中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝利への道 (文春文庫) 文庫 – 2002/4

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この本が阪神タイガース監督・星野仙一を生んだ!
熱血漢・星野仙一がその野球哲学を明かす。緻密な戦略の下、チーム戦略はどうあるべきか? 21世紀の野球のスタイルがここにある

内容(「BOOK」データベースより)

「巨人が実績のある選手を金の力にあかせて獲得しては切り捨てるのはチーム作りとして不可解」「オリンピックへのプロ選手の参加が野球人気の発展につながる」―etc.。星野仙一が熱く訴える。中日ドラゴンズを2度のリーグ優勝に導いた闘将が阪神タイガースの再生に着手、さらなる頂上である「日本一」を目指す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 199ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167656345
  • ISBN-13: 978-4167656348
  • 発売日: 2002/04
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,182,796位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
星野さんの監督哲学、選手やコーチとの人間関係との
付き合い方、星野監督が崇拝した師などについて書かれた本。
この本を買おうとするのは阪神ファンの方が多いと思われますが、
色々なエピソードには中日時代の事も多く(当然と言えば当然ですが)、
中日の事も知っている阪神ファンでないと、細かいエピソードを
理解するのは大変かも・・・
ただ、その辺りに詳しくなくても楽しめる本ではあります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 オレンジシェード トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/9/28
形式: 文庫 Amazonで購入
中日の監督後期、
阪神の監督就任直後に書かれた作品。

阪神監督時代に書かれた著書と比べると
冷静というか、温度が低いというか、謙虚な姿勢を感じました。

自分に対して自信は持っているけれども、
どこか自信のない、慢心をしていないところに好感が持てました。

星野監督ファンでも、
阪神ファンよりも中日ファン向けの本だと思います。

阪神ファンだと知らない選手名もあるんじゃないかな(苦笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒロゴン VINE メンバー 投稿日 2006/7/15
形式: 単行本
本書は、星野仙一氏が中日ドラゴンズの監督時代の2000年に書かれた本です。少年時代からドラゴンズ・ファンであった私にとって星野氏は、選手としても監督としても憧れの人です。

本書では、星野氏が明治大学時代、選手時代、監督時代のさまざまなエピソードが載っています。トレードを通告した時の断腸の思い、妻を亡くしたときの辛い思い、...など、グランド同様、自分の気持ちを包み隠さず本に記載しています。

本の内容も学生でもすらすらと読めるように、わかりやすい文章で書いてあります。

野球(ドラゴンズ)ファンの方は勿論、星野氏に何らかの影響を受けている方は、読んでみてください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
星野仙一監督の監督論や、中日の監督時代のさまざまなエピソードについてかかれた本です。野球が好きな人ならぜひ読んでもらいたい本の一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告