北京の55日 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

北京の55日 [DVD]

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 927より 中古品の出品:6¥ 535より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 北京の55日 [DVD]
  • +
  • ズールー戦争 LBX-804 [DVD]
総額: ¥1,395
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャールトン・ヘストン, エヴァ・ガードナー, デヴィッド・ニーヴン, 伊丹十三
  • 監督: ニコラス・レイ
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2012/05/11
  • 時間: 155 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0076DL2QK
  • EAN: 4988113762533
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,749位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

●パラマウントの名作が、うれしい価格で登場!
●激動の清朝時代を舞台に繰り広げられる歴史劇の傑作
●『理由なき反抗』の偉才ニコラス・レイが、豪華キャストで描くスペクタクル巨篇

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ニコラス・レイ監督が、激動の清朝と連合軍との戦いを豪華キャストと壮大なセットにより描いた歴史劇。1900年の中国を舞台に、アメリカ海兵隊のルイス少佐を中心にした外国人部隊の55日間に渡る篭城作戦が展開される。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

再発は当初「エルシド」や「ローマ帝国の滅亡」と共にブルーレイ発売予告があったので喜んでいましたが、「北京」は通常DVDでした。東北新社版を所持していますが、画質の向上に期待して購入…しかし、イントロのシーンを見始めて愕然。何と数箇所のカット・シーンがあるではありませんか。リチャード・ウィドマーク主演の「長い船団」もソフト化された時すぐに購入しましたが、これも大事なシーンが大幅カットされていてガッカリしました。「北京」の完全版はLDか東北新社版を購入した方が宜しいと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日清戦争後の中国における義和団の乱を題材に制作された映画ですが、史実とは異なり、アメリカ中心、アメリカがヒーローの主役といういかにもアメリカ人が好むシナリオになっています。本当は、この戦闘において最も活躍し貢献したのが柴五郎中佐率いる日本軍であったのですが、映画のなかでは添え物程度の存在として描かれているだけです。史実を確認されたい人は、潮書房光人社NF文庫「守城の人(明治人 柴五郎大将の生涯)」をお読みになるようお薦めします。800ページ近い大作で、ハイライトがこの北京の55日となっていて大変読み応えのある面白い本です。でも、映画を娯楽として割り切ってご覧になるのであれば、この映画は今流行りのCGも使わない大作であり楽しめる作品と思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
☆J・ディーン主演作『理由なき反抗』やイエス・キリストの生涯を描いた『キング・オブ・キングス』等々で有名な鬼才ニコラス・レイ監督による歴史スペクタクル。N・レイ監督はハッタリ重視の大風呂敷な作風で知られているが、本作はその決定版。舞台は1900年の清朝時代。山東省に蜂起した義和団は清国に進出した西欧勢力とキリスト教徒を本土から追放しようと勢力を増し、そのために北京城を外国人たちに不安は高まる。この頃ルイス少佐(チャールトン・ヘストン)の米海兵隊が北京城に来た。秘密に包まれた柴禁城の奥で、清朝の西太后(フローラ・ロブソン)は、コレを機に義勇団の力を利用して外国勢力を一挙に国外へ追放する事を決め、一団を陰で後援する事にした。ルイスはロバートソン卿(デヴィッド・ニーヴン)の主催する舞踏会でロシア男爵未亡人ナタリー(エヴァ・ガードナー)に会い、一目で二人は互いに強く惹かれる。しかし、ロシアに帰らねばならないナタリーが旅支度している時に、状勢が急変した。ドイツ公使が路上で義和団たちに殺されたのである。この現場を偶然ホテルから見た少佐はその指揮官端郡王を西太后に報告し強く抗議したが、逆に彼女は各国外交団の北京城退去を警告した。この日、義和団の外国人局住地に対する攻撃が開始され、ナタリーも籠城を余儀なくされた。11ヶ国の外国人たちは一体となって防衛。連合軍はわずか500名たらずの兵力によって女性...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
各国列強を「善」、清朝を「悪」として描いているため、今の時代では不快感を感じる趣もあるだろう。まあ、映画公開当時のアメリカ人の歴史認識と言えば、この程度だろう(今も大して変わらない、というツッコミはなし)。しかし、義和団の乱当時の世界は、帝国主義の真っ只中だった。そこには善悪の価値観などない。食うか食われるか、結果がすべてである。そう考えれば、食われた方は文句を言っても聞き入れてもらえなくて当然だった。このことは、この映画を観る方々に、是非覚えておいてほしい。

マイナス点としては、史実では日本軍とロシア軍が交戦の中心となったことが描かれていない、ベルナルド・ベルトルッチ監督の「ラスト・エンペラー」でもそうだったように、当時の清朝を支配していた満州族までが英語を喋る、といった点か。

それと、ディミトリ・ティオムキンの音楽は相変わらず抜群の安定感である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
押寄せる蛮族、砦に籠って貴婦人を守る軍人、あわやという時に間に合う騎兵隊。
パターン化されたテーマを、中国に舞台を移して大画面と物量で再構成しただけの凡作。
柴五郎役の伊丹一三は忍者か。
歴史認識に全く欠け、アメリカ帝国主義を賛美した、反面教師として見るべき映画。
義和団の変から四半世紀後の中国情勢を踏まえた『砲艦サンパブロ』で描かれた人間模様と比べてみるべき。
ベトナム戦争がアメリカ映画に及ぼした影響の大きさがよく判る。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック