劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [DVD]

5つ星のうち 3.8 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,636 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,628 (26%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,096より 中古品の出品:9¥ 1,480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 「名探偵コナン」関連商品をまとめてチェック。人気キャラクターストアでは、各種グッズが勢ぞろい。


よく一緒に購入されている商品

  • 劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [DVD]
  • +
  • 劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 劇場版 名探偵コナン 天空の難破船 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥13,324
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 高山みなみ, 山崎和佳奈, 神谷明, 山口勝平
  • 監督: 山本泰一郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 小学館
  • 発売日 2008/11/19
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001F0UZ68
  • EAN: 4582283791289
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,240位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第12弾。音楽家ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。そんな時、コナンたち一行は元ピアニスト・堂本一揮が作った音楽ホールのこけら落としコンサートに招かれるが、コナンが襲われ意識を失ってしまう。通常版。

内容(「Oricon」データベースより)

音楽家を狙う連続殺人事件に巻き込まれたコナンたちが名曲に隠された謎を解き明かす、青山剛昌原作の劇場版シリーズ第12作!ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。そんな中、コナンたちは世界的なアーティストが集まるコンサートに招かれる。主役は一人の天才女性歌手だったが、その歌手の命が狙われ…。通常版。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
今作はクラシックが題材となっていて、全体として落ち着いた雰囲気で進行していきます。
劇中もほとんどの場面で曲が流れており、いつもより音量が大きいです。
落ち着いた雰囲気と言うことで、コナン映画の中でもアクションはかなり少ないです。
近年の作品と比べれば悪くない出来だと思います、ED曲も良かったですし。
ですが、起伏の少なさ、犯人候補の影の薄さ(しっかりとした犯人候補がいない)など、見終わってもどこか物足りなさを感じてしまいがちです。

「天国へのカウントダウン」や「ベイカー街の亡霊」のような作品とは、大分性格が違います。
「水平線上の陰謀」が楽しめた方は、おそらくこの作品も楽しめると思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
今回のキーワードは「絶対音感」。コナンたちがボートから脱出する鍵も、オルガンの音程が狂っていた仕掛けの種明かしも、犯人をこの一連の犯行に向かわせた理由も、すべて「絶対音感」で説明される。

が、今回は、外側から爆破されていくコンサートホールの中の人々(舞台のアーティスト&満員の観客)は張り詰めた空気にはならないし、真犯人が問いつめられたときも冷静さを失ってはいないし、最後に「えー、この人が犯人だったのー!?」と唸らせる謎解きも出てこないしで、ちと物足りなさを感じた。アクションシーンにしても今回はサッカーボールを電話機に当てるアクション1回だけ。

もうひとつ、ヘリコプターの飛行を今回はCG合成で製作しているが、これもまだまだ改善の余地ありといったところ。

というわけで、今回は辛口の評価で☆3つとさせていただいた。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画を見て、これまでとは少し違った、いわば「異色の」
コナンだと思いました。
というのも、劇場版で必ずといっていいほど取り入れ
られていたアクションシーンがそんなに多くなく、どちらかと
いうとサブキャラの活躍が目立ち、コナンはそのサポート
という印象を受けたからです。

もちろん活躍が物足りないわけではなくむしろ、これまでの
劇場版においてちょっと出て来て終わりだった灰原さんや
佐藤刑事、そして今回登場するキャラクターの「もっと
活躍してくれればいいのに」という見ている側の気持ちを
生かしたといえるでしょう。
そういう点は見ていて良かったと思います。

推理のシーンも、コナンがいつものようにどんどん謎を
解いていって真実に迫って行くというよりも、少しずつ
明かされていくという展開だったので、見ていてちっとも
謎がわからなくておいてけぼり、というのがなかったのも
好感持てます。

この作品のポイントはずばり「音楽」。
推理する手をとめて、美しい音色や歌声に聞き入ることに
なるでしょう。
そういう意味でも「異色の」コナン作品でした。

今回
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
音楽家、絶対音感がキーワードになる。

本体の事件は正直今一つに感じてしまいました。アクションが少なめ、犯人の動機が連続爆破殺人を起こすほどのものに思えなかった、犯人の年齢、普段の活動的にダンプの運転や射撃をできると思えず納得感のある補足説明がなかった。

ただし、帝丹小学校の合唱指導や、コナンの音痴と絶対音感のギャップ、新一と蘭の仲直りなど、随所に組み込まれたエピソードは楽しめました。

この映画の良し悪しをどう判断するかは、コナンの映画にどんなものを求めるかによる気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まずさ、元太が阿呆すぎるやろ!苦笑

たとえ小学生といえども
他人の飲み物を勝手に飲んだり
コンサートに縦笛持っていったりしないでしょ!
(まぁ縦笛は最後に使うので100歩譲るにしても)

で、直接コナンを襲った犯人だが
容姿を見られるというリスクを考えなかったのかな、とか
ボートで流すだけってのも甘かったんじゃないのかな、とか
いくらサッカーが得意といえども受話器によく命中したな、とか
そんな点にも荒さを感じてしまいました

しかしながら、最後にようやくまとめたって感じ

犯人のプライド云々の話も、確かに信頼する人の腕が落ちたら
『君、腕が落ちたね』とは言えないなぁ
なんてちょっと同調しちゃいました

あと…オマケストーリーについて
新一の弾き方の癖ってのを明らかにしてほしかったです 汗
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック