通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆 (光人社NF文庫) 文庫 – 2010/9/30

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある夜、元自衛隊情報幹部の枕許に現われた朝鮮人民軍元帥・呉振宇。金日成主席の当番兵から軍のトップに昇り、政権ナンバー2として金王朝の表も裏も知りつくしていた男は揺れる母国の来し方と行く末を静かに語り始めた…。自衛隊情報部門で北朝鮮情報を追い韓国駐在武官も務めた元陸将が、独裁政権の動向を半島の地政学をふまえ多角的に分析、大胆な設定の対談で分かりやすく読み解く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福山/隆
1947(昭和22年)、長崎県上五島の宇久島生まれ。佐世保北高から1970年、防衛大学校(14期生)卒業。陸上自衛隊第16普通科連隊(大村市)小隊長からスタート、外務省安全保障課出向。冷戦崩壊直後の91~93年には韓国防衛駐在官としてソウルに駐在する。帰国後、第32普通科連隊長(95年の「地下鉄サリン事件」時に除染隊を指揮)、陸幕調査第2課長(国外情報)、情報本部初代画像部長(衛星情報)、第11師団(札幌)副師団長、富士教導団長、九州補給処長などを歴任し、2005年(平成17年)春、西部方面総監部幕僚長・陸将で退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 光人社 (2010/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4769826575
  • ISBN-13: 978-4769826576
  • 発売日: 2010/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,031,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
北朝鮮のオ・ジンウという人物と対談したという架空の設定を思う存分使って
言い尽くした本。
なかなか面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
北朝鮮が創設されてから2010年頃までの情勢が書かれている。著者は元自衛隊幹部で北朝鮮の駐在武官の経験があり、非常に洞察に優れた印象である。学校教育で北朝鮮は社会主義国家との教育を受けたが、改めて感じるのは北朝鮮は社会主義国ではなく、金ファミリーの王朝国家だということだ。まるで江戸時代さながらに国民を階層分けし、厳しい監視社会と国民洗脳行為によって国民を引き締めている。金ファミリーと特権階級による国民からの収奪構造が出来上がっているので、簡単にこの王朝が崩壊することはないのではないかと感じる。ただ現在対外的には中国、アメリカ、ロシアとの微妙なバランスの上に成り立っている。現状各国とも自国に大きな被害が無いためにこの王朝に手を突っ込むことはないが、今後資金難から各国が容認できない動き(例えば各国敵対国への兵器技術の輸出など)が出てくるのであれば、情勢は少し動いていくのかもしれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
光人社NF文庫(つまりは、ノンフィクション)から刊行されたところがミソ。
元・韓国駐在武官(防衛駐在官)や防衛省・情報本部などの要職を歴任した、インテリジェンス・オフィサーでもある著者の第2作目。副題「バーチャル・インタビュー」が示す通り、夢の中で北朝鮮元帥との対談を交わすといった形式を採っているものの、そこで語られる元帥の独白は圧倒的なリアリティを伴います。
北朝鮮を知る上では、彼我両方の視点が欠かせない。そうした意味でもインタビューの形式を採るのはある意味必然だったのでしょう。
著者のこれまでの来歴上、公には明かせないトピックも多分にあると思いますが、恐らく「開示可能なギリギリの線」でまとめ上げられた本書は北朝鮮情勢を知る上でも有益な資料となるでしょう。
著者の前作「地下鉄サリン事件戦記」も興味深かったですが、こちらも負けぬ好著です。エンターテイメントの要素も折々に散りばめられてあり、飽きさせません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
興味深い金親子の裏話を絡めた北朝鮮の歴史や外交を対話形式で簡潔にまとめられていて
読みやすく、北朝鮮の行き当たりばったりに見える挑発行為が実は計算の上であったり、日米
中露韓との絶妙な政治的駆け引きや先軍政治を選択せざるを得なかった背景がよく理解できた。

地政学的観点から朝鮮半島が分析されていて、位置的に中国、ロシアという大国と在韓米軍に
囲まれていて国防の為に武装強化せざるを得なかった北朝鮮を見ると、日本の領海で度々挑発
行為を受けている我が国の近い将来を映し出しているようにも感じられる。

本書の内容は当然ながら呉振宇元帥が実際に話したわけではないが、9割の実話に1割物語が
混じっていると思えば違和感は無い。シビアな内容をユニークな展開で説明しているので半島
情勢入門者にも優しい良著と言える。
3 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告