通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
効果がないどころか超有害! ワクチンの罠 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/16

5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,053

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 効果がないどころか超有害!  ワクチンの罠
  • +
  • まちがいだらけの予防接種―子どもを愛するすべての両親へ (いのちのライブラリー)
  • +
  • 母子手帳のワナ―知られざる母子保健の真実
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

予防接種は打ってはいけない!

子宮頸がん、インフルエンザ、風疹、日本脳炎、ポリオ……
あらゆるワクチンは効果がないどころか超有害!
その正体は、「闇の権力」と巨大製薬利権が推進する、
身の毛もよだつ「病人大量生産システム」だった。
250万部ベストセラー『買ってはいけない』の著者が教える、
医者に殺されない心得。

◎「子宮頸がん」の原因はウィルスではなかった
◎効果ゼロのインフルエンザ・ワクチン
◎風疹は三日で治る「軽度の感染症」
◎ウシ、ブタ、トリ……「獣の血」が体内に
◎後遺症の本当の恐ろしさを知ってほしい
◎「ワクチン総本山」厚労省を問いただす!
◎「予防接種の父」ジェンナーの大罪
◎七三一部隊――人体実験とワクチンの闇
◎ワクチン詐欺のルーツはナチスにある
◎医療マフィアが推進する「人口削減計画」
◎ビル・ゲイツ財団の「真の狙い」とは
◎ワクチン「強制接種」の時代がやってくる
◎医療の「九割」がなくなれば健康になる

きっと本書で、あなたのワクチンに対する常識は崩壊したでしょう。
現代医療に対する信頼も崩壊したはずです。
それはある意味で、絶望的とも思えます。
しかし、その瓦礫の中から希望の芽が大地に息吹き、
大きく空に向かって育っていくのです。(本書より)

内容(「BOOK」データベースより)

予防接種は打ってはいけない!その正体は闇の権力と巨大製薬利権が推進する「病人大量生産システム」だった!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2014/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781611265
  • ISBN-13: 978-4781611266
  • 発売日: 2014/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
二月に入ってすぐに県庁保険衛生課から、書類が届いた。封筒には、【新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく特定接種の登録申請について】とあった。私ども医療従事者に対しての、ある種の圧力である。
仕事柄、十分予想していたことだが、う〜ん、とうとうきたか、という思いであった。「そんなにワクチンが嫌なら、白衣を脱げば良いじゃないか」という方もいるだろうが、そう遠くない時期に、最終的にはワクチンは「国民の義務」になるということは、目に見えている。現に、我が国は、子宮頸がんワクチンの際にも凄まじかったが、ワクチン事業に数千億円単位の血税を注ぎ込み、国を挙げて、血まなこになって、ワクチンキャンペーンを繰り広げているではないか。

つまり、ワクチン事業というものが、国のトップまで牛耳る医療マフィアにとって、これまでの向精神薬と入れ替わって、現在最高の美味しいビジネスになり得るからである。
生まれて間もない赤ちゃんにすら、10回前後の“劇薬”=ワクチンが当然の如く投与されている現実が物語っている。
何せ、ワクチンは、原価はバカ安いし、得体のしれないモノだってこっそり仕込めるし、事故がおきても有耶無耶にできる。国のトップを垂らし込めば、莫大な国民の血税が収入として確実に入ってくるし、また、国民全員がお得意様になる。
また、いざという時には、
...続きを読む ›
6 コメント 429人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
僕の知り合いにも、子宮頸がんワクチンの副作用で
ずっと苦しんでいる子がいます。
調子がよいときでも、いつ悪くなるかと気にしていなければ
ならないようで、本当にかわいそうです。
治療法がないからどうにもならないんだとか。
みんながワクチンの害を知り、教え合い、もうだれも
だまされないように、苦しまなくてもよいようにしていこう。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書の前に、「立派な医学者」の最新刊、山内一也・三瀬勝利著『ワクチン学』(岩波書店、2014年刊)をざっと読んだ。いわく、「ワクチンは医学史上最高の発明」であり、「北里柴三郎や野口英世など日本人の貢献も大きい」のに、「近年の日本はワクチン後発国」であるのが嘆かわしい、「ワクチンの副作用は、製造方法から考えて当たり前」である、「ワクチン接種は、予防効果と副作用の大きさのバランスを考慮して、積極的に推進すべきである」。この本の著者らが、日本のワクチン界の中心人物であることから、乳児から老人まで、日本人をますますワクチン漬けにする気らしい。日本人よ、警戒せよ、である。

船瀬氏の本書は、厚労省や日本の医療関係者、「ワクチン先進国」であるアメリカの良心的な医療関係者、さらにはWHOの文書に基づいているだけに、信頼性は高い。まさにワクチンこそ「医療の闇」の核心であると痛感する。日本では、政府、医療関係者、教育、およびマスコミなどが一体となって国民の洗脳を続けてきただけに、本書の内容はまさに驚愕!である。評者も、本書で初めて知ったことも多い。

ワクチンがらみで「医療の闇」が垣間見えたのは、本書の冒頭にもある子宮頸がんワクチン問題であろう。思春期の少女たちに激烈な副作用が多発していることは明白なのに、厚労省の検討会は、今年1月に「副作用は心身の問題」、つ
...続きを読む ›
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本はオススメです。
ワクチンは最も身近にある危険な毒薬です。
コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
軽い気持ちで読んだら過激な内容にビックリしました。迷いながらも子供に予防接種を受けさせているので、この本の内容を信じたくない気持ちです。私の周囲ではインフルエンザワクチンを受けた人がインフルエンザになり、受けていない人がインフルエンザにならないので、やはりこの本の内容には一理あるのかなと思いました。しかし、ヒブや肺炎球菌になったらと思うと生後2ケ月から接種するのも仕方ないように思いました。が、これもこの本によると洗脳された状態なのかもしれません。

理想としては、はしかや風疹、おたふく、水疱瘡など自然感染して軽く済むことですが、重症化したら怖いと思うと予防接種した方が良いのではと考えてしまいました。

接種するにしてもしないにしても医師まかせ国まかせにしないで自分で考えて納得してから接種させたいと思います。

打たないという選択をした人が周囲から非難されない雰囲気が欲しいです。
コメント 145人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー