中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

勇午 下北半島編 (イブニングKC) コミック – 2004/9/22

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本編始動!北朝鮮・公安・ヤクザvs.勇午!!


登録情報

  • コミック: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063520854
  • ISBN-13: 978-4063520859
  • 発売日: 2004/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
世界で活躍する交渉人、勇午。
 そのパートナーであり、最高のバックアップ要員である小暮がトラブルに巻き込まれた。
友人を救うために、あらん限りの能力、人脈を用いる勇午は時にヤクザ、また公安との間を針の穴を通すようなギリギリの綱渡りで切り抜ける。
 緊迫の展開は読者にイッキ読みを強いつつ、静かに『物語の鍵』、38度線という名前の歴史に引き裂かれた母子の悲しい過去へといざなって行く。
 本編同様、勇午の行動の裏には常に強い人間愛、また人間愛の強さを信じる心が横たわっていることに共感を覚えずには居られない一作だと強くお薦めする。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
個人的には今までで一番お気に入りのエピソードになった。
主人公・勇午の友人、小暮は好きなキャラなので、活躍してくれて嬉しいところ(その分普段の勇午並みに酷い目に合っているが…)。
ストーリーがやや短い分テンポが良く、緊迫した知能戦を映画気分で一気に読みきってしまう。
限られた時間と四面楚歌の状況下、あくまで冷静に事件を追う勇午がみもの。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
北朝鮮の工作員の台詞で「今、この国は拉致問題で怒っている。たった何人かの人間でこうだ。ならば、我が国の国民の怒りが、いかに深いものかわからないか?」

いつも思うのだが勇午シリーズの根底にあるのは、悪の不在あるいは正義の不在だ。

それぞれに複雑に絡み合った利害としがらみの中で、勇午はそれでも可能な限りの妥協点を目指す。

しかし、その根底にあるのは人間愛で、その為に勇午は行動する。

だからブレがない。他の登場人物は、組織なり目的の為に行動するが、勇午はただ、契約において以外、おのれの信念にもとづいて自由である。

それが唯一の、彼のもつカードであり、身を削りながらカードを切り続ける。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
掲載雑誌を月間のアフタヌーンから週間のイブニング移してからは
正直不作といわざるを得ない国内編だがこの巻だけは別です

ヤクザ、公安、北朝鮮など複雑な利害関係を持つ事件に巻き込まれながらも
交渉力、行動力を用いて目的に近づいていく勇午がしっかりと描かれており
それでいて分かりやすい内容には非常に高い完成度を感じました。

イブニング版の勇午では間違いなく一番面白い作品でしょう!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 現在のところ、3作まで出ている日本版は、1巻で完結なので、これまでの海外版よりやや弱い感じも受けますが、日本版の中では、この第1作が最高だと思います。

 帯に「北朝鮮・公安・ヤクザvs.勇午」とあるように、ヤクザや警察との駆け引き、北朝鮮の対日工作とそのカウンター・パートのバランス、公安のえげつないほどの非情さなどが描かれており、緊張感が漂います。勇午が、中国編などのえげつない拷問に合わされない分(?)、サポート・メンバーの小暮君と後輩の知里がひどい目に合っちゃいます。

 上條警視正、大牧警部は、若そうだからキャリア組なんでしょうが、今作品では決定的な読み間違いをして勇午に出し抜かれてしまいますし、第3部でも大きなチョンボをしてしまいます。ものすごいヤッパ傷があるのに、なんとも間抜けです。今後も日本編のレギュラーになるんでしょうか。

 一番好きなのは、ユン・チョンミルに「君はどうしてこんな仕事をするようになった?」と問われ、勇午が答えるセリフ。「交渉は戦いです。ですが、最後は、和解で終わります」ー全ての仕事に通じるのではないでしょうか。私は、仕事で調整がうまくいかず、感情的になりそうになったときには、この言葉を想い出すようにしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告