通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯なし。カバーに若干の擦れ・汚れがあります。中は概ね良好です。OPP袋に梱包後にアマゾン管理シールを貼ってます。ご注文後、Amazon配送センターより発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 単行本 – 2013/10/23

5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,091

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学
  • +
  • 別のしかたで:ツイッター哲学
  • +
  • ドゥルーズの哲学原理 (岩波現代全書)
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

つながりすぎ、動きすぎで〈接続過剰〉になった世界で「切断の哲学」を思考する画期的ドゥルーズ論----浅田彰、東浩紀両氏が絶賛する思想界の超新星、衝撃のデビュー!


“もっと動けばもっとよくなる"
“もっともっとつながりたい"
……動きすぎ、関係しすぎて、ついには身動きがとれなくなった世界でいかに生きるか。
待望のドゥルーズ入門。

ドゥルーズ哲学の正しい解説? そんなことは退屈な優等生どもに任せておけ。
ドゥルーズ哲学を変奏し、自らもそれに従って変身しつつ、
「その場にいるままでも速くある」ための、これは素敵にワイルドな導きの書だ。
----浅田彰

超越論的でも経験的でもなく、父でもなく母でもない「中途半端」な哲学。
本書は『存在論的、郵便的』の、15年後に産まれた存在論的継承者だ。
----東浩紀

【目次】
【序----切断論】
0-1 『アンチ・オイディプス』と『千のプラトー』
0-2 非意味的切断の原理
0-3 接続的/切断的ドゥルーズ
0-4 CsO、LSD、H!O
0-5 生成変化を乱したくなければ、動きすぎてはいけない
0-6 方法----ドゥルーズ哲学の幼年期へ
0-7 セルフエンジョイメント

【第1章】 生成変化の原理
1-1 物化と生成変化----万物斉同に抗する区別
1-2 生成変化論のレトリック(1)----区別のある匿名性
1-3 生成変化論のレトリック(2)----微粒子の関係
1-4 出来事と身体をパフォームする
1-5 心身並行論と薬毒分析
1-6 スピノザ主義から関係の外在性へ

【第2章】 関係の外在性----ドゥルーズのヒューム主義
2-1 『経験論と主体性』によるカント批判
2-2 差異=分離の原理
2-3 空間と恩寵
2-4 メイヤスーとハーマン
2-5 事情、因果性の部分化
2-6 結果=効果の存在論
2-7 原子論に対する思弁的解決
2-8 汎--観想論----時間の第一の総合

【第3章】 存在論的ファシズム
3-1 生気論的ホーリズム----《宇宙》
3-2 潜在性の逆超越化
3-3 代理-表象不可能性----時間の第二・第三の総合
3-4 構造主義的ホーリズム----《欠如》
3-5 ガタリとラカン
3-6 否定神学批判、複数的な外部性、変態する個体化

【第4章】 『ニーチェと哲学』における〈結婚存在論〉の脱構築
4-1 肯定を肯定する
4-2 ニーチェの多元論=経験論
4-3 ディオニュソスとアリアドネの結婚
4-4 ニヒリズムの徹底

【第5章】 個体化の要請----『差異と反復』における分離の問題
5-0 後半への序----関係主義から無関係の哲学へ
5-1 やる気のない他者と超越論的愚かさ
5-2 イロニーからユーモアへの折り返し
5-3 二つの現働性
5-4 強度=内包性の倫理

【第6章】 表面、深層、尿道----『意味の論理学』における器官なき身体の位置
6-1 表面の無-意味----《裂け目》
6-2 深層の下-意味----多孔性・多傷性
6-3 肛門的、尿道的、性器的

【第7章】ルイス・ウルフソンの半端さ
7-1 ドント・トリップ・オーバー・ザ・ワイヤー
7-2 成功したメランコリー

【第8章】 形態と否認----『感覚の論理』から『マゾッホ紹介』へ
8-1 純粋形式と非形態 vs 歪曲された形象
8-2 純粋否定と死の本能
8-3 否認、一次マゾヒズム
8-4 快原理の二つの彼岸

【第9章】 動物への生成変化
9-1 中間の動物
9-2 ユクスキュルのダニ
9-3 エチカ=エソロジーの陰
9-4 ノマドの暗い底
9-5 死を知る動物

エピローグ----海辺の弁護士

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

“もっと動けばもっとよくなる”“もっともっとつながりたい”…動きすぎ、関係しすぎて、ついには身動きがとれなくなった世界でいかに生きるか。待望のドゥルーズ入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309246354
  • ISBN-13: 978-4309246352
  • 発売日: 2013/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 201,804位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ぼく自身は、ドゥルーズの著作はよく読んでいます。

『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『意味の論理学』『差異と反復』フーコー』『ニーチェと哲学』『カントの批判哲学』は読了済み。レヴィナス『全体性と無限』も読んでいます。その上での「2回読んだ時点」での感想です。

序章はすばらしい。東大卒らしく、手早くドゥルーズの考えをまとめ、興味深い問題を提示している。その中でもキーとなるのは、次の一節かな。

《もっと動けばもっと良くなると、ひとはしばしば思いがちである。ひとは動きすぎになり多くのことに関係しすぎて身動きがとれなくなる。創造的になるには、「すぎない」程に動くのでなければならない。動きすぎの手前に留まること。そのためには、自分が他者から部分的に切り離されてしまうに任せるのである》

「動きすぎ」「多くのことに関係しすぎ」のことを、著者は「接続過剰」と表現している。
それに対して、切断すること。切断によって、接続過剰を抑えること。

大衆にとっても身近な問題設定だ。非常に興味そそられる内容だが、第6章以降、議論は錯綜していく。

接続過剰と切断をめぐって話が進んでいたはずが……ええと、今、何やってるの? これからどこへ行きたいの? 今この難しい話をし
...続きを読む ›
コメント 183人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐野波布一 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/3/8
形式: 単行本
まず、東大の哲学研究はフランス現代思想(の一部)に偏りすぎていると思います。
発想が膠着している印象です。

この本にも同じ印象を感じました。
日本哲学の若手ヒーローの系図はどうしていつもこれなのか。

浅田彰はスキゾを持ち上げましたが、
日本において天才はパラノばかりだ、と柄谷行人が言ったように、
そもそも分裂症的な日本人にそんなこと言って近代の反省(ポストモダン)になるの?
というのが僕の疑問でした。
千葉も相変わらずスキゾを持ち上げればいいと思っている点で進歩がないようです。

東浩紀は切断の必要性を訴えましたが、
結局は「日本のオタクは最先端だ」と言いたかっただけでした。
政治的コミットメントを嫌う日本人に、
切断の必要性を説くことで近代の反省(ポストモダン)になるの?
というのが僕の疑問でした。
千葉の非意味的切断もそれほど変わらない感じです。

千葉は接続的なベルクソン的ドゥルーズに対し、
切断的なヒューム的ドゥルーズも忘れてはならないと言いたいようです。

両方でワンセットという前提はいいと思います。
そこは僕も理解しています。
<
...続きを読む ›
コメント 134人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
グローバルな資本主義とインターネットが張り巡らされた世界、
それはまるでドゥルーズが解放のために唱えた中心をもたない
ネットワーク状の秩序であるリゾームがもっていた抑圧性が露見したかのようだ。
ドゥルーズの哲学は所詮、単なる楽観主義者として捨て去ればいいのだろうか?

筆者はその問いに対し「リゾームは切断されなければならない」と否を突きつける。
ドゥルーズ研究者でさえこれまで重要視してこなかった
初期ドゥルーズのヒューム主義にスポットライトを当てて、
これまでの動的な過剰なドゥルーズ哲学をクールダウンさせていく。
そこから生まれるのは威勢よく立ち向かう明るいドゥルーズ主義ではなく
憂いや不安に常に付きまとわれた暗いドゥルーズ主義だ。

本書で一つ疑問なのは筆者は「つながりすぎ」であることを問題視するあまり
「つながり」そのものに対する考察が不足しているように見える。
つまり現状は「悪いつながり」のつながりすぎであり本当に必要である
「良いつながり」については今日であってもつながら過ぎている、
という解釈の余地はあるのではないか。いずれにせよ今目の前にある
「つながり」に対して切断を敢行すべきであることには違いない。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 「料理研究家」研究家 VINE メンバー 投稿日 2014/1/27
形式: 単行本
 確か、「現代思想」の哲学者の中では、「動き続けろ!」という思想の方が重きをなしていると思われる。そこを、あえて、「動きすぎてはいけない」という言辞を持ち出してくるのは、それだけで、すでに、文字通り、「反動」である。

 一時期、新しがりの若者の間にはやった「フランスの現代思想家」が、またぞろ「亡霊のように徘徊しだした」というべきか。読者は、あの東浩紀のデリダ論(だかなんだか)『存在論的、郵便的』から15年も経っていることに留意すべきである。またこんなことを書く若者(って、35才くらいであるが)が登場したということは、浅田彰も東浩紀も、なんの意味もなかったということである。

 確かに本書の、「序」である「切断論」は、よくまとまったドゥルーズ論になっているので、へたな新書の入門書より、こちらの方をリファレンスとして読みかつ保存しておいた方がいいかもしれない。

 本書では、アガンベンなどのイタリアの現代思想家にも多少触れている。ドゥルーズが「ポストポスト構造主義」なら、その先は、どうも、イタリアの方に流れているようである。しかし、本著者を生んだ、東大ー京大アカデミズムの磁場は、フランス語を中心とするフランス哲学界にあるようだから、哲学を学ぶには、まずその言語に通暁しないといけないとなると、イタリア語系の学者が手薄という事態
...続きを読む ›
2 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告