中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勝つためのインターネットPR術 単行本 – 2005/6/23

5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

インターネット時代、企業の明日はホームページとブログを活用した「インターネットPR」戦略の成否にかかっている。
かつて企業にとって「PR」とは単なる広報業務にすぎなかった。しかし、いまや、PRはもちろん広告宣伝もIR(投資家向け情報)も各種情報開示も人材採用情報も、企業のあらゆる情報発信はホームページを介して行われる。すなわちインターネットPR業務が、企業のブランド戦略の根幹を成すのだ。そうなると、あらゆる情報発信をひとつのポリシーにそって打ち出さねばならない。でなければ、顧客にも、取引先にも、社員にも、株主にも、関連官庁にも、社会にもみとめられる企業とみなされなくなる。そのために必要なのは、トップ自身がネットを活用し、自分の会社のPRマン、ブランドマンになることだ!
 本書は、そんなIT時代のトップのために必要なネットPRの哲学と戦術を、ネットPRの先駆け企業ニューズツーユーの神原社長と、いま、日本でもっとも有名なトップであり「社長日記」ブログで自社のPRマンを実践するライブドアの堀江貴文社長が、具体的かつ明確にかつわかりやすく解く。まだ誰も書いていなかった、ネットを活用して企業の情報発信を一括して戦略化するための思想と実践の書!

内容(「BOOK」データベースより)

日本一のトップPRマン=ホリエモンと、ネットPRサービスの旗手、News2u社長が、「インターネットPRの真髄」、教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 181ページ
  • 出版社: 日経BP出版センター (2005/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822244598
  • ISBN-13: 978-4822244590
  • 発売日: 2005/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,031,576位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「最近流行のブログを使って会社のPRをしましょう」という内容です。非常に読みやすく書かれています。流し読みで15分程度あれば読んでしまえるほどの内容です。
第一部のライブドア・堀江社長の部分を理解すれば十分でしょう。第二部は第一部と同じような内容が繰り返されているだけで、普段からインターネットを活用している人にとっては、特に有益な情報はないと思います。
何故か、第一部と第二部では使っている「活字」が違います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本にする意味がわからない。内容が薄い。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上場企業の社長にブログを進めている本。
というか、堀江さんが自分に問いかけているような本。
要するにブログ作れ、書けといってるだけでぜんぜんインターネットPR術じゃない。具体論もない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
★が5つが多いので購入しましたが、
具体例が無く、信頼性がないと感じました。
ブログなどインターネット関連の知識がある程度ある人にとっては
買う価値のない本だと思います。堀江さんの本特有のゴーストライター的で大量生産な内容でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/6
形式: 単行本
うなずくことが多く、一気に読むことができました。
著者の神原 弥奈子さんが書いていらっしゃる“ホームページが開設されたまま、ほったらかしのページを見ると悲しくなる”のは専門家だけなく、私たち一般ユーザーも同じです。
著者のインターネットの魅力・可能性を実感してほしい!インターネットを活用してユーザーとの信頼関係を築いてほしい!という企業への熱い想いがつまっている本でした。
この本を読んで「タイムリーな情報がほしい。」「信頼性のある本物の情報がほしい。」という私たちの欲求を満たしてくれる企業が増えるといいなと思いました。
また 社長さんがブログを書かれている会社には親近感を持ちますが、こんなにPR戦略として有効と初めて知りました。
わかりやすい内容でしたので 早速 経営者である父や兄に「ネットPRに挑戦!」と贈ろうと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kc1024 投稿日 2005/7/4
形式: 単行本
インターネットを用いての企業PRは、新たな局面をむかえています。
新しい考え方に対応できない企業は、いくらSEOなどを頑張ってみても、結局「売上につながらない」Webページを高コストで運営することになってしまいます。
この本は、新たな潮流である、「社長Blog」や「ニュースリリース」のススメを中心とした「インターネットPRの極意」を、わかりやすく伝えている良書です。
もちろん神原社長がやっている会社(news2u)の宣伝的側面はありますが、良い物は良いわけですから。
Webページの効果に疑問を持っていたり、新しいことをはじめようとしていたりする企業トップは、必見です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/27
形式: 単行本
1時間で読める内容で良いが・・・。
中小企業でHPを担当させられている人向け。
自社HPに社員が関心を持ってくれなくて困っている人向け。
この本に書いてあることは「ご説ごもっとも」なのだが、
読者は消化不良になるかもしれない。
やはり「思想の書」として読むべき。
買いますか?
既にブログを知っている人は、
敢えて買わなくても良いと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私自身もブログをやっていますが、どうしても更新できなかったりすることが多かったのです。
でも、この本を読んで、ブログに対する考えを改めました。
著者の神原社長の体験談などからも、ブログに対する熱い思いを感じ取れます。ブログは幅広い方に企業のメッセージを伝える最強のツールだということが分かりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー