通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」に... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法 単行本 – 2009/12/11

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法
  • +
  • 人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社+α新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「若手ビジネスパーソンの3人に1人が参加経験あり」という
調査もあるほど、「勉強会」がブームなっています。

その理由は、勉強会が、

・新しい知識、スキルが身につく
・広い視野をもてる
・ビジネスにもつながる気心の知れた人脈ができる
・「転職のアテ」を確保しておける
・「毎日同じことの繰り返し」から抜け出せる

と、ビジネスパーソンなら誰もが欲しがる能力やチャンスを、
一度にすべて手に入れることができる「急成長の場」だからです。

本書は、勉強会のおかげで

・仕事がものすごくうまく回り始め、
・広い人脈を築き、
・ヘッドハントされて転職し、
・年収が何倍にも増え、
・書籍の出版まで果たした

筆者が、勉強会から得られるメリット、勉強会の探し方と効率的な参加の仕方、
勉強会の立ち上げノウハウまでを、わかりやすく解説します。
本書を読んで勉強会に参加すれば、きっとこれまでとは違う毎日が
あなたを待っています!

内容(「BOOK」データベースより)

急成長する人は金曜夜に何をしているのか?大ブーム!3人に1人が参加するビジネススキル養成所。「情報・スキル・人脈」が身につき、会社の悩みがどうでもよくなる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2009/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492043608
  • ISBN-13: 978-4492043608
  • 発売日: 2009/12/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 619,618位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
セミナーの設計や運営をしている人間が言うのはおかしな話ですが、私は自分がセミナー類を受けるのはあまり好きではありません。本書の中で読書と比較して勉強会がいかに優れているかという箇所がありましたが、本を読むことによる学習効果を履き違えて「勉強会に出てさえいれば本は読まなくていいんだ」と思われてしまいそうなので補足したいと思います。

セミナー、講演をする人くらいになるとたいていは本を出しており、講演もそこに書いてあることが大体話されます。本文中、著書に書いていない裏話が聞けるとありましたがそもそも書いてある内容を読まずに裏話だけで満足してしまうのは、映画のメイキングだけ見てその映画を評価するようなものです。もしVIPがスピーカーの場合は最近の著書くらい読んで勉強会に臨むのが常識というものでしょう。著者は勉強会をもっとメジャーにしたいという目的があるのでしょう。勉強会にでて成長するにはそれなりの努力をしなければならないことをだいぶマイルドに書いているように思いました。勉強会に出るに当たり、スピーカーの著書を読むくらいのことは、本書の著者はもちろん、勉強会で成長をしている人は普通にやっていると思います。

著者は勉強会という媒体を通してキャリアアップを果たした成功例ではありますが、自分の業界、目指すゴール、目的をよく検討してどんな媒体がもっとも効率
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者はヘッドハントされた経験もある現役マーケッターで、長年続く勉強会も主宰するこの道のベテラン。4章・計17節はプレゼンを意識した構成で、各節の主張は明快。目次から内容が予想できるという、ビジネス書の王道。

主張はよっつ。「日常の不安は、勉強会で解決する」「初参加時から成功する方法」「主催してこそ利点が多い」「一流のプロに共通する思考法」。勉強会の主催自体が、ビジネススキル向上の場、という考え方は、確かにその通りと思う。

勉強会の対象層は消費者向けマーケッターで、アイデアの集積とコラボレーションの発生を期待している模様。しかし、このタイトルを付けて一般的な勉強会の解説をするならば、他の分野に従事する人間にとってのメリットにも言及があって良かったのではないかと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シンゲン VINE メンバー 投稿日 2010/1/15
形式: 単行本
日本最大のマーケティング勉強会を主催している方が書かれた、
勉強会についての本。

内容としては、

・勉強会に参加すると何が良いのか?
・勉強会に参加するためにはどうすればいいのか?
・勉強会の主催者になるとより大きなメリットがある
・著者の持っている考え方

この4つの章で構成されていて、
それぞれの章でそれらの内容が、
とてもわかりやすく書かれているように感じます。

勉強会について詳しく知りたいと思っている人には、
読んで損はない1冊だと思いました。

ただ、今現在勉強会に参加されている方にとっては、
あまりこの本から得る情報は少ないように感じます。

また、4章の著者の考え方が書かれている部分で、
個人的に印象に残ったのが、

・ひもかじ(人、モノ、カネ、情報)理論。
仲良くなりたい人にはひもかじをどんどん提供することが大切で、
提供することは結果的に大きなリターンになること。

・日常生活で起こったマイナスの要因について、
それを前向きにとらえていくために、
小さい事は消しゴムで消す、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ビジネスパーソンの3人に1人が参加するという大ブームの勉強会。著者は現
役サラリーマンながら、日本最大のマーケティング勉強会を主催する勉強会研
究家。わたしも最近、勉強会にはまっており、思わずこの本を手に取りました。

第1章は「勉強会の分類と参加するメリット」、第2章は「勉強会の選び方」、
第3章は「主催のメリットと運営方法」、第4章は「勉強会で成功している人の
共通点」を述べています。

わたしは、著書で言う「普通勉強会」に参加。会社では得られなかった人脈の広
がりを実感しています。筆者はとくに「最強勉強会」を推薦。なるほど、マーケ
ッターなど特定の職種が集まる濃密な勉強会は圧倒的な量と質をインプットでき
るとの主張に納得します。

たしかに、勉強会ですべてを解決できるほど世の中は甘くありません。最後は、
いかに主体的に動くか。著者自身も最終章で「やりたいことをやる」「ひもかじ」
など紹介し、自分から動くことの大切さを強調しています。

「勉強会の活用方法」と言う新しい切り口の自己啓発本。具体的なアドバイスが豊
富で、勉強会に少しでも興味がある人に、是非おすすめです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック