新品:
¥3,520
ポイント: 35pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月25日 - 7月4日 詳細を見る
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
功利と直観―英米倫理思想史入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


功利と直観―英米倫理思想史入門 単行本 – 2010/11/26

5つ星のうち4.0 4個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥3,520
¥3,520 ¥4,865

購入を強化する

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 功利と直観―英米倫理思想史入門
  • +
  • 現代倫理学入門 (講談社学術文庫)
  • +
  • メタ倫理学入門: 道徳のそもそもを考える
総額: ¥7,887
ポイントの合計: 139pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

功利主義と義務論の対立はいつ始まったのか?「功利」と「直観」をめぐる論争の歴史を通して英米倫理学の展開を整理し、現代的な課題を展望する本格的入門書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

児玉/聡
1974年大阪府に生まれる。2002年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学、2006年)。現在、東京大学大学院医学系研究科専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 勁草書房 (2010/11/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/11/26
  • 単行本 ‏ : ‎ 322ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4326154136
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4326154135
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
4 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
50%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2011年3月24日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2011年2月24日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告