通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
化粧行動の社会心理学―化粧する人間のこころと行動 ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 きりのこ店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中身は普通に読める状態です。書き込みが少しあります。角折れしているページがあります。カバー有。中古品なのでスレ、キズ、汚れ、ヤケなどがあります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

化粧行動の社会心理学―化粧する人間のこころと行動 (シリーズ21世紀の社会心理学) (日本語) 単行本 – 2001/10/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥1,498
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 化粧行動の社会心理学―化粧する人間のこころと行動 (シリーズ21世紀の社会心理学)
  • +
  • ストレスと化粧の社会生理心理学
  • +
  • 化粧の日本史: 美意識の移りかわり (歴史文化ライブラリー)
総額: ¥7,920
ポイントの合計: 95pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は化粧行動について対人的な視点を中心としながら、研究の動向、多岐にわたる関心を紹介したもの。魅力の手がかりや親密な対人関係の糸口としての関心から化粧の基本的な認知・生理的はたらき、適応回復・向上のはたらき、文化的意味について最新の研究を紹介しながら、化粧を多面的に考えていく。

内容(「MARC」データベースより)

化粧することの社会性、化粧行動の文化的背景、対人関係を促進するための魅力作り、適応をうながす健康のための行動の観点から、最新の研究動向を踏まえ、化粧することの重要性について考察する。

出版社より

「装う」人間の「心」を科学する

人はなぜ装うのか?

被服行動や化粧行動などに関する心理学の入門書を紹介。

社会心理学 ファッション パーソナリティ心理学 性格心理学 被服心理学 化粧心理学  装い よそおい 社会心理学 パーソナリティ心理学 性格心理学 被服心理学 化粧心理学  装い よそおい 社会心理学 パーソナリティ心理学 性格心理学 被服心理学 化粧心理学  装い よそおい
装いの心理学: 整え飾るこころと行動 被服行動の社会心理学: 装う人間のこころと行動 (シリーズ21世紀の社会心理学8) 化粧行動の社会心理学: 化粧する人間のこころと行動 (シリーズ21世紀の社会心理学9)
著者 鈴木公啓 編著 高木 修 監修,神山 進 編集  高木 修 監修,大坊郁夫 編集 
内容紹介 身体装飾・変工の心理に関する入門テキスト。第1部では,化粧,衣服,ピアッシング,いれずみ,美容整形,痩身,毛髪,しぐさなどを取り上げ,その装いがどのような意味・意義を有するのかについて,心理学の研究成果をバランスよく解説する。第2部は,コスプレや化粧療法など,装いに関連するホットなテーマを紹介する。 人間の日常生活における基本的な行動である被服行動に視点をおき,それに関連する学問分野(家政学,生活科学,マーケティング論など)の幅広い研究データをもとに,それらに社会心理学の立場から考察と検討を加える。被服に関連する人間行動の「なぜ」「どのようにして」を分析し,体系化する。 人はなぜ化粧をするのか。化粧をすることでどのような効用や影響があらわれてくるのか。本書ではまず,外見についての美意識,美しさの由来,社会性などを探り,さらに,化粧行動の歴史や文化性,心理的機能,対人的な効用,健康や社会的適応をはかるための役割などについて,最新の研究動向を踏まえながら詳説する。

登録情報

  • 発売日 : 2001/10/1
  • 単行本 : 160ページ
  • ISBN-10 : 4762822264
  • ISBN-13 : 978-4762822261
  • 出版社 : 北大路書房 (2001/10/1)
  • 言語: : 日本語