この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝者のシステム―勝ち負けの前に何をなすべきか 単行本 – 1996/5/1

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,572 ¥ 1
文庫
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

もう一歩のところで勝てないチームをどう意識革命するか。
常にナンバーワンでいることは「根性」や「体育会的精神」では達成できない。それは、チーム内の人間関係、1人ひとりの特性、対戦チームの心の流れ、力関係を冷静に関連づけて把握するかである。

わたしは「イン・アウト」と呼ぶ考えをもっている。たとえば、ゲーム前のロッカールームでわたしは選手たちに燃えるような熱を伝え、大きな勝利へのベクトルをつくり出す。しかし、ゲームリーダーはいつまでもその熱のなかにいてはいけない。選手たちがテンションと集中力を高める熱を発したら、そこからすみやかに抜け出すのである。リーダーがいつまでもそのなかにいたのでは、冷静な判断ができなくなるからだ。場を盛り上げるために選手1人ひとりのなかに入っていったのち、今度は客観的にゲームを分析するためにその場から出る。インからアウトへ、アウトからインへ自分をコントロールすることは、ゲーム・コントロールを行ううえで重要なことだと考えている。──本文より

内容(「BOOK」データベースより)

勝利を目前にして、あと一歩のところで勝てないチームをどう意識革命するか!体育会的な発想とは異なる平尾独自の「勝つための理論」とは?常にナンバーワンでいるためには、チーム内の人間関係、一人ひとりの特性、対戦チームの心の流れと力関係を冷静に関連づけて把握することが必要だ。人を活かすプレイ、考え方のすべてがここにある。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: 講談社 (1996/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062082314
  • ISBN-13: 978-4062082310
  • 発売日: 1996/5/1
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,567位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2008年8月18日
形式: 文庫
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2005年4月22日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月12日
形式: 文庫
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月20日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2007年6月4日
形式: 単行本
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。水筒 パッキン