Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 259の割引 (32%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[梅原大吾]の勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
Kindle App Ad

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書) Kindle版

5つ星のうち 4.5 242件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 92

商品の説明

内容紹介

世界一のプロ・ゲーマーに学ぶ勝負哲学!

ゲームファンから「神」と崇められ、「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスブックに認定されている伝説のゲーマー・梅原大吾が、初めて熱い想いを語る。
「小学生からゲームが好きだった僕は、勉強も部活もしてこなかった。だからこそ、ゲームを通して自分を成長させるのだ」との強い意志のもと、17歳で強豪を破って世界大会優勝。その後、一度ゲームを辞めた時の挫折感、そして復活、再び世界一になり、プロ契約、ギネス認定に至るまでのウメハラの全貌がここに明かされる。
ウメハラは「たかがゲーム」という世間の冷たい視線に耐え、「どうすれば自分を向上させることができるのか」を常に考え抜いてきた。「楽な勝ち方ばかりしていてはやがて勝てなくなる」「変化なくして成長なし」「最もライバルが多いゲームをあえて選ぶ」など、彼がこれまで実践してきた、勝ち続けるための勝負哲学は、ゲームの世界のみならず、いまの社会を強く生き抜くための指針でもある。ウメハラ渾身の作である本書は、ゲームの攻略本ではなく、人生の攻略本である。

内容(「BOOK」データベースより)

17歳にして世界一になった。2010年8月、「最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス・ワールドレコードに認定された。職業、プロ格闘ゲーマー―。これから僕は、「世界一になって」、そして「世界一であり続けることによってしか見えなかったこと」について話をしたいと思う。それは「勝つために必要なことは何か?」「なぜ多くの人は勝ち続けることができないのか?」という話だ。いわば「世界一になり、世界一であり続けるための仕事術」とも言えるかと思う。その技術は、ゲームの世界ではもちろんのこと、それ以外の世界でも必ずや、前進のためのお役に立てるだろう。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 521 KB
  • 紙の本の長さ: 254 ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/4/7)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009YES5KA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 242件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 672位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
  
教育者の端くれです。格闘ゲームはやらないのですが、梅原さんのファンだと言う友人からの薦めで購入しました。
正直、こんなに考えさせられると思っていなかったので驚きを隠せません。
本を読んでから友人に話を聞いたり、調べたりして世間一般の印象としての梅原さんを知るとさらに驚くこととなりました。

以下は所感ですが、教育的なところに偏っています。長文ですいません。

自分教自分信者である梅原さんも、人生のターニングポイントには必ず誰かがいて、自身の成長には他者が欠かせないと自覚している。
小学2年生で青森から東京に引っ越してきて以来、学生生活の中では心を許せる友人が出来なかったという梅原さんが、
中学生にして「これが友達なのか」と気づくエピソードには考えさせられるものがある。
学校では得られなかった他者とのつながりをゲームセンターを通して得ることが出来たという経験、そしてそれに対する感謝が、
今でもアーケードを大切にする理由の一端となっているのだろう。

また、梅原さんの視線の先には必ず人がいることを思い知った。
もしも彼が誰よりもゲームが上手くなりたい、という理由でゲームをしていたならば、ゲームをやめることも人生に打ちのめされることもなかったは
...続きを読む ›
1 コメント 390人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
勝ち続けることを求められ、それに応えてきた梅原氏が「勝つこと」と「勝ち続けること」の違いを語ったのが、本書です。その心は「勝つこと」を目的とするのではなく「成長し続けること」を目的として、日々研鑽を重ねること。一度や二度の勝負所に勝つことを「目的」としてはならず、それは「目標」にすぎないと割り切ることで、「勝ち続ける」という結果がついてくると、本書は主張します。

梅原氏の、体験と実績に裏付けられた力強い言葉で埋め尽くされた本書は、できる限り多くの人に読まれるべきものだと思います。そんな本書の記述で、個人的にグッときたものを以下にピックアップします。

・センスや運、一夜漬けで勝利を手にしてきた人間は勝負弱い。僕はこれまで頭の回転が速く、要領が良く、勢いに乗っていると思われる人間と何度も戦ってきたが、ただの一度も負ける気はしなかった。それはなぜか。彼らと僕とでは迷ってきた量が圧倒的に違うからだ。(p59)

・筋力をつけたければ筋力トレーニングを、痩せたければそれなりの運動を、人より強くなりたかったら人一倍練習しなければならない。どれだけつらくても、それ以外に道はないと思う。心だって、鍛えなければ強くならない。(p70)

・自分を高めるということは、何かを編み出したり、経験を積んだりすることで、自分の
...続きを読む ›
コメント 194人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私が、この本を読んだ時「えっ、こんな事まで書いてあるの?」と驚いた。
ウメハラさんのイメージとしていつも飄々として周りの雑音など気にしない
強い人間だと思っていた。

しかし、この本ではウメハラさん自身ものすごいコンプレックスに悩んで
いた事を知った。また、自身は「決して天才ではないし、要領がいい訳でも
ない」と語っている。

また、興味を引いたのがウメハラさんが家族について語った部分である。
あのウメハラさんが成績優秀な姉と暗記の対決をした際に
「抜きん出た才能の前ではちょっとやそっとの努力では敵わない」
という意味合いの事を言っていた。天才と呼ばれるウメハラさん
がそんな事を感じた時期があったのが本当に意外だった。

そして「その才能に対抗するには物事を突き詰め必死に努力するしかない。
ギブアップしなければ負けではない」というニュアンスの話もしていた。

また、学校で就職先を選ぶ際にあまりに選択肢が少なくやりたい仕事がなかった
との話を読んだ時、確かに!と思った。学校が提示する仕事の選択肢は、世間一般
でいう無難な職業しかなくその無難なものの中からみんな仕方なく選んでいるの
だろう
...続きを読む ›
コメント 196人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ゲームのことはまったく知らないし、従って、この著者の世界での活躍ぶりも何も知らなかったが、この本を手にとり、すぐに、その内容の濃さ、重さが並大抵でないことを感じた。読み進めるうちに、驚きはますます大きくなった。というのは、書かれていることが、まったく異なる分野(例えば、私の活動領域である科学研究でも)で論じられたり、個人的にしばしば感じることとよく重なるためである。実は、私は入門の当時、この著者のゲームや麻雀での経験ととよく似て、どのようにして道を究めるか、究め続けるか、上達し続けるために何をするか、大いに悩み、その打開策を考えたことがあった。勝つか負けるかの2つに1つという勝負の世界独自の厳しさは、ある意味では、科学研究以上に、もっともっと自己の内面と向き合うことを強いるのだろう。当時の私は、武道とか、囲碁、将棋のプロの上達論、勝負論に関心を持って、そのような書物を読み、実践を見聞したが、今の若者は、ずばり本書を読むのがよいのではないか。私も繰り返し読みたいと思う。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す