通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
勝負心 (文春新書 950) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝負心 (文春新書 950) 新書 – 2013/11/20

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 勝負心 (文春新書 950)
  • +
  • 覆す力 (小学館新書)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
総額: ¥2,452
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

羽生善治が最も恐れる男

ゲンは担がない、将棋に運や調子は関係ない、すべて実力…現役で唯一羽生善治と互角に渡り合うトップ棋士が勝負を制する極意を語る。

内容(「BOOK」データベースより)

弱冠二十歳で棋界最高位「竜王」を獲得、五連覇で初代「永世竜王」、そして竜王戦九連覇を果たした著者が、「ゲンは担がない、将棋に運やツキは関係ない、すべて実力」という、徹底的にドライな勝負の極意を語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 190ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166609505
  • ISBN-13: 978-4166609505
  • 発売日: 2013/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
棋士の著述は一般にとても面白い。米長氏とかの本は、爆笑ものであるが、同時に深いものがあり、多くの人が楽しめると思う。

渡辺氏は、脇道に逸れることなく将棋の勝負に関する自分の考え方を率直に語っており、それが本書の魅力になっている。ストレートでシンプルな表現が、勝負のエッセンスを伝えてくれている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読了:2017年014冊(1月14冊)★3.1
『勝負心 (文春新書 950)』、2013/11/20、渡辺 明 (著)

渡辺明氏は、中学生でプロ棋士となり、タイトル通算獲得数は歴代6位、永世竜王の資格ともつ。そんな方の書かれた勝負に関するエッセイ。プロ棋士とは何とも不思議な“職業”である、、。

私は将棋を一度もしたことがないので、専門的な内容は分からない(が、「先手矢倉」「横歩取り」などの作戦名はなんか格好いい…)。
将棋中継では見えてこない慣習や礼儀作法が書かれていて面白かった(入室する順番や、おかしを食べるタイミングなど)。また、将棋での休憩時間に持ち物チェックや監視等がないことに渡辺氏は危惧しているが、私も驚いた。確かに、疑っているようでそのような制度を今更設けるのは藪蛇かもしれないが、休憩中に一人で別室にいくこともある、というのは驚きである…いくらでも外部と接触できるんじゃないかな?

また、渡辺氏からしても羽生善治はそうとう雲の上の人なのだという。自分も名前と顔くらいは知っているが、通算タイトル獲得数も歴代の中でずば抜けている。今度は羽生さんの“勝負心”も知ってみたいものだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
全180ページのうち最初の60ページほどを使い羽生さんへの思いが書かれています。
その内容はライバルへの評価というよりも憧れの大棋士への称賛という感じで書かれています。
これからも真剣勝負を続ける相手としてはライバル心むき出しの評価のほうが面白いと思うのですが
やはり憧れというのが素直な気持ちなんでしょうね。
そのほかは羽生世代の棋士達への評価、トップ棋士としての立ち居振舞いや流儀、勝負感などが書かれています。
どれも歯切れがよいので読んでいて非常に気持ちよく納得させられます。
その中の言葉で「今を一生懸命やっていれば将来力が落ちた時にまだやれると未練がましくならないで済むから今頑張る」
という感じのことを言われていたのは痛快で印象深かったです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
現代将棋の申し子といわれる、永世竜王資格保持者・渡辺明三冠(2013.11月末時点)の勝負に対する心構え、ライバルといわれる羽生三冠への思い、などを率直に綴った本。
永世竜王への道のり、羽生という棋士、羽生世代との戦い、コンピューター将棋との関わり、プロ棋士としての矜持等を章ごとに飾らない言葉で語っている。

特に、1章まるごと割いて、羽生三冠へ賛辞を送っているのには驚かされた。いわく、
「自分にとって羽生さんは『生きる教材』である。」
「竜王戦で羽生さんと戦えて幸せだった。」
「同時代に羽生さんと出会えたことが自分の棋士としての一番の幸せである。」と。
とにかく自分にとって羽生は特別な存在であることをこれでもかというほど率直に述べているのである。

そのほか、業界トップにたつ人間ならではのプロ意識の高い珠玉の言葉が自然体で散りばめられている。
「結局、『今の自分』が『この先の自分』を決める」
「余力のある30代を送ると、自分の実力が落ちてきた時も、まだ実力を出し切っていないからだと錯覚しかねない。だから(本当の自分引き際を見極められるようになるためにも)これから迎える30代はとにかく全力を尽くす」
「調子や運という概念は自分にはない。すべてをひっくるめて実力と考
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
渡辺竜王が歯に衣着せず率直に発言することはこれまでのインタビューなどで知っていたが、本書でもその率直さがいくつかの名言を生み出すこととなった。

《気合を入れれば勝てるほど、勝負の世界は甘くはない。》

《「調子の良し悪し」などない。すべて実力だ。》

《ゲンを担いだりはしない。》

《米長哲学には素直にうなずけなかった。なぜなら、あまりにも非論理的な内容だからである。》

《対局中に楽しいという気持ちになることはない。》

《熱意では誰にも負けない》

渡辺竜王はかなりのリアリストで勝負に勝つということに徹しているのであるが、最後に引用した言葉が最も重要なのである。将棋への熱意、そして研究の質と量は誰にも負けないという自信があるからこそ、若い頃から堂々とした態度を取れたのだろう。クールすぎる、ドライすぎる、面白味に欠けるという批判もある渡辺竜王であるが、将棋に対しては非常に熱い男である。どれだけ濃密な研究をしているのかは我々には想像がつかない。

そして、この徹底したリアリストが、2008年の竜王戦で羽生を相手に将棋界初の3連敗4連勝というドラマを作ったことを忘れてはならない。2008年の竜王戦第7局は、互いの永世竜王がかかった将棋史上最大の勝負だった。将棋に対して真摯な渡辺が、意図的な筋書きではない本物のドラマの主役となったのだ。
1 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す