数量:1
勝訴ストリップ がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,300
通常配送無料 詳細
発売元: Leadway
カートに入れる
¥ 2,400
通常配送無料 詳細
発売元: MUSIC HOUSE アマゾン専用在庫
カートに入れる
¥ 2,412
通常配送無料 詳細
発売元: ステップ-REIKODO_FBAサービス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

勝訴ストリップ

5つ星のうち 4.6 90件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,304 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 842 (27%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の 椎名林檎 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 勝訴ストリップ
  • +
  • 無罪モラトリアム
  • +
  • 三文ゴシップ
総額: ¥7,328
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/3/31)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMI Records Japan
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B000059O0Y
  • EAN: 4988006166141
  • 他のエディション: LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 2,042位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
5:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
5:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
5:32
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
1:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:14
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
3:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
4:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
13
30
6:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

椎名林檎の2ndアルバム。圧倒的世界が確立された大傑作。

Amazonレビュー

   前作にも増して、強烈な「言葉」の数々が聴く者を突き刺す2nd。誰かを愛したい、そしてできれば、その人から愛されたい。すべての現代人が渇望しているコミュニケーションへの欲求を高い純度で音像化した今作は、激しく、ヒリヒリとした痛みに満ちている。暗く、冷たい心象風景をポップ・ミュージックへと昇華、ダブルミリオンを記録した傑作。(森 朋之)

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
実は、僕は林檎さんを聴かず嫌いしてました。それは何より小学生の頃よくテレビで流れていた「本能」の歌とPVがあまりにも強烈すぎて、長い間偏ったイメージを持ったからなんですが、勇気を持って最近今作を聴いたら、これがめちゃめちゃ良くて驚きました。何でもっと早く聴かなかったのかと悔しくすらなる程。

厚みのあるロックサウンドと電子音が融合したサウンドがまずとても独特でカッコいいし、メロディーも個性的で、どんどん聴きたくなる中毒性みたいなのがあります。 しかし何より少女(かな?)の一途で真っ直ぐで、劇的に強い気持ちが生々しく、そして美しく描かれた歌詞が印象的です。林檎さんの歌詞の世界って到底分かんないんだろうなあと聴く前は思ってましたが、実はスゴく身近なんだなと思いました。巻き舌を多用し、喉が潰れるんじゃと思う時もある強烈な歌い方も相まって、歌詞がスゴく伝わります。

隙のない構成で、一度聴き出したら最後まで聴かせちゃう強さがあります。歌詞、メロディー、サウンド、歌声トータルで林檎さんの世界観が最高の状態で表現された作品でしょう。 林檎さんを聴かず嫌いしてる方には、一度聴いて頂きたいです。僕みたいに、ひょっとしたらハマってしまうかもしれませんよ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作はストレートなロックサウンドを中心にした楽曲で構成されており、
より幅広い層にアプローチできるアルバムであったが、ここに来て、
本来彼女が目指していたであろう独特の世界観が少しずつ垣間見えてくる。

林檎の楽曲の魅力はサウンドのかっこよさももちろんあるが、彼女が織り成す強烈な言葉の数々。
音楽は普段は口下手な彼女が自分を伝える手段であるということが痛いほど伝わってくる。

一風変わった言葉だけに好き嫌いははっきりと分かれるだろうが、
「リスナーに伝わることがある」ということは
その言葉が決して奇をてらっただけのものでなく、
彼女の中で「本物」であったからだと感じる。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2006/3/20
形式: CD
この作品は椎名林檎の最高傑作だと思う。

無罪モラトリアムの「ここでキスして。」とか「幸福論」とかとは、またまったく違う世界観が生み出されているところがすごい。

特に歌詞だけでもすごいのに、林檎嬢の声が入ると、その伝えたい事が一心に伝わってくる。

その、切なさがすごい勢いでこっちに向かってくるのだ。

シングルだけでも傑作が多いが、そのひとつのアルバムとして見ても、素晴らしい。

あまり椎名林檎を好いていない人でも、一度は聞いてみることをお薦めする作品だと感じる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
5.闇に降る雨
渋すぎます。
椎名林檎の天才ぶりを実感です。
「同時代に彼女が存在していてよかったなぁ」
と感じさせてくれる名曲です。
7.罪と罰
異様なシンセから始まり,
かすれてつぶれたような声でボーカルが乱入。
最初のパートだけで,
おなかいっぱいになれます。
神様,
生きている最中に椎名林檎の歌を聴かせてくれてありがとう!
12.本能
ドラムがいい。
リズムがいい。
全体的なまとまりがいい。
そして何よりもボーカルの表現力がよい。
椎名林檎は21世紀のジャニスジョプリンぐらいの評価をすべきだと,
確信しています。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
林檎の傑作だと思う。
まず「罪と罰」を中心としたシンメトリーの曲順。
例えば「虚言症」と「依存症」は対称になっているが、彼女が少女に向かって「大丈夫」と言う強さの反面、「あたしがこのまま海に落ちても」という弱さを見せる。
これらの対称性によっていろいろな聞き方が出来るのではないだろうか。
対称性を表しているのはアルバムの収録時間にもある。林檎の面白さが出ているようだ。
曲はもちろん、「椎名林檎」のセンスが感じられる作品だと思っている。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
椎名林檎っていうと凄い芸術的な音楽をするよね。
このアルバムでは前作の昭和な雰囲気のポップさが減り、ロックな作品が聴ける。
亀田さんのテクニカルなベースも西川さんのノイジーなギターも邦楽ロックに与えた影響は絶大でしょう。

ところで、正直前作のように歌謡曲として評価するべきではないよ。もちろん前作は、高い歌唱力なども評価され、邦楽屈指のマスターピースとして語られている。
しかし今作は彼女がやりたかったことのひとつであろうロックを主体として作られている。
それを「歌い方が汚い。巻き舌するな」とか「演奏の音が悪い。丁寧に演奏しろ」とか完全に前作との対比で評価する人が多い。
そうではなく前作とはまた違う精神で作られたアルバムだと考えて欲しい。「ギブス」における西川さんのギターのノイジーさはロック好きとしては脳がとろけそうだ。

つまり言いたいのは何も考えずに「ロックな」アルバムとして聴いて欲しいということです。
ただ凄く好き嫌いが分かれます。このアルバムが嫌いな人が好きな曲が、アルバムが好きな人のあまり好きじゃない曲、というようにこれ以上ないほど分かれるのでちょっと注意。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック