勇侠青春謳 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品の欠品なし。目立つ傷なく、非常に綺麗な状態です。専門スタッフが防水包装の上、午前中の発送は当日に出荷致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

勇侠青春謳 Single, Maxi

5つ星のうち 4.7 31件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Leadwayが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 勇侠青春謳
  • +
  • わが臈たし悪の華
総額: ¥3,346
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 20 分
  • ASIN: B000HXE2U4
  • JAN: 4988002514151
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 17,696位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 勇侠青春謳
  2. 鎮魂頌
  3. 勇侠青春謳 (instrumental)
  4. 鎮魂頌 (instrumental)

商品の説明

メディア掲載レビュー

TV:MBS系アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』エンディング・テーマを収録したシングル。独創的なメロディとアレンジ、文学的な歌詞で、幅広いファン層を魅了する、ALI PROJECTによる歌唱。カップリングナンバー「鎮魂頌」とそれぞれのインストを含む、全4曲。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 もち 投稿日 2007/1/30
私は基本、洋楽ばかりで邦楽はほとんど聞きません。なんか最近の曲はみんな同じような曲か洋楽みたいなのめざしてます!ってカンジの曲ばっかりでどうも好きになれませんでした。しかし、某アニメのエンディングでこの曲を聞いたとき、なんか“すげぇ〜!”って一瞬で聞き入りました☆この独特の世界観イイですね(^^)私的に、最近のJ-ポップはアニソンの方がイイ曲が多い気がします…。なんかちゃんと独自の世界観があってアニメにもきちんと合わせてて…。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」のエンディング曲にしてALI PROJECTの新曲「勇侠青春謳」のCDです。8月の亡國覚醒カタルシスツアーのトリで初めて聴いてからおよそ3ヶ月近く。10月に入ってアニメでワンコーラス流れるのを繰り返し聴きながら発売日を待っておりました。
 フルコーラスを聴いて、勇壮なメロディーに心を躍らせながらも感じる一抹のはかなさに、歌詞カードを見ながら繰り返し聴いていくと、全体的に勇ましい雰囲気の歌詞の中にはかなさを思わせる箇所を幾つも見つけることができます。そうすることでタイトルにある青春が持つ相反する要素を表現し、単なるイケイケに走らないALI PROJECTならではの戦いの曲に仕上がっています。
 もう一曲の「鎮魂頌」はアルバム「dilettante」からのアレンジですが、一転してスローテンポの、こちらははかなさを前面に押し出した曲で、対称的でありながらも共通点を持たせたカップリングで両方の曲に相乗効果を持たせようとしたのではないかと私は推測しております。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アリプロはコッペリアの柩からはまってます。以前某雑誌で田中公平氏が月蝕グランギニョルに関して曲を描くことは可能と思うが発表する勇気がないとか言ってました。それは曲の出来が悪いとかそういう話ではなく、独特のメロディや歌詞のせいか、一般にうけるか不安なところがあるそうです。たしかにその通り。

アリプロはそういった音楽をアニメなどをとおして一般に認知させてきているようです。このCDも例にもれずメロディと歌詞が秀逸です。一度はまったらあり地獄にはまったように抜け出せなくなるそんな魅力をもつ曲です。カップリングもモダンでダークな感じがいいです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アリプロの曲は何曲か聴いたことがあって知っていました。

コードギアスで勇侠青春謳を聴いてアニメの世界観と合っていたからか、今までのアリプロの曲の中で1、2位を争う程完成度の高い曲だと思いました。

メロディーを聴いただけでアリプロだ!と分かるような”アリプロらしさ”がありました。

奥が深くて何度聴いても飽きが来ないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初めて聞いた時は大胆な曲の変調について行けず、それが最後まで違和感として残りました。

(うーん、今回は外したかも…)

でも2度3度と聞くうちに慣れてそれが心地よくなってくると、今度は深い歌詞が心に訴えかけてきます。

そして詩と旋律が渾然一体となって…気がつけば今回もアリプロワールドの虜でした。

使い古された言葉だけど聞けば聞くほど味わいの出る、スルメの様な曲。

実にアリプロらしいけど、マンネリ化してない新しい曲でよかったです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 霜月 投稿日 2006/11/30
アリプロの中でも、もっとも味がある曲だと思います。

1回聞くと、「あれ・・・なんか好きじゃないかも。」(特に「亡國」系が好きだとそう思える)と思いますが、黙って2・3回聞いてみると、「いいかも」と思える様になる曲だと思います。

メロディが独特なせいか、とっつきにくく、1回目はどうしても引いてしまうのだと思います。でも、その分一度慣れてしまうと何度聞いても飽きない所がこの曲にはあります。ここらへんはやっぱりアリプロの凄さだと、改めて関心してしまいます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「勇侠青春謳」は勇ましくも脆く儚く美しい曲。曲調・詩世界ともに「dilettante」収録の「愛と誠」に通じる雰囲気、「愛と誠」がよりドラマチックで複雑な展開になったようなイメージ。展開が若干聞きにくいので、最初は不自然な印象を受けるかもしれません。心地良く聞けるようになるにはある程度の慣れが必要。ただ、そもそもアリプロジェクトの本当のすごさはクラシックからの強い影響を受けたアカデミックな面にあると思うので、逆に最近のシングル曲の展開の方が多くの人に聞いてもらうためシングル用のわかりやすい形に偏りすぎてアリプロの本質からは遠かったのかもしれない。だから、「自分たちは普通の平坦な曲を作るアーティストじゃないぞ」と主張できているという意味では良い表題曲だと思います。ただ、だからと言って「エトワール」「神々の黄昏」等ストリングスアレンジアルバムに顕著に現れるアカデミックな面まで伝わる曲ではありません。そういう部分のすごさを、シングル曲しか知らない人たちにも伝えられるようなシングルを作れたら面白いのになあ…。

「鎮魂頌」は「dilettante」に収録され「愛と誠」ともつながる内容だったので、当然「勇侠青春謳」と並べてもしっくりきます。美しく悲壮感に満ちた曲。アレンジは「dilettante」のバージョンと少し変わり、前奏や間奏が長くなったりしてます。こっちのバージョ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー