Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[加藤 諦三]の加藤諦三講演集 逆境に強い人―折れない心のつくり方

加藤諦三講演集 逆境に強い人―折れない心のつくり方 Kindle版

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/2/19
"もう一度試してください。"
¥ 324

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

現代のように、非常に変化の多い社会ではうつになる人が増えている。
そんな中でも逆境に強い人がいる。
では逆境に強い人と、心の折れやすい人の違いはどこにあるのだろうか。
それは変化をどう捉えるか、あるいは気持ちをどう置くかによって変わってくる。
本書は逆境に強い、折れない心をつくる方法を教えてくれる。


【目次】

はじめに

第一章 危機を元気に乗り切った経営者たちの「三つの共通点」
    変化を楽しめる人は危機に強い
    惨め依存症」と「うつ病」の人が抱く変化への不安
    「幸福な人」「不幸な人」の違いとは?
    身近な存在との深いつながりに価値がある
    アメリカの家族観と「変化」に対する価値観
    現状に不満を言うだけの人、変える努力のできる人

第二章 逆境に強い人のメンタリティとは
    その一 変化を〝脅威〟ではなく〝やりがい〟ととらえる
    その二 周囲の人たちとの深い関わりを大切にする
    その三 物事を「自分がコントロールする」という感覚を持つ
    ストレスに強い人が持つ「四つのC」
    幸せか不幸かは、その人の〝ものの見方〟で変わる
    物事の「結果」と「幸福度」は別物
    問題解決の意志がなければ、幸せにはならない

第三章 逆境は「不幸」か? ――あなたの〝解釈〟で世界は変わる
    人生を左右する「楽観的解釈」と「悲観的解釈」
    「拡大解釈」と「限定解釈」というもう一つの指標
    物事を悲観的に考えると能力は落ちる
    苦しみや不満を生み出すのは「事実」そのものでない
    こころの苦しみを「書き出す」ことのすすめ

あとがき

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1246 KB
  • 紙の本の長さ: 44 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/2/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IJ3OVZA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 43,261位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本の主張は、大きく2つ。

・物事を楽観的に捉えて、努力しよう!
・自我を確立し、自分をコントロールしよう!

ポジティブな文体もあって、読後はやや興奮状態となり、「やればできる!」と前向きになれるかもしれないが、長続きはしない。なぜなら、結局は励ましと精神論だけだからだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いろいろ自己啓発など読みましたがやはり彼の本が一番効く。
なぜなら、笑顔を作れば幸せになれるというような、表面的なことは一切言わず、一人一人の幸せについて考えているから。
特に今回はデータに基づいて冷静に話が展開されており、よかった。
彼自身が、親の無茶な期待に自己否定感を味わわされ、幸福感を形成するのに苦労した人物。似た境遇の私には、有効なアドバイスがやはり多い。

とはいえ、今回は親どうこうではなく、全ての悩める人に当てはまる内容になっていると思う。
ひたすら前向きに!という自己啓発でさらに苦しくなってしまう方には、加藤諦三さんがおすすめです。

自分が自分でいてはいけない感じによる深い悩みや苦しみは親に褒められて育った人には理解されない。彼はそれをわかってくれる数少ない著者だが、この本には親への反発が感じられない。著者自身が何かひとつ乗り越えたのかなと感じた。原因の分析にとどまらず汎用性がある悩みの解決になっていて、さらによかった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
下手なハウツーボンを読むくらいなら、竜馬がゆくを読め!
そんなレビューを見てから竜馬をゆくを読んでいますが、なるほど。意味が少しわかった気がします。
ちなみに、この本は下手なハウツーボンだったわけですが、学んだのは、竜馬がゆくは優れているということです。

この著者の理論で行くと、遠野なぎこは幸せな人ってことになる。少なくとも僕はそうは思えないので...
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover