¥ 1,512
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
勉強の哲学 来たるべきバカのために がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勉強の哲学 来たるべきバカのために 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/11

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,963

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 勉強の哲学 来たるべきバカのために
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
  • +
  • SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 62pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

勉強ができるようになるためには、変身が必要だ。
勉強とは、かつての自分を失うことである。
深い勉強とは、恐るべき変身に身を投じることであり、
それは恐るべき快楽に身を浸すことである。
そして何か新しい生き方を求めるときが、
勉強に取り組む最高のチャンスとなる。

なぜ人は勉強するのか?
勉強嫌いな人が勉強に取り組むにはどうすべきなのか?
思想界をリードする気鋭の哲学者が、
「有限化」「切断」「中断」の技法とともに、
独学で勉強するための方法論を追究した本格的勉強論。

内容(「BOOK」データベースより)

人生の根底に革命を起こす「深い」勉強、その原理と実践。勉強とは、これまでの自分を失って、変身することである。だが人はおそらく、変身を恐れるから勉強を恐れている。思想界をリードする気鋭の哲学者による本格的勉強論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 237ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/4/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905367
  • ISBN-13: 978-4163905365
  • 発売日: 2017/4/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/4/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本当の勉強は自己破壊、という言葉が
心に残った。

勉強を深めるにつれ、
これまでのノリが失われて
「昔はバカやったよな~」という時期がくる。
けれどもその次には
同調圧力にうまくノッて
みんなと和気あいあいだった昔とは違う、

新しい自分=「来たるべきバカ」になる可能性が開ける…。

「深い」勉強は、ちょっとした調べものから始まります。
ちょっとした調べものから、変身が始まる。
いま何か気になっている、調べたいことはありませんか。

ぬるま湯に浸っている自分に
揺さぶりをかけたくなる、学問のすすめガイド。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ドゥルーズ論「動きすぎてはいけない」からメイヤスー「有限性の後で」の翻訳まで、現代思想をアクロバティックに、かつ生きた思想として語る著者の、少年のような一冊です。「自分は、環境のノリに、無意識なレベルで乗っ取られている」「不透明な異物としての言葉」「言葉は人間のリモコンである」など、学校の帰り道に雑談するように、我々を取り巻く言語、他者、現実について、ソフトな語りが展開されます。単行本ですが、ソフトカバーなので読みやすい作りです。千葉雅也さんて何についてどんな話し方をする人か?という問いに、この本の表紙の白地のように無垢に答えています。それこそが「来るべきバカ」を語る著者の自画像でもあります。年齢を問わず、休み時間や放課後の哲学話が好きだった人に、いろいろなヒントを与えてくれるでしょう。個人的には、アイロニーとユーモアのあいだの差異と反復の先に「読書というのは、知らない部屋にパッと入って、物の位置関係を把握するようなイメージ」という著者の自由な思考構造に「バカであることには…可能性の増殖のなかで迷うことがない」という一文を見つける瞬間のスリリングさが、この本とひと時を過ごす良さでしょう。どこか生成し続けるインスタレーションを観るようなアート性もある学問哲学です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 いま注目の哲学者が語る勉強本である。哲学の予備知識がなくても自己啓発書のように読むことができる。教育的配慮の行き届いた丁寧な語り方が印象的だ。勉強の原理を定式化したあとで、実践的な勉強法の提案もしてくれる。ただし具体的に使えるからといって、自己啓発書にありがちなカンタンな内容ではない。哲学・現代思想・精神分析等の英知を凝縮した議論になっている。読みやすいからといってレベルが低いわけで決してない。そのため哲学の入門書としても読むことができる。

 本書の勉強論の骨子を簡単に述べておく。そもそも勉強とは何か。知識を増やすことが勉強なのではないと千葉は言う。そうではなくて、勉強とは過去の自分を捨てることである。言い換えれば、いま自分がいる環境から自由になることだ。
 勉強のプロセスは次のようになる。まず、身近な環境を客観的に分析し、その環境と自分のあり方がどのように癒着しているかを理解する必要がある。ここでは批判的思考(アイロニー)を用いる。次に、現実の環境に対して、新たな見方を創造していく(ユーモア)。アイロニーとユーモアをうまく使い分けることによって、その環境を相対化していく。そうすると環境における「こうするもんだ」という空気から自由になれる。環境から自由になれば自分らしく生きることができる。しかし千葉の議論はここで終わらない。さらに、自分らしく生きる
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 私自身が著者の研究領域に近い大学院にいたため、本書の意図することは憚りながら割と理解できた。これはすでに「比較を続けている」研究者たちの下で学び、アイロニックな見方の初歩をそこで身に付けることが出来たからだろう。著者が「リア充に向けて書いた」と言っているように、『動きすぎてはいけない』を一応なんとか読み通せるような方は、本書が「端から端までが新鮮な読書体験」とはいかないかもしれない。

 しかしながら、実際は読み進めるうちに、本を置いてふと過去の自分をふり返えさせられることが多かった・・・。ついやってしまうのが本書で紹介されていた「食事の席などで誰かの言ったことに対して、なんでもメタレベルに遡行して脱臼させるふるまい」である(そのなんと場をシラケさせることか・・・、そして内心呆れつつウンウン聞いてくれる人たちのなんと性格の良いことか・・・)。
 もちろん学問的知見が場を賦活させることがあるかもしれない。が、しかし多くの人が仕事なり生活なりによって得ている経験的な知とリンクさせて展開しないと、どうしても場はシラケる。調子に乗って「口唇的な快楽」(独り語り)なんて始めようもんなら目も当てられない(アイタタ・・・)。

 そんな状況に対して著者が用意するのが、ユーモアの二種類の方向だ。その内容は本書で身近な例を挙げて懇切丁寧に解説されて
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告