通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

劇画ヒットラー (ちくま文庫) 文庫 – 1990/8/1

5つ星のうち 4.4 58件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 324
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 546 ¥ 53
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 劇画ヒットラー (ちくま文庫)
  • +
  • 総員玉砕せよ! (講談社文庫)
  • +
  • 敗走記 (講談社文庫)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

希代の英雄でも狂気の独裁者でもない―水木しげるが見たヒットラーとは?1971年に漫画サンデーで発表された「革命家シリーズ」第2弾。30年の時を経て、オリジナルデザインを再現して復刻。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 276ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1990/8/1)
  • ISBN-10: 4480024492
  • ISBN-13: 978-4480024497
  • 発売日: 1990/8/1
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちょこ 投稿日 2014/10/19
形式: 文庫 Amazonで購入
マンガで読めるのはいいですね。
ヒトラーを美化するでも誇張するでもなく
事実を淡々と積み重ねている描写でよいです。
誇張されがちなヒトラーですが
冷静な視点で描かれているので
却ってヒトラーの異端さがにじみ出ていてよかったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2016/3/8
形式: 文庫 Amazonで購入
漫画家・水木しげる氏は「ゲゲゲの鬼太郎」、「悪魔くん」といった、誰でも知っている数々の妖怪・悪魔漫画を描いたことで知られているが、
戦記・伝記漫画を描かせても、滅法巧い。
伝記漫画では、「劇画 近藤勇」及び本作品が、筆者の「お気に入り」であり、何度となく読んでいる。
アドルフ・ヒトラーは、20世紀が生んだ最大の「魔人」のひとりである、という意味においては、妖怪漫画と言えなくもない。

オーストリア・ウィーンで芸術的画家を目指し、美術学校を受験するも2回連続で不合格。
母親が残してくれた僅かばかりの遺産を食いつぶしながら、下宿を転々と替え、遂に最下等の下宿の代金が払えず、公園のベンチで寝起きする浮浪者と化す。
なれど、ヒトラーは一向に働こうとせず、働いたとしても長続きしなかった。
ウィーンの冬は寒く、公園のベンチ暮らしに耐えられなくなったヒトラーは国立浮浪者収容所に身を寄せる。
ヒトラーは孤児恩給の支給があったため、取りあえず1日3度のパンにはありつけたが、相変わらず働こうとしないばかりか、
オーストリア政府の再三の徴兵検査の受検要請をも無視したため、ドイツ・ミュンヘンで官憲に捕らえられ、ようやく徴兵検査を受けるものの、栄養失調により不合格。
ヒトラーに言わせると、オーストリ
...続きを読む ›
2 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ヒットラーの異常な面を訴求することを抑え、ユダヤ人の迫害についても限られた言及にとどめ、ヒットラーの半生を淡々と描いている。
ヒットラーは私たちとは全く違う人間ではないんだと暗に読者に訴えているかのようである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 masan 投稿日 2011/3/12
形式: 文庫 Amazonで購入
誇張された狂気は無く、淡々と独裁者ヒトラーの生涯をわかり易く描いた良書だと思います。

読後が妙に悲しい気分になります。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
  ここまでの考証を成し得るのは容易ではなくシナリオは水木さん本人が書いたとは考えにくい。細部において他の伝記と違いはあるものの他の伝記にはないところも多くありおそらくヒトラーの全体像や時代背景など知りうるすべてのものが凝縮されているといってよいでしょうね。加えて水木さんによるおそらくレンブラントを凌ぐと思われるほどの緻密画も見所のひとつです。特にオーストリアを併合して生地に錦を飾ったヒトラーがホテルで一晩泣き明かしたというそのホテルの緻密な絵には驚嘆するほどです。人の手になるものとは思えないほどのものですが描かれた時にはCGがあるわけもなくそもそもCGでもあれ程の精密画はまだ描けないしこれからもそんなソフトができるかどうかは疑問です。これは類稀な芸術の域に達していると言って良いのではないでしょうか。水木さんは神秘的なといっていいほどの技量を持った芸術家であるといってよいのかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ヒットラーを扱ったドキュメンタリー番組を数多く観たことがあるが、この作品には知らなかった事も多く書かれており、読み応えがあった。
映画「ヒットラー最期の12日間」で描かれていた最期の様子も、映画の前に書かれたものであるにも拘わらず、映画に劣らぬ臨場感で、この作品に描かれていた。
歴史をマンガで勉強出来る素晴らしい作品と思うし、マンガにも拘わらず、非常に詳しく書かれていると思う。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
講談社現代新書の『ヒトラーとナチドイツ』を読んだ後、本書を読みました。ヒトラーの人生が絵で説明がされていて、とてもわかりやすかったです。
新書には書かれていなかった姪のゲリの死などについて描かれていて、とても理解を助けてくれました(逆にホロコーストに関しては本書ではほとんど出てきません)。
巻末の参考文献リストの本の多さ、著者はかなりの勉強をされてから、本書を描かれたのでしょう。
新書の方を先に読み、本書を読むことをおすすめします。

浮浪者ヒトラーが勉学に、人生に失敗し、最後は側近にも裏切られ、自殺をします。

最後のページはドイツの廃墟が描かれています。

ヒトラーの人生って一体なんだったのだろうか。
何のために生まれてきたのか、何のためにナチ党なんかを興したのだろうか。

全ては結局はゼロになってしまった。
たった一人のつまらない人間のために多くの命が犠牲になった。

あらためて人間について考えさせられた一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー