通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組み... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かる 単行本 – 2016/3/23

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 938

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 労働時間革命   残業削減で業績向上! その仕組みが分かる
  • +
  • なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

今や労働時間削減は経営戦略。8カ月間で残業時間が半減。利益も前年比162%にアップした会社も。稼ぐ力を強化したい経営者必読の書!

5年ほど前、著者はある建設系の企業の労使共催の講演会で「働き方改革」をテーマに話をしたところ、質疑応答の時間になると、思いがけないほど強い口調でこう言われた。

「うちの会社は今まで、お客様が前日の夜にオーダーしてきても、翌朝までには仕上げるという夜討ち朝駆けで対応することでお客様から選ばれ、現在の売り上げを維持してきた。ワーク・ライフバランスなんていうことを真に受けて実行して、お客様が離れていって業績が落ちたら、あなたは補償してくれるのか?」

著者は、問いかける形で次のように応対した。

「もしも、お客様が御社の夜討ち朝駆けで対応してくれるということに“だけ"価値を置いて依頼してくれていたのであれば、確かにオーダーは来なくなるでしょう。でも、お客様が御社を選んでいる理由は“技術力の高さ"だと私は思います。むしろ、その技術力をもっと研鑽して他社に圧倒的な差をつけることで、付加価値勝負の仕事で稼がなくて大丈夫でしょうか? 次々に技術者が育っていくような環境を作れているのでしょうか?」

この講演会をきっかけに、著者はこの会社のコンサルティングを手がけることになった。3年半後、取り組み前には6億円だった利益がなんと40億円に伸び、売上高そのものも16%増えた。

つまり、長時間労働は「勝つための手段なのだから働き方を変えるなど無理」ではなく、長時間労働は「負けている原因なのだから、今すぐ変えないと永遠に勝てない」のだ。

本書では、長時間労働を見直したことで、飛躍的に業績を上げた企業の事例とノウハウを紹介。また、長時間労働を削減する際、何に気をつければ失敗を避けられるのか、どうすれば一時的なキャンペーンで終わらせず、社員一人ひとりが自発的に進められるしくみを構築できるのかについても、具体的にアドバイスする。

【企業事例】
豊田通商/損害保険ジャパン日本興亜/リクルートスタッフィング/JTB/さいたま市/愛知県警察本部 ほか

内容(「BOOK」データベースより)

豊田通商/損害保険ジャパン日本興亜/JTB/さいたま市ほか、900社以上にコンサルティングを提供する著者が、飛躍的に業績を上げた企業事例とノウハウを一挙紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 毎日新聞出版 (2016/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620323721
  • ISBN-13: 978-4620323725
  • 発売日: 2016/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
建設コンサルタント業界は 該当者ならわかるが
年度末に工期が集中 1~3月にいっきにまとめに入るため その間の残業は書けないくらいの会社もある。
著者は 本の中にあるようにパシフィックコンサルタンツという大手のコンサルを行い、自社だけが発注者へそうならないようにお願いすると 他社がそのすきをついて労働時間で仕事をとっていくので、発注者を含めて業界全体で取り組むべきで それをやった とある。しかし、現実は大手が労働時間があまりにもかかる業務を回避したため、そのすきをついて、労働時間にものをいわせてなんでもやりますという会社に仕事が流れ、そこをそれこそ長時間労働で対応することで競争に勝つモデルで動いてる。
他の業界でも 上の企業は労働時間短縮 しかしそのしわ寄せが子、孫請けに行き、そこで処理しているのが実態となっている可能性が十分高い
 今後はそこまで踏み込んだ革命の方法を 国 業界 全体で取り組まないと 一部だけ変わってよかったよかったで終わってしまう可能性があるな と感じた
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
確かに業務効率化によってある程度生産性もあげられるし残業代も減らすことができると思うが、前提として売り上げが上がり続けている状態においてそれは有効であって、そもそも売り上げの維持に苦しむ企業が昨今では多いのではないか?という印象があった。

業務効率化以外にもそもそも売り上げをあげるためのすべが企業にはなくてはいけなくて、それらにはマーケティング・消費者行動の予測等も必要となってくる。それらを考慮すると労働時間の削減において本書で網羅しているとは言い難く、疑問が残る。

ただ単純に社内の事務や総務的な業務においては本書の指摘は正論であると思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
労働人口が減少し、多種多様な人材が働く中で
属人化を廃して 仕事の共有化/見える化を進めることは
各企業により急務の課題であり、一部署ではなく
全社を上げて進めていく必要がある。
長時間労働や先行き見えない作業をまず
やりなさいというやり方では採用した優秀な
人材を確保することもできず 早晩そのような
企業は立ち行かなくなるであろう。
筆者が述べる人口オーナス化に向けて
いかに早く全社として取り組む体制を取れるかが
弊社にとって大きな課題であると改めて
認識することができた。
若手社員だけではなく いやむしろ
全管理職必読の本と思われる。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なぜ、長時間労働の是正が日本を救うことになるのか、その繋がりが明確になる良書だと思います。

著者の本は今までに何冊か読んだことがありましたが、それらはいずれも
「長時間労働を止めて充実したライフを」
「ワークライフバランスで、仕事の業績もUPするし、育児にも夫婦で取り組んでいける」
というような、個人レベル(=ミクロ)の話に力点が置かれていたように感じます。

しかし、本書ではさらに視点を広げて、国家レベル(=マクロ)の話が展開されます。

筆者は統計的データから、2017年は日本にとって二つの重要な意味を持つことと主張しています。
1.団塊の世代が70代に突入し、大介護時代が始まる
2.団塊ジュニア女性の出産適齢期が終わる

日本がこの先どういった顛末を辿ることになるかは、この2,3年の動きにかかっているといいます。本書を読んで、その解決策として”労働時間革命”が不可欠であることが良く分かりました。

日本を良い方向へ変えていく良書だと考えます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の書籍をきちんと読むのは初めてであるが、「私の全身全霊で書いた、途中本当に40度の熱で3日ほど倒れながら書いた」(著者フェイスブックより)本とのことであり、力作と評価できる。

論旨は明快である。我が国では、人口ボーナス期(若者の比率が高く、高齢者の比率が非常に少ない人口構造)はとっくに終わってしまい、人口オーナス期(支えられる側が支える側より多くなってしまうという構造)に急速に入っている。したがって、時間に制約のある人たちの集合体でビジネスをしても、勝てるようなやり方にしないと、付加価値も生まれず、経済発展できない。そればかりか、国家福祉予算の膨張は止まらない。また、少数派の人材もメイン人材とならないと、イノベーションは起こせない。

では、どういう風にすると、人口オーナス期でも勝てるのかというと、あの手この手で、生産性を上げるしかない。日本が先進国内で労働生産性が最下位なのは周知の通り。それも、旧来の”期間あたり生産性”ではなく、”時間あたりの生産性”を上げなければならない。
・朝メール・夜メールによるタイムマネジメント
・集中タイムの導入
・業務内容の可視化
・情報共有と効率化ツールの活用
・チームでノウハウを共有し、属人化した個人戦からチーム戦へ
etc
これら
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告