北の零年 特別限定版 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【特別限定版】BOX仕様。外箱に多少のスレ、小キズがありますが、ブックレット、ディスク盤面は状態良好です。動作確認済みです。国内正規品です。レンタル版ではありません。【送料無料】【安心のアマゾンからの発送です】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,560
通常配送無料 詳細
発売元: トレジャーボックス
カートに入れる
¥ 2,680
通常配送無料 詳細
発売元: NEW JAPAN RECORDS
カートに入れる
¥ 5,214
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

北の零年 特別限定版 [DVD]

5つ星のうち 2.5 74件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 2,384 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,960 (68%)
残り16点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【全在庫大幅値下げ!!8月31日まで!!】★Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 北の零年 特別限定版 [DVD]
  • +
  • 母べえ 通常版 [DVD]
総額: ¥4,634
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 吉永小百合, 豊川悦司, 渡辺謙, 柳葉敏郎, 石原さとみ
  • 監督: 行定勲
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2005/07/21
  • 時間: 169 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 74件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001M3XII
  • EAN: 4988101118014
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 45,276位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説】
すべての夢はゼロから始まる…。激動の時代、北の原野に辿り着いた546名の愛と闘いの大河。明治4年、政府の命により最果ての地に降り立った淡路島の稲田藩家臣は、未開の荒野の開拓に乗り出したが…。吉永小百合を主演に日本映画界最高峰のキャスト陣で描く、感動の一大叙事詩。

【キャスト】
吉永小百合、豊川悦司、渡辺謙、柳葉敏郎、石原さとみ

【スタッフ】
監督:行定勲
脚本:那須真知子
音楽:大島ミチル
撮影:北信康
照明:中村裕樹
美術:部谷京子
録音:伊藤裕規
編集:今井剛

【公開日】2005年1月

【スペック】
◆封入特典
●永久保存版ミニアルバム(豪華ハードカバー、オールカラー40ページ仕様)
収納BOX付きデジロック仕様
DSTD02440/COLOR/本編169分/片面2層ボーナスディスク片面2層 /1.主音声:サラウンド、2.主音声:ドルビー5.1ch/16:9LB(シネスコ)

注意:初回特典付き商品のお取り扱いを終了いたしました。

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「Oricon」データベースより)

幕藩体制が終わりを告げた明治維新初期を舞台に、北海道への移住を命じられ、過酷な大地で懸命に生きようとする四国・淡路の稲田家の人々を描いた感動のドラマ。吉永小百合、豊川悦司、渡辺謙ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
本作品は、サユリ=アイドル映画以上の価値はありません。全体の印象は、大河ドラマ総集編よりもさらに粗いものを観させられている印象で、完全に観客は置いてきぼりを喰らわせられます。最大の問題は、テーマである「北の大地を開拓する」ことに対する“自然の厳しさ”が全く描けていないことでしょう。これ程酷い映画も珍しいと思います。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/25
形式: DVD
久しぶりに面白く無い映画を見てしまいました。
いったい何を描いて、何を訴えているのか皆目わかりません。
見終わった余韻も当然ゼロです。
吉永小百合ありきって言う映画で、吉永さゆり写真集が動画になっただけじゃない?
小百合は役者としては幅が無くシャープの宣伝のスタイルそのまま
駄作の代表
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これだけの豪華キャストを配し、よくこんなにつまらない作品を作れたものだ。くだらないを通り越して意味不明である。観る者に何を伝えたいのか?テーマもストーリー展開も退屈極まりない。久しぶりに観ていて腹が立った。「金を返せ」である。もっともただでも絶対観ないけど。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画を観ると、まるで地雷原に迷い込んだような気分になる。
まだ観れるのは最初の三十分のみ。
時代に取り残された武士たちが、自分たちの国を造ろうと一致団結するあたりまではいい。
だが、ストーリーが進行すると同時に、下手に感動させようと狙った演出や、設定の破綻、キャラクターの行動の矛盾などが次から次へと山のように降って沸き、
果ては、何もかもを吹っ飛ばす爆弾級の最悪のラストが待っている。

むしろこの映画で、ダメ映画の笑い方を覚えてください、といった作品に他ならない。
万民を笑わすダメ映画を十五億もかけて創るとは、ある意味偉業ですらある。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ストーリー解説だけを見れば壮大な北海道開拓の大河ドラマのように見えるが、

実際は昼のメロドラマを3時間弱くらいにまとめた総集編のような映画。

その為、大物俳優を沢山配しても人物設定の深みを出せず、勿体無いことをしている。

しかも主演の吉永小百合ありきのストーリーなだけに汚すことも殺すこともできず、

感動や強い印象を与えるどころか映画全体にヌルい雰囲気をもたらしている。

きっとこの映画は出演者に気を使って作られたのだろう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
大作ということで、期待して見たのがいけなかったのでしょうか・・・。

シナリオが酷すぎます。
せっかく見たのだから感動しようと努力したんですが、人物の行動に説得力がなさ過ぎます。
あれだけ突飛で後味の悪いシチュエーションをどう糊塗したって仕切れる物ではありません。
最後の曲で盛り上げる演出には本気で怒りが沸々しましたぞ。

これだけの役者さんを揃えて、莫大な予算を投じて・・・あまりにももったいなくて涙が出ました。
裏切り者は劇中ではなく製作者の中にいると確信しました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
~吉永小百合のキャスティングについてはコメントする気も起きないが、映画の音楽や流れそのものも問題だ。冒頭から感動させようという意図がミエミエの為、のっけから単調なストーリー展開となっているように思う。要は音と映像による「泣き」が随所(というかほとんど)にある為に飽きてしまうわけだ。それにしても、なぜこの行定勲監督が時代劇を撮ったのか~~、はなはだ疑問である。周知の通り、行定監督の作品として『GO』や『世界の中心で、愛をさけぶ』などがあげられるが、この『北の零年』という時代物を撮った事で、ますます彼の映画の制作動機、言い換えれば「主題」はなにかという点が気になるのだ。もし単に映画の主題=「泣き」なのだと考えているとしたら、この現代劇から時代劇にという節操のなさも納得は~~できる。だが、映画は「泣くための消耗品」ではないと思う。さらに、幕末から明治期にかけては、例えば会津藩の滅藩と新政府による藩士達の斗南への移住のように、こういった悲劇的な史実は多々、あったはずだが、この時代の北海道の重要なモチーフ、例えばアイヌの人々の状況や和人との交流などが描写されていたにもかかわらず、それらが表面的になぞられて~~いるだけで、単に感動させようという目的の為の素材としか扱われていないように感じる。「泣き」の為なら何でも素材として扱う、その姿勢に一種の傲慢さを感じるといったら言い過ぎだろうか。今後、個...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック