この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

動脈列島 [DVD]

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 9,800より 中古品の出品:1¥ 6,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田宮二郎, 近藤正臣, 関根恵子, 梶芽衣子, 井川比佐志
  • 監督: 増村保造
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2010/06/09
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003E33RX2
  • EAN: 4988003801014
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 52,267位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

原作■清水一行
監督■増村保造
主演■田宮二郎、近藤正臣

脱線転覆の予告!新幹線の轟音が消える日- 一つの鋭利な頭脳が巨大な組織に挑戦した!緊迫の10日間を描くサスペンス超大作!
巨匠、増村保造監督が描いた超一級の社会派サスペンス!「新幹線大爆破」の陰に隠れた、幻の傑作がついに初DVD化!!

当時社会問題となっていた新幹線騒音公害を題材とし、日本推理作家協会賞を受賞した清水一行の原作を、巨匠増村保造監督が完全映画化した傑作サスペンス。「大空港」「タワーリング・インフェルノ」「サブウェイ・パニック」等々洋画のパニック映画全盛時代に作られた和製パニック映画の最高傑作のひとつである。同時期に東映がまったく同じ題材の「新幹線大爆破」を公開したため東宝vs東映の興行対決としても話題となった。その「新幹線大爆破」が本作より2ヶ月早く封切られ、エンターテイメント性を重視した派手なアクション娯楽作であったため、陰に隠れてしまった感のある本作だが、メッセージ性の強い社会派な内容と、静かにジリジリとサスペンス度を増していく巧みな演出は非常に評価が高い。また田宮二郎の演じる警察庁の犯罪科学捜査官は、現代では珍しくないプロファイリングという捜査手法で犯人を追い詰めていくが、邦画で犯罪心理捜査の手法を取り入れた最初期の作品である点も見逃せない。

★予告編、特報収録
★オリジナルネガからHDテレシネをした、最新のデジタルニューマスターを使用。
★待望の16:9LBシネマスコープ

内容(「Oricon」データベースより)

脱線転覆の予告!新幹線の轟音が消える日。一つの鋭利な頭脳が巨大な組織に挑戦した、緊迫の10日間を描くサスペンス超大作!巨匠・増村保造監督が描いた超一級の社会派サスペンス!「新幹線大爆破」の陰に隠れた幻の傑作がDVD化!田宮二郎、近藤正臣、関根恵子ほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
新幹線が絡んだ犯罪映画と言えば、真っ先に思い浮かぶのが東映が総力を結集して製作した「新幹線大爆破」であろう。
今作は時をほぼ同じくして東宝が製作した新幹線ネタのサスペンス作品。決して「新幹線大爆破」のようなパニック・スペクタクル作品ではない。
新幹線を脱線させるぞと当時の国鉄を脅迫する犯人とそれを阻止しようとする警察との丁々発止の駆け引きをサスペンスフルに描いている。
洋画ファンには「新幹線大爆破」が「ポセイドン・アドベンチャー」で「動脈列島」が「ジャガーノート」と言えば解って貰えるかもしれない。
両作品とも当時のオールスターを起用し、かなり金をかけた大作であり、娯楽性豊かな非常に面白い作品であるのに興行的には大コケ。
「新幹線大爆破」はその後仏蘭西などヨーロッパでヒットした為、ソフト化は何度かされたが、今作は今回初のDVD化。目出度い事です。
ちなみに「動脈列島」と言うタイトルがやや意味不明と思われるが、原作を読めばピーンときます。

研修医の秋山宏(近藤正臣)は恋人の薬剤師、君原知子(関根恵子)とともに新幹線騒音が原因で精神に異常をきたした老婆の最期を看取る。
遂にブチ切れた秋山は国鉄に対し復讐を決意。薬剤師を良い事に知子に病院からニトログリセリンを盗みださせ、自前で時限爆弾を作成。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hikagemono VINE メンバー 投稿日 2010/6/7
関西圏では、公開当時に浜村淳氏が例によってラジオ番組で絶賛していたし、「陰に隠れた」ような、マイナーな印象の作品ではなかったのだが…。
(レンタル用のビデオソフトも、比較的流通していたと思う。たとえば『ブルークリスマス』の方が、本作品よりもずっと、中古ビデオ市場でレア物だった)
ついでに言えば、『新幹線大爆破』もまた、当時の国鉄から撮影への協力が得られたわけでもなく、公開当時には、ヒットしたとは言いがたい興行成績であった。その意味では、この『動脈列島』と大差は無い。
本作品と『新幹線大爆破』との違いとしては、『新幹線大爆破』が、ひかり号の走行シーンにミニチュア特撮を多用した(と言うか、国鉄の撮影協力が得られず、多用せざるを得なかった)のに対して、本作では特撮を廃し、よりリアルな映像になっている点が挙げられる。
たとえば、主人公が「スピード0の信号電波」を用いて新幹線車両を停止させる場面では、実際に新幹線と高速道路が間近で並走し、新幹線側がタイミングよく減速する場所を選んでロケを行っている。
また、クライマックスの、ブルドーザーを新幹線線路に落として列車を破壊しようとする犯人側と、阻止しようとする警察側との対決の場面では、実物のブルドーザーが線路のフェンスに肉迫するサスペンスフルな映像が展開する。
こうしたリアリティに加えて
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
先日、、
某BS有料CHにてHV放送がされた。
当然DVDよりも鮮明な画質に喜びを感じた。
よって、、
HV放送よりもより綺麗な「Dリマスター」を施したBD化を渇望する。
リーズナブルな価格でね^^。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
世の中…便利な物が造られれば、必ず負の面が生まれる。新幹線・・当時、世界最速の列車。移動時間が短縮された反面、轟音という騒音の負の面を生み出した。この新幹線公害を無くす為、独りの男(病院の優秀なる研修医)・秋山(近藤正臣)が、国鉄と警察庁を相手に挑戦状を送り付ける。それは正義から生まれた悪を実行する為だった…。この秋山を逮捕する為、警察庁長官は頭脳明晰なエリート捜査官・滝川(田宮二郎)に、事件解決を託すのである。滝川捜査官を演じる田宮二郎の芝居が実に良かった。滝川を含めた6人の精鋭なる刑事たち…滝川はエリート役人に有りがちな上から目線の態度を一切取らず、常に低姿勢な仕事振りが凄く好感が持てた。特に、一人一人に握手を求めて逝き仲間意識を高めるという滝川の『アメリカ的スキンシップ行為』が実に清々しい。映画のラストで、犯人・秋山に呼び掛ける時も『秋山君!』…犯人に君付けする捜査官は、映画で初めて観た。犯人・秋山を演じる近藤正臣も、これまた哀愁があり人間臭く、悪の華が狂い咲きしていて実に渋かった。梶 芽衣子の女豹の様な眼線、関根恵子の悲運なる哀しい恋人役…脇役の俳優陣の存在感も実に素晴らしいです。★★★★★追記・・本作品、高倉健の『新幹線大爆破』と比較されているが、根本的に脚本が違いますから比較しては駄目です。僕は両作品とも大好きです。本作品『動脈列島』・・昭和の渋い役者の両雄…田宮二郎と近藤正臣の芝居力が輝る名作だと確信しています。以上です‥お粗末でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック