通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●カバー:ヤケなし、多少ヨレ、小キズあり●小口:ヤケなし●本体:ヤケなし■梱包:防水袋、クッション材■発送:主にゆうメール便を利用、発送後メールにて連絡■アマゾンのみで販売
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書) 新書 – 2001/11/20

5つ星のうち 3.6 53件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 35
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
  • +
  • ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)
  • +
  • 一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル (講談社文庫)
総額: ¥2,408
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

哲学の本でもなく、社会学の本でもなく、文化研究でもなく、サブカル評論でもなく、社会評論でもなく。
浅田彰と宮台真司と大塚英志と岡田斗司夫とフラットに並べて論じ、
サブカルチャーとハイカルチャーを行き来するはじめての書として、
2000年代以降の批評の方向を決定づけた歴史的論考。

また本書で語られているデータベース消費、解離的な人間といった分析は、
本が出てから十数年を経過した今日では、さらに有効性をもったキーワードとなっている。
これは、2001年当時は、本書のサブタイトルである「オタクから見た日本社会」であったものが、
いまでは「オタク」という言葉をつける必要がなくなっていることを意味している。

2000年代を代表する重要論考であるのと同時に、
2010年代も引き続き参照され続ける射程の長い批評書。

内容(「BOOK」データベースより)

オタクたちの消費行動の変化が社会に与える大きな影響とは?気鋭の批評家が鋭く論じる画期的な現代日本文化論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061495755
  • ISBN-13: 978-4061495753
  • 発売日: 2001/11/20
  • 梱包サイズ: 16.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 toshiyk 投稿日 2014/10/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
細部が飛躍だらけなので論理展開も結論も説得力なし。データベース理論はクトゥルー神話のようなもので、趣味人がいろいろ楽しく想像する土台にはなるのだろうが、現実を説明できるものではない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
全然練れてないと言わざるを得ません。
筆者は、データベースという情報処理の概念を正しく理解して無いでしょう。
なんとなく漠然とデータが溜まっているところ程度にしか思ってない。
例えば、現在のオタクと第一世代オタクとでは、正規化の手法やキーが違うんだというモデルの方が、より美しいじゃないですか。
なのに、いまさら「大きな物語」なんていうのを出さないと語れないところが、この人の能力の限界。
後半部分の HTML についての無理解が情報リテラシの致命的な低さを決定的に証明してます。
さらにこの作者は、オタクじゃないんです。
引用されてるアニメの不適切ぶりは無知と不見識の暴露以外の何ものでもありません。
東大出の肩書きとデリダなどの文献読み能力だけでオタクは切れません。
大塚英志や岡田斗司夫のように、オタクとしての何かを積み上げてから出直すのがよろしいでしょう。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 7,8年ぶりに再読。まだまだ有効な「オタク系文化」から見た(日本)文化論だと思う。

 文化的な「データベース」の表層としての「小さな物語」(シミュラークル)を動物的に消費するオタクは、価値観の宙吊りになったポストモダン社会に適応した存在であると。その姿は、私たちの時代(ポストモダン)の本質をよく現わしている。

***************

 個人的に筆者の見解を正しいと思ったのは、矢野経済研究所による「オタク市場分野別市場規模」で、ボーイズラブが216億(2011年)となっていたのを見たところからだ。この本を再読しようとしたきっかけでもあるが、注48で、

「商業ベースでの動きを見るかぎり、その女性たちですら、若い世代では動物化しデータベース化しつつあるようにも思われる」

とある。200億という数字は、映画の劇場での興行収入が2000億程度なのを考えるなら小さいものとは言えないし、年1万円使うユーザーが200万人か10万円が20万人か分からないが、相当な規模だ。
 BLについてはほぼ何も知らないので確実なことは言えないが、どれも似たり寄ったりの絵柄で似たような話ばかりなんだろう、と部外者からすれば思う。「オタク系文化」に理解のない「一般人」からすれば、オタク系文
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
現代の文化状況のある側面をきれいに分析しているとは思います。そしてそれで著者の目的は達されているのでしょう。・・・・・・しかし、オタクの兄との不和、オタクの息子との会話の断絶、オタクの生徒とのコミュニケーション、オタクの新入社員の採用の可否、、などの実践的な問題を抱えながら、オタクについてもっと深く知りたいと考えている人にとっては、この本を読んでも、得られるものはほとんど無いはずです。・・・・つまり、この書物には、具体的に生き生きとしたオタクが登場しないし、感じられないということです。著者には、どれだけオタクと呼びうる、具体的な人物の知り合いがいるのだろうか???・・・著者は「オタク」についての実念論に陥っている。だから、著者には是非、オタクという言葉を用いずに、オタク文化について評論してもらいたいものです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
全体を読んで「ふ~ん」という感触。別に、これを読んだからといって何かが変わるわけでもない。なぜかというと、この本が
①オタクに何か新しい発見をもたらすわけでもなく
②ポストモダン哲学に何か新しい発見をもたらすわけでもない
からで、全部読んで、そんなこともあるっかな~と思う人もいるだろうというぐらい。この本を必要とするのは、
ⅰ役にも立たないポストモダン哲学をがんばってお勉強したが、せっかくの理論で斬る相手がいない!! わ~さびし~な人たち
ⅱポストモダンだってこんな分析ができるんだよ、と何が何でも示したい人たち
であって、多くの人にはどうでもいい話なのね。残念ながら。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
多く語る気になれない本です。
この著作を書いた時点での東氏は、オタク文化の表層をなぞってるだけで、根本や常識的な事すら全く理解してません。
読むだけ時間の無駄です。この本を凄いを思ってる人が居たらソーカル事件の本でも読んでください。

一例を挙げると『メガゾーン23』というアニメで、人々を欺いている仮想現実が、八十年代の東京に設定されている事に意味があると、ダラダラ考察していますが、それは単に『メガゾーン23』が1985年に製作されたので八十年代を舞台にしているだけです。ごく常識的な思考能力があれば、すぐに分かることだと思うのですが…。
(映画『マトリックス』の仮想現実世界が、2000年前後を舞台にしてるのに、その頃がポストモダン哲学の転機だった。だの、大きな意味があると、長々論じているようなものです)
本書で論じられている、「シミュラークル」や「データベース」も、単なる言葉遊びで、シャイクスピアの時代から存在したものであり、オタクやポストモダンと関連付ける必然性が全く感じられません。

ただ、その後の東氏は、オタクカルチャーをよく研究するようになられたので、この本以外は東氏自身が門外漢の人間として、或いはオタク的な立場からオタク文化を観察したエッセイ本として非常に興味深く読めます。
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー