中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝利の女神は勉強嫌い 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/28

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「本来、勉強とは楽しいものなのです」と著者は断言する。
自分から進んでやりたくなるほど楽しいものであり、やればやるほど楽しみが増え、
時間が経つのも忘れて没頭してしまうもの――これが勉強の本来の姿である。
大学受験における最善の戦略は「勉強の楽しさを手に入れること」。
他の大手予備校の特待生や一流高校の生徒たちを差し置いて、
「普通の子」たちが次々と東大・京大をはじめとする難関校に合格してゆく
四谷学院の勉強法の秘訣は、この「楽しさ」の追求にあった。
「誰もが才能をもっている」という信念のもと、生徒に勉強の楽しさを伝え、
夢の実現のお手伝いをするのが予備校の使命だと語る四谷学院の創始者が、
様々な経験を経て四谷学院の創立に至った経緯や、
成功体験を得て自尊心を育てるための工夫を明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

楽しい勉強方法は一生の財産。誰にでも出来る勉強のコツ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 221ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569708609
  • ISBN-13: 978-4569708607
  • 発売日: 2009/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 660,015位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
四谷学院設立までの経緯から、勉強することとはなにか、生きていくとは何か、
がとても読みやすく描かれていて、頭にすっと入ってきます。
四谷学院を始めるまでの経緯で、作者の植野さんが大学生のときに学費を稼ぐために
夜の幼稚園を借りて塾を始めたり、経営を学ぶためにレストランで働いたりするくだりなどは
とてもおもしろく読み応えがあります。

自分が高校のときに、この本に出会い内容を理解し行動に移していたのならば、
大学受験のみならず人生の生き方も変わっていたかも?と思わせられ
四谷学院の教育方法などにも非常に興味をかきたてられます。
また植野さんのいろいろな誘惑に対しても決して曲げない信念と
自分がやりたいことにまっすぐに向っていくその行動力に、とても感銘を受けました。

社会にでてからも目標を決めて、それに向かって日々勉強するいうことは、変わらないと思います。
やりたいこと、目標を決めることが勉強を勉強として感じなくなる、そういうことが
習慣として身につけていければ、と思いました。
そういう意味で良質なビジネス書として、全てのビジネスパーソンにも、
非常にお勧めできる本だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 itgaki VINE メンバー 投稿日 2009/10/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
予備校の四谷学院の理事長である筆者が、自分のこれまでの半生と経験を踏まえつつ勉強について、塾経営について語っています。

自分の経験を元に語っているので、非常に判りやすく共感をもって読むことが出来ます。
学生時代に食うためにやった塾の経験が、いろいろな紆余曲折はあったものの今の予備校経営の土台になっており、子どもたちに勉強を楽しんでもらうこと、もとから出来ない子はいない!という信念のもとに現在も予備校を運営している姿勢には共感する部分が多いです。
また、経営者の資質として「素直さ」と「熱意」が大切であるというのも、私の個人的な経験からも共感できるところです。

予備校には「強者の予備校」「弱者の予備校」というのがあり、できることを前提でカリキュラムを組む前者より、弱点があったから予備校に通うことになった後者のスタンスを選び、また浪人している生徒に弱点を持っていることから気付かせることが必要という視点は、今までにはなかった視点ではないでしょうか?

自分の体験をもとにしているので、気持ちが先走っている感はあり、読む人によっては好き嫌いは生じるかも知れませんが、教育に興味のある方は一読の価値はあると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YN 投稿日 2013/11/9
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
同僚が読んでいて、借りて読んで、やっぱり自分でも欲しくて入手。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック