Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 680

¥ 54の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[内堀 優一]の勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (NOVEL 0)
Kindle App Ad

勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (NOVEL 0) Kindle版

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 680
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 118

商品の説明

内容紹介

烙印の子として虐げられて育った少年ヴィスと、かつて世界を救った伝説の勇者グレン。その出会いが、欠落した少年を一人の強き戦士へと導いた。これが「男泣きファンタジー」!

内容(「BOOK」データベースより)

『笑え、おかしくなくても笑えばそのうちおもしろくなってくる』―とある山村で村人たちから奴隷のような扱いを受ける少年ヴィスは、村はずれに住むやたらと明るい男グレンにずっとそう言われ続けてきた。やがて、長き眠りから魔王の復活が迫った頃、とある事件からヴィスはグレンがかつて世界を救った勇者だと知る。そして二人は村を出て、世界を周る旅に出発。魔法使いの少女ニーニとの出会い、初めての大きな街、暁森人の住む森でのこと―勇者と旅した時間のすべてが、大切な何かを失った少年を、ひとりの“勇者”に変えていく。これぞ、必読の“男泣きファンタジー”!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3381 KB
  • 紙の本の長さ: 318 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / メディアファクトリー (2017/3/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XH8XRVT
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 152,324位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あらすじを見る限り、私の好きな設定のキャラかと思ったのですが、イマイチでした。

総評としては、
キャラに既視感と違和感。言葉遣いにも無理矢理感。キャラの会話が長く、情景描写が少ないくせに会話があまり面白くない。
しかし、最後まで読もうとは思えたし、途中で投げだそうとも思わなかったので、読めないほどの酷い作品ではない、が、700円近く出して読もうとは思わないし、二度読むことも無いかなと思ってしまう。

この巻の内容は、主人公が勇者と出会い、自分に正義を教えてくれた人を助けるために旅に出る。勇者は主人公に稽古を付け、彼に世界を見せてやることを思う。
村を出てちょっとで表紙の女の子と出会い、旧友と邂逅し、都市でエルフを助けその故郷へ向かい、そこへ魔王軍が攻めてきて、いろいろあって、この巻の最後でやっと主人公は感情の一部っぽいものを手に入れたっぽいところでEND・・・

心を手に入れるのは難しいだろうけど、こんだけ展開詰め込んでやっとか・・でも場面の変わりが多すぎてそれぞれの掘り下げが浅いように感じる。詰め込んでるはずなのに、隙間がある感じ・・・というか、1巻で提示した目的ほとんど終わってるような・・・

以下細かい点

まず、個人的にですが、ネーミングセンス
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
何もかもが中途半端。
物語の途中で、放り出されて、あとは読者の想像にテキトーに任せマース!みたいな無責任感。
何が男泣きファンタジーなのか、教えてください。
ただ、はっきりいって、これ買うくらいなら湊かなえのリバースや、森見登美彦の聖なる怠け者の冒険とかの方が全然面白い。
勇者は、奴隷の君は笑え、と言ったの作者には申し訳ないですけど、大ハズレの作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もう仕方のないことなのかもしれませんが、世界観・キャラ・セリフ・ストーリーほとんどがどこかで見たことあるようなもので構成されています。感情を失ったオルフェンズのミカっぽい主人公の少年が勇者の師匠と共に仲間を増やして魔物と戦ったりなんやかんやといったお話です。会話表現が多めで特別読みにくくはないのですが、その会話が面白くありません。決して読んでいられないというわけではないので余裕のある方は読んでみるといいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover