通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan 単行本 – 2008/9/27

5つ星のうち 3.3 46件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
  • +
  • 部下を定時に帰す仕事術 (ポケット・シリーズ)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本はいつから未来に希望を持てなくなってしまったのか。
“明日にワクワクするニッポン”をみんなで作りたい。
私も始めた小さな一歩を今日から試して見ませんか。

1.空前の若年失業率、日本はなぜ若者が暗い国になってしまったのか。
「若者の国=日本」がなぜ終わってしまったのか。
世界を変えてしまった3つの変化を考える。
・情報革命
・クリエイティビティ
・フリーランス指向

2.「男女共同参画」は、女性だけのためではない
先進国並どころか、アジアの中でも遅れている日本の男女共同参画
「男女共同参画」で得をするのは女性と若者
「男女共同参画」は未来への投資

3.二大異色対談
最強ワーキングマザー対談(西原理恵子さん)
ワーキングプア、ワークライフバランス、男女共同参画を縦横無尽に語る

脱・ワーキングプア対談(雨宮処凜さん)
雨宮さんと一緒に考えた「変える」ために今できること

4.ニューヨークで考えたポスト資本主義
アメリカから学びたいこと、学んではいけないこと

著者からのコメント

この本は、毎日新聞で好評をいただいた漫画家、西原理恵子さんとの対談を契機に、雨宮処凛さんとの対談及びさまざまな書き下ろしを加えて出版したものです。

男女共同参画、少子化問題、貧困対策、ポスト資本主義など、社会面でのさまざまな課題をわかりやすく噛み砕き、私たちがどのように考え方を変えていくと、若い人たちが希望を持てる国、日本が誕生するのか、一つ一つの問題を分析し、15の提言を作成しました。

そして、新しい試みとして、この本に閉じず、今後毎日新聞に10月から連載をする「勝間和代のクロストーク」などの記事を通じて、継続的なディスカッションを紙面・ウェブを通じて行っていく予定です。

もうすぐ日米共に選挙が待ち構えていますが、特に日本においては、各政党や政治家が、どこまで明るい将来を若い世代に残そうとしているのか、この本の内容や提言と比較しながら、1人1人が評価を行えるよう、活用していただきたいと思います。

1人でも多くの人が意志をもって選挙に行き、少しでも若者が活躍でき、男女共同参画が可能に、子どもも産まれ、かつ、貧困対策も充実する、そんな社会形成に向かって少しずつでいいので、私たちの日常のちょっとした考え方や行動規範を改善していくことを提案しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2008/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620319074
  • ISBN-13: 978-4620319070
  • 発売日: 2008/9/27
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 745,019位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
社会や組織のここがダメだ、あれもダメだと、感情的な議論は世の中に溢れているが、「一体じゃあどうしたらいいのか」といった方向性なり解決策を示す人は少ない中で、この著者はいつもロジカルにそれを示す。しかも、割と不快感を残さないので、感心します。
少子化による人口減少傾向にある我が国は、お年寄りも仕事をできる人はやってもらわないといけないし、ましてや現役世代の女性にはしっかり働いてもらわないとならないのに、女性の就業について数々の障害がある。同じことが若年層にも言える。こうした方々が思う存分働ける社会を実現することが、現役社会人の務めだと思いました。女性やフリーターから搾取することは、短期的な業績に好影響をあたえたり、既得権を維持できたりするわけですが、長期的には日本の体力をどんどん奪っていくことになる。サバイバルのために、少しずつでも変わっていく必要があると思いました。以下、心に残ったこと。

・家庭をもとう(若くても)。子育ては楽しく、素晴らしい学びがある。産まなければ分からない。
・21世紀の資本主義の特徴は、資本家と労働者が一体化していること。リターンを求めて暴走しがち。
・グラミン銀行の「16の決意」。ちょっと感動しました。

2つの対談(西原理恵子さん、雨宮処凛さん)はものすごく面白かったし、一番良かったの
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今の日本が抱える問題を俯瞰的に手っ取り早く知っておきたいときに
役立つ本。とくにワーキングマザーとワーキングプア問題は対談で
語られているので、働く母は一読の価値あり。

西原理恵子、雨宮処凜との対談もあり、口語体で理解しやすい。
グラミン銀行の存在も本書で初めて知った。

読めば今の日本に対する危機意識は芽生えるものの
あまりにもテーマが大きいので
まず何から始めればいいのか、は迷うところ。
巻末の提言集も、政治家や社長でないと実行できないTO DO集だし。

働く母はワイシャツのアイロンがけを150円でクリーニング屋に、という
提案が一番役だったかも。

いろいろな制約があって難しいとは思うけど
本当に日本を変えたい、低賃金の貧困層に豊かな暮らしを、と願うなら
ターゲット・年齢別に、とるといい資格リスト、学ぶといい分野リストなどを
つければ本書を機に、貧困から脱出できる人は増えただろう。

結局のところ、何から始めればいいのかわからない、という段階だけで
つまづき、不当な立場に甘んじてしまっている人が多いのだから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本が抱えている、あるいは抱え始めている問題について紹介・考察、そして対談している本です。

ワーキングプアであったり、女性の雇用問題、ワークライフバランス、など。

そして、かつての日本の経済力・ビジネス力が色あせ始めていることなど。

全体的にこれらの問題について意識することができた点では、まず現時点では「良書」と言えるのではないでしょうか。

ただ、各レビューを読んでいると、かなり否定的な意見も多いようです。

もちろん、レビューする方の意見も、そして本書の意見も互いに正しいこと・間違っている事、はあるかと思います。

「それでは、どのようにすれば変えていけば良いのか?」という点についてもです。

それをつぶさに調査・評価するのも良いと思います。

しかし、少なくとも本書で挙げられた「日本の抱える課題」というのは事実です。

そこにどう一人一人が取り組むか?というのはそれこそ「一人一人が」取り組むべき問題だと思います。

その上で、「本書が正しかったかどうか」は、歴史が判断することになるでしょう。

「問題意識をもつこと」自体に取り掛かるのであれば、本書はそのとっかかりの一つとなるのは間違いないでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 malone VINE メンバー 投稿日 2009/9/19
形式: 単行本
世界情勢をきちんと認識せず、足元の日本だけを見て日本を語るなと言いたい。
明治維新以降、鎖国していた日本は世界の経済の中に飲み込まれてきました。
戦後数十年は、先進国を追いかけて成長する高度成長時代を経験できました。
しかし、雨宮さんが「いつから逆流するように・・」といっているその時代はすでに日本の成長が停滞し、周辺の途上国が日本のフリーターよりもさらに安い賃金でそこそこの仕事をしてくれる時代になってきているのです。
そういう現実を直視せずに、ワタミの社長やザ・アールの社長の意見を勝ち組の戯言のようにいうのはまったくのお門違い。時給1000円の議論も出ていますが、そんなことをしたら、日本の単純作業労働はすべて海外に流れ出てしまいます。アルバイトやパートでかろうじてとどめられるのが最善の経営者の努力なのです。

グローバリゼーション、経営の力学に目を瞑って問題を語っている時点で、日本を変える提言などできやしない。
駄本を量産し、駄本に感化された日本人を増やせば、結局は日本がダメになるのだから、やめていただきたいものです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー