中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勇午 北九州・対馬編 (KCデラックス) コミック – 2005/5/23

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本編第2弾!!
企業恐喝! 内部告発!! 爆破テロ!!!
巨大企業の内部スキャンダルに勇午が挑む!
事件の始まりは「豊臣秀吉」だった!!


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063720136
  • ISBN-13: 978-4063720136
  • 発売日: 2005/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
勇午シリーズの日本編第2弾。
1巻読み切りタイプです。
勇午シリーズについての概要は
第1巻の皆さんのレビューを参考にして下さい。
毎回社会問題に赤名流で鋭く迫る勇午シリーズ、
今回のキーワードは隠蔽でしょう。
依頼内容と交渉条件を聞き、勇午は依頼を断りました。
依頼を断った初の物語でしょう。
そして断った依頼の交渉を行った初の物語でもあります。
最後、交渉は成立しませんでしたが、人の思いを理解した
勇午らしい終わり方です。
あんまり内容を語るとネタばれになってしまいますので、
この辺で。
人を理解することで解決の糸口を探るいつもの勇午に比べれば、
今回はさほど活躍しません。
1巻完結ですので、試しに勇午を読んでみたい人にはよいのでは
ないでしょうか?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
交渉人に、怨霊を持ち込んだら、だめでしょ。

ストーリー展開が良かっただけに、ラスト一ページで、興ざめしました。

あそこに、彼の姿はいらないでしょ。最後に怨霊を持ってきては駄目でしょ。

勇午にしては、残念な一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ynar 投稿日 2006/3/5
形式: コミック
 長らく、ながらくこの作品のレビューを書くことには抵抗があった。

 今までの作品で一番感動したにもかかわらず、それを伝える自分の語彙の貧弱さに忸怩たる思いで日を重ねていたのだ。

 勇午は交渉の成功ではなく、交渉の結果求められる成果を上げることを至上の命題に掲げる。もしシリーズ全巻読んでおられるファンなら思い起こしてほしい。7巻から始まるイギリス編。彼はマナーホールホテル爆破阻止の交渉をしただろうか?

 彼の目的はあくまで、『外国人死者をださない』という戦友の任務を達成することにあった。

 彼は言う、『他人を犠牲にしてまできれいなスーツを着ようとは思わない』、『契約は果たした』と。

 勇午は人間愛をその根底に行動する。だが、それは他者にただやさしく接するということでも、ない。大義名分に名をかりた保身や自分は安全なところにいて人の犠牲を強いる人たちには徹底的に厳しく、それでもなお、そういう人たちをも最後まで信じようとするところにこそ、彼の本当の強さ、不思議な魅力がある。

 今回も、彼は交渉をすることを目的とはしない。ただ、依頼の目的を完遂することをだけをひたすらに目指す。この、時には冷酷に見えるほどの峻厳さすら、彼が信じる愛の力によって裏打ちされた真の優し
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告