Facebook Twitter LINE
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 1,700 (63%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,000
Kindle版
¥ 2,700
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 1,700 (63%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 162pt (6%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化... がカートに入りました
+ ¥ 256 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、多少の汚れなどの使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。当社2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。ゆうメールは、日曜、祝日の配達がないため到着予定日が日曜 祝日と重なる場合は、翌平日の配達となります。ご了承いただけましたら幸いです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 単行本 – 2013/10/23

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 384
文庫 ¥ 1,080 ¥ 793
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学
  • +
  • 勉強の哲学 来たるべきバカのために
  • +
  • メイキング・オブ・勉強の哲学
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 286pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

つながりすぎ、動きすぎで〈接続過剰〉になった世界で「切断の哲学」を思考する画期的ドゥルーズ論----浅田彰、東浩紀両氏が絶賛する思想界の超新星、衝撃のデビュー!


“もっと動けばもっとよくなる"
“もっともっとつながりたい"
……動きすぎ、関係しすぎて、ついには身動きがとれなくなった世界でいかに生きるか。
待望のドゥルーズ入門。

ドゥルーズ哲学の正しい解説? そんなことは退屈な優等生どもに任せておけ。
ドゥルーズ哲学を変奏し、自らもそれに従って変身しつつ、
「その場にいるままでも速くある」ための、これは素敵にワイルドな導きの書だ。
----浅田彰

超越論的でも経験的でもなく、父でもなく母でもない「中途半端」な哲学。
本書は『存在論的、郵便的』の、15年後に産まれた存在論的継承者だ。
----東浩紀

【目次】
【序----切断論】
0-1 『アンチ・オイディプス』と『千のプラトー』
0-2 非意味的切断の原理
0-3 接続的/切断的ドゥルーズ
0-4 CsO、LSD、H!O
0-5 生成変化を乱したくなければ、動きすぎてはいけない
0-6 方法----ドゥルーズ哲学の幼年期へ
0-7 セルフエンジョイメント

【第1章】 生成変化の原理
1-1 物化と生成変化----万物斉同に抗する区別
1-2 生成変化論のレトリック(1)----区別のある匿名性
1-3 生成変化論のレトリック(2)----微粒子の関係
1-4 出来事と身体をパフォームする
1-5 心身並行論と薬毒分析
1-6 スピノザ主義から関係の外在性へ

【第2章】 関係の外在性----ドゥルーズのヒューム主義
2-1 『経験論と主体性』によるカント批判
2-2 差異=分離の原理
2-3 空間と恩寵
2-4 メイヤスーとハーマン
2-5 事情、因果性の部分化
2-6 結果=効果の存在論
2-7 原子論に対する思弁的解決
2-8 汎--観想論----時間の第一の総合

【第3章】 存在論的ファシズム
3-1 生気論的ホーリズム----《宇宙》
3-2 潜在性の逆超越化
3-3 代理-表象不可能性----時間の第二・第三の総合
3-4 構造主義的ホーリズム----《欠如》
3-5 ガタリとラカン
3-6 否定神学批判、複数的な外部性、変態する個体化

【第4章】 『ニーチェと哲学』における〈結婚存在論〉の脱構築
4-1 肯定を肯定する
4-2 ニーチェの多元論=経験論
4-3 ディオニュソスとアリアドネの結婚
4-4 ニヒリズムの徹底

【第5章】 個体化の要請----『差異と反復』における分離の問題
5-0 後半への序----関係主義から無関係の哲学へ
5-1 やる気のない他者と超越論的愚かさ
5-2 イロニーからユーモアへの折り返し
5-3 二つの現働性
5-4 強度=内包性の倫理

【第6章】 表面、深層、尿道----『意味の論理学』における器官なき身体の位置
6-1 表面の無-意味----《裂け目》
6-2 深層の下-意味----多孔性・多傷性
6-3 肛門的、尿道的、性器的

【第7章】ルイス・ウルフソンの半端さ
7-1 ドント・トリップ・オーバー・ザ・ワイヤー
7-2 成功したメランコリー

【第8章】 形態と否認----『感覚の論理』から『マゾッホ紹介』へ
8-1 純粋形式と非形態 vs 歪曲された形象
8-2 純粋否定と死の本能
8-3 否認、一次マゾヒズム
8-4 快原理の二つの彼岸

【第9章】 動物への生成変化
9-1 中間の動物
9-2 ユクスキュルのダニ
9-3 エチカ=エソロジーの陰
9-4 ノマドの暗い底
9-5 死を知る動物

エピローグ----海辺の弁護士

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

“もっと動けばもっとよくなる”“もっともっとつながりたい”…動きすぎ、関係しすぎて、ついには身動きがとれなくなった世界でいかに生きるか。待望のドゥルーズ入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309246354
  • ISBN-13: 978-4309246352
  • 発売日: 2013/10/23
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 312,877位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

10件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

10件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年9月11日
形式: 文庫Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月14日
形式: 文庫
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月10日
形式: 文庫
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月12日
形式: 文庫
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告