多角的に分析、大胆な設定の対談で分かりやすく読み解く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福山/隆
1947(昭和22年)、長崎県上五島の宇久島生まれ。佐世保北高から1970年、防衛大学校(14期生)卒業。陸上自衛隊第16普通科連隊(大村市)小隊長からスタート、外務省安全保障課出向。冷戦崩壊直後の91~93年には韓国防衛駐在官としてソウルに駐在する。帰国後、第32普通科連隊長(95年の「地下鉄サリン事件」時に除染隊を指揮)、陸幕調査第2課長(国外情報)、情報本部初代画像部長(衛星情報)、第11師団(札幌)副師団長、富士教導団長、九州補給処長などを歴任し、2005年(平成17年)春、西部方面総監部幕僚長・陸将で退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/9/30
  • 文庫 : 251ページ
  • ISBN-10 : 4769826575
  • ISBN-13 : 978-4769826576
  • 出版社 : 光人社 (2010/9/30)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
5 件のグローバル評価
星5つ
70%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
30%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年1月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年2月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年11月9日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告