中古品: ¥51
配送料 ¥300 5月 25-27日詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

劇画 蟹工船 覇王の船 (宝島社文庫 C い 1-1) 文庫 – 2008/10/2

5つ星のうち4.5 9個の評価

価格
新品 中古品
文庫
¥51
¥1

商品の説明

著者からのコメント

嵐の海で「SOS」を発信しながら沈んでいく「愛国丸」......砕ける波の音や暗闇の海。
この物語のファーストシーンに私が選んだのがこのシーンでした。
そして、蟹工船「博光丸」はこの「SOS」を無視して漁場へ急ぐのです......
ドロドロとした血の様な海に波を蹴立てて...!

内容(「BOOK」データベースより)

蟹工船「博光丸」を支配する赤鬼監督こと、罰河原赤蔵。蟹工船の乗員はこの男に虐げられ、死と隣りあわせの日々を送っていた。罰河原に真っ向から立ち向かう龍という名の漁夫。罰河原に性的嫌がらせを受ける少年を助けるため、身を呈した龍の姿は、人々に連帯を促すが―。プロレタリア文学の巨人・小林多喜二の名作を大胆な目線で翻案したオリジナル長編劇画。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 宝島社 (2008/10/2)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2008/10/2
  • 文庫 ‏ : ‎ 251ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 479666663X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4796666633
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 9個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
9 件のグローバル評価
星5つ
46%
星4つ
54%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年2月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年11月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2008年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年11月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年10月5日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年10月3日に日本でレビュー済み
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年10月5日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年12月14日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する