通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

動くが負け―0勝144敗から考える監督論 (幻冬舎新書) 新書 – 2010/7

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 動くが負け―0勝144敗から考える監督論 (幻冬舎新書)
  • +
  • そら、そうよ (宝島SUGOI文庫)
  • +
  • プロ野球 構造改革論 (宝島社新書)
総額: ¥2,289
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

岡田彰布は決して先には仕掛けない。彼は作戦において、常に相手の狙いを知ってから、それを上回る策を講じ、勝利を積み重ねてきた。それは最悪の展開を常に想定して、「完璧な準備」をしているからできること。スポーツ紙の片隅にある一人の選手の負傷記事から相手の意外な先発を察知し、裏の裏をかく。チームの結束を保つために、勝手な振る舞いをした不動の四番打者を開幕直前にスタメンからはずす。デビュー戦で自信をつけさせるために、新人投手は相手のローテーションの谷間にぶつける。かつて阪神を優勝に導き、現在オリックスを躍進させる名将の極意。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岡田/彰布
1957年、大阪府生まれ。北陽高校一年時に、夏の甲子園出場。76年に早稲田大学に進学、主将も務める。80年、ドラフト一位で阪神タイガースに入団。85年、不動の五番として阪神を21年ぶりのリーグ優勝、さらに悲願の日本一に導く。95年に現役を引退し、翌年にオリックスの二軍で指導者人生をスタートする。2004年、阪神の第三十代監督に就任し、05年にセ・リーグ優勝を果たす。08年、阪神の監督を退任、10年、オリックス・バファローズの監督に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 185ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344981782
  • ISBN-13: 978-4344981782
  • 発売日: 2010/07
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 281,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
1985年の阪神リーグ優勝時の5番打者として活躍され、バース・掛布と共に猛虎打線の主軸として活躍した著者の監督論。

著者は選手としては長距離打者として活躍しながらも30本塁打以上を記録したのは前述の1985年のシーズンのみ。
どうにも不完全燃焼といいますか、知名度の割に中途半端な実績で終わった感があります。

ですが引退後に移籍先のオリックスで2軍監督を務め、指導者としての下地を養った。
その後は阪神監督になり2005年には悲願のリーグ制覇を達成。
だが、2008年には辞任し、その後2010年からオリックスブルーウェーブの監督に就任した。

監督として描くチーム像は「守備・投手を基本とした守りの野球」と断言。
自身が所属して打撃で圧倒的な力で日本一に輝いた阪神時代を引き合いにし、
「打撃は水もので、長続きはしない」と悟ることになった。
セ・リーグで長く主力打者を務めた末に晩年にパ・リーグに移籍した著者の目標のひとつが
「大味だったパ・リーグの野球に緻密なセ・リーグの野球を持ち込む」というもの。

継投は基本的に「今投げている投手より力のあるボールが投げられるのか?」で決めるそうです。
救援する以上、現在の投手より格下のボー
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ここ最近、野球関連の本を読んでいますが、本書は指導者の立場から書いたもので、現役選手との大きな違いを感じました。一般人から見ると、とても想像つかないようなものです。

たとえば、あれだけ現役で実績を残した岡田氏でも、2軍コーチからスタートすれば、相手がプロでも、いきなりバットの握り方を教えるところから始める。これは、2軍に下手な選手が多いからだそうで、自分の現役時代の打撃レベルよりも、レベルを落とさなくてはならないそうです。

また、監督であれば、今の野球は情報戦なので、スポーツ紙を毎日全部読んで、明日の先発予想をすべてチェックし、一つ一つ可能性をつぶしていく、相手球団野手の出場が微妙と出れば、翌日の練習ではその選手の怪我具合を目視でチェックする…といった、緻密な部分を感じます。

おそらくは、選手やファンに見えない緻密な部分がたくさんあるのでしょう。野球をしている人、指導者にとっては、視野を広げる一冊になるでしょう。

個人的には、野球と関連がない、『他人の気持ちを知る術のひとつに「こちらは喋らずに相手に喋らせる」という方法がある。』と言う心理学的な部分が参考になりました。岡田氏の経験では、自信がない、あるいは不安過剰の人はよく喋るのだそうで、相手の気持ちを知る術のひとつだとか。新聞から選手の考えを知
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
岡田氏はこのように考えているのだ、と言うのがわかった本。
非常に理論立てている。

これは晩年オリックスにトレードされたことと、二軍監督をしたことがあるのだろう。
いわゆる野球エリートが二軍を率いることで出来ない人の気持ち、心理がわかったということがある。

しかし、氏は顔のせいか損をしているな、と思う。
御世辞にも知性派には見えないからな。

氏の采配に注目です。どう立て直すか?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
野球論も監督(リーダー)論もストレートに書かれていて、素直に読める。
特に、指導者論に関しては2軍監督を通して培われた土台の上に立つもので
しっかりとした重みがあり、会社などで部下を指導する立場の人でも十分参考になる。

私は阪神ファンなので、この本をはじめとする監督を退いた後に書いた著作を片手に
岡田監督の采配を見たかったのが正直な気持ちです。
深い理論の中に、選手を思いやる気持ちにあふれた熱い男ということを
阪神監督時代は知ることもなく過ごしてしまったことが、残念です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aaa0042 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/18
形式: 新書
 以前読んだ「阪神はなぜ勝てないのか」は、真弓監督の采配や阪神球団の
批判がえげつなくてずいぶん落胆しました。しかし、本書では指揮官として
の岡田監督の考えが理路整然と述べられており、監督岡田彰布の力量を感じ
ることができました。「抑え投手の性格はビビリのほうがいい」「つなぐ
バッティングは2番打者と7番打者だけでよい」「1イニングで絶対に2人の
ピッチャーをつぶしてはいけない」などたいへんわかりやすい理論にも感心
させられました。
 交流戦優勝は果たしたものの、まだまだ発展途上のオリックスが、今後
どれだけ常勝球団に変身することができるか楽しみです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告