この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


動学的パネルデータ分析 (日本語) 単行本 – 2011/2/28

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥21,733 ¥7,989
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細


最大5,000ポイント還元
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

動学的な計量分析としては時系列分析が代表的であるが,時系列分析は動学的パネル分析における重要な構成要素である。しかしパネルデータは時系列データに比べクロスセクションデータが増えたため,時系列分析の拡張ではパネル分析に対応できず,独自の手法を必要とする。
本書は初めにパネルデータ分析の計量手法についての基本的な考え方を解説する。第I部では定常な動学的パネル分析を扱う。外生変数を含まない簡単なモデルにより,動学的パネルモデル分析の基本的な結果を整理して解説する。それらを外生変数を含む場合に展開し,定常的パネルモデルの検定やさまざまな拡張を扱い,代表的なアプローチと問題点を整理する。
第II部では非定常な動学的パネル分析を取り上げ,パネルデータを用いた単位根検定や共和分の問題を扱う。ここではパネルデータのクロスセクション間に相関がない第1世代と相関がある第2世代に分けて分析する。第1世代のパネル単位根検定ならびにパネル定常性検定の解説を踏まえて,今世紀に入り新しい考え方が提案され著しい進展を見せている最先端の研究を紹介する。
今日,計量ソフトの充実は目覚ましく,考え方が分かれば実証分析に進むことができる。本書は最先端の動学的パネル分析への橋渡し役を目指すものであり,大学院生や実務家,計量経済学を専門としない研究者を対象とする本格的な中級テキストである。


登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 知泉書館 (2011/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862851029
  • ISBN-13: 978-4862851024
  • 発売日: 2011/2/28
  • 梱包サイズ: 22.4 x 15.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 937,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2011年4月10日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告