¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
労働時間を適正に削減する法 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

労働時間を適正に削減する法 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/14

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 2,149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 労働時間を適正に削減する法
  • +
  • 定時退社でも業績は上げられる!  生産性が高い「残業ゼロ職場」のつくり方
  • +
  • 労働時間革命   残業削減で業績向上! その仕組みが分かる
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

◎「労働時間」は、労働者が働くうえで非常に大切な労働条件です。会社として正しく運用しなければ、社員とのトラブルの元にもなります。実際、“サービス残業"の問題や“長時間労働"“過重労働"に伴う過労死等のトラブルは後を絶ちません。長時間労働や過重労働の撲滅は、労働者の健康確保のためにも行政から強い要請があり、会社としても厚労省の施策にもとづいて労働時間の削減に取り組まなければなりません。
◎本書は、生産性を維持し、利益を減らすことなく実施できる労働時間削減の方法を実践的に指南する本。法的に認められている労働時間制度の活用はもちろん、働き方など社内制度設計の見直しや業務効率化により労働時間を減らす方法なども満載です。
◎著者の労務リスクソリューションズは、労務リスクの抽出とコンプライアンスの実現をサポートするコンサルタント・グループ。特定社会保険労務士の佐藤広一、土屋信彦、濱田京子、弁護士の佐川明生、田中純一郎、西田弥代の6名が、絶対にトラブルにならない労働時間削減のやり方をわかりやすく教えます!

内容(「BOOK」データベースより)

「時間外労働をもっと減らせないだろうか…」誰にも相談できない経営者にヒントを与える本!長時間労働および過重労働の撲滅は、行政からも強い要請があり、企業としても労働時間を削減していかなければなりません。生産性を維持し、利益を減らすことなく実施できる対策を労務のプロが具体的に指南します!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: アニモ出版 (2016/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4897951909
  • ISBN-13: 978-4897951904
  • 発売日: 2016/6/14
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
労働基準法や36協定の知識、何が労働時間で何が労働時間ではないのかといったことが曖昧だったが本書で全てクリアになった。
サービス残業やブラック企業が問題になっている昨今、管理的な立場の人が最低限抑えるべき知識は網羅されていると思う。
経営者向けに書かれており、残業代を減らすための様々な制度導入についても記載があったが、大企業サラリーマンにそこまでの裁量はないのでスルーしました。それでも十分いい本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告