中古品:
¥ 857
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【通常配送料無料】【安心のamazon配送センターより配送】内容:収納BOX・デジパック・第4章パンフレット縮刷版・オリジナル特製小冊子・特製ピンナップ2枚・ディスク2枚組(本編+CD)』 となります。★ケースにスレ、小傷等の多少の使用感はありますが、概ね良好な状態です。★あくまで中古品になりますので、多少の傷・スレ等がある場合がございます。何卒ご了承下さい。【お急ぎ便、コンビニ受け取り等対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

劇場版 「空の境界」 伽藍の洞 【完全生産限定版】 [DVD]

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ANIPLEXストア】 TVアニメ「物語シリーズ」、『内村さまぁ~ず』ほか、新着タイトルや人気ランキング、ANIPLEXのアニメやバラエティなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 鈴村健一, 坂本真綾
  • 監督: 滝口禎一
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2008/12/17
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001HVWM66
  • JAN: 4534530027467
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,814位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【完全生産限定版特典】
・2枚組(本編DVD+第四章サウンドトラックCD) ・武内崇描き下ろしBOX ・第四章パンフレット縮刷版/特製ピンナップ/オリジナル特製小冊子封入

※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

■原作・奈須きのこ。新伝綺ムーブメントを招いた全七章からなる物語、作品世界そのままに全七部作の連続映画として完全映像化!
■STAFF
原作:奈須きのこ「空の境界」
監督:滝口禎一
キャラクター原案:武内崇
キャラクターデザイン・作画監督:須藤友徳/滝口禎一
脚本:平松正樹(ufotable)
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス
製作:劇場版「空の境界」製作委員会(アニプレックス、講談社、ノーツ、ufotable)
■CAST
両儀式:坂本真綾
黒桐幹也:鈴村健一
蒼崎橙子:本田貴子

【ストーリー】
「私は、弱い私を殺す。お前なんかに―――両儀式は渡さない」 不慮の事故から、二年。昏々と眠り続けた両儀式は、ずっと「死」に触れていた。そして、同時に畏れていた。やがて覚醒。しかし彼女を待っていたのは、深い孤独と望まぬ景色。失ったのはずっと同じ器の中で常に一緒だった片割れ「織」。得たのは万物の死の線が視えてしまうという異形の力「直死の魔眼」。ともに両儀家が知らず、式という存在に辿り着くためにつちかってきたことへの報復にして結果だった。夢見ることが好きだった、織。深い殺人衝動を抱えた、織。今はもうどこにも、いない。たとえようもない喪失感と死の感触に少女はガランドウになる。それが器を求める霊体にとって最高の標的となることにも気づかずに―。そんな少女を見守る少年がいた。いや、青年と言うべきか。名は黒桐幹也。彼の勤め先の上司は玲瓏な美を持つ女性で人形遣いで魔術師で、けれど今はただの工房「伽藍ノ堂」のオーナーで。名を蒼崎橙子という。ある日、橙子は式に会いに行く。名目はなんだってよかった。一応はカウンセラー。なぜか会おうと思ってしまった、それが縁(えにし)。一見、ゆるやかに過ぎる時間。しかし終わりはやってくる。ある夜、ガランドウの器を求めて霊体は肉を持ち襲いくる。刹那、彼女の目に映るのは凶々しくも静謐な死をつかさどる、線。手にはナイフ。煌めく瞳。かくして少女は自身の四肢で歩き出すことを決意する。

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典ならびに初回限定封入特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

奈須きのこ原作の小説を映像化したファンタジーアニメの劇場版第4章。不慮の事故から奇跡的に一命を取り留めた両儀式だが、もうひとりの人格“織”を失ったことで喪失感を抱いていた。特典に、サウンドトッラクCDなどを封入した2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
原作は一度全部通して読み、DVDでアニメ版を観たのですが、この章に関しては原作よりおもしろかったように思えます。原作では内容的にどうしても退屈に感じてしまうこの章ですが、アニメ版はきれいにまとまっており、テンポが良くてグダグダにならず、また、戦闘シーンも非常に格好よくて、全体的に原作を超えたように思えました。細かいニュアンスなどは通じにくかったのかも知れないが、原作を知っているものとしては、非常に満足でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作を知らない人は謎掛けの様に難解なセリフに置いてけぼりを食らいます。
だからこそ何度も何度も観返す価値があり、徐々に理解が深まり楽しめる。
故に初見で一回限りの鑑賞ならばオススメ出来ません。
絶対にシリーズ通して何回か観る覚悟が必要です!!。

「生」と「死」の狭間で揺らぐ中、橙子の言葉で死を拒絶し"直死の魔眼"を受け入れ生きる事を選んだ式。
劇中ずっと雨だった空が最後に晴れる演出。
『空の境界』は各章通して、天候によってキャラの心情を描いている様に感じます。

"織"が消え孤独な"式"をただ1人守り、待ち続けていた黒桐の優しさに触れるラストシーンも素敵な余韻を残します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
劇場版『空の境界』第四章・伽藍の洞。
事故によって2年間昏睡状態にあった両儀式の突然の目覚め。しかし彼女に内在するもう一人の存在「織」の喪失、そして眼前に見える赤い死の線の発生。彼女の絶望は続くが、一人の魔術師との出会いが彼女に変化をもたらし、彼女は覚醒する。

素晴らしいですね。
この4章はいわば式の「起源」を描いたストーリー。1章や3章で見せた「直視の魔眼」という力がどのように始まったのかを蒼崎橙子とのやりとりや病院内の描写と絡めて、実に緻密に描いている。
印象的なのは式の心象風景を垣間見えるシーンで、かなり美麗です。陳腐な言い方だが、まるでガラス細工にさまざまな光を当てて魅せていて美しく、儚げだ。このシーンでは彼女の半身であった「織」の喪失がどれほど自身にダメージを与えたかを如実に語っています。また、視界のモノすべてに死の線が見えてしまいショックを受けて呆然とする式もリアリティがあってよかった。

この4章は一つ一つの動作や表情が魅力的に感じました。
個人的にお気に入りなのがラストの戦闘シーンでの式と橙子のやりとり。「おい・・この詐欺師」「こういうのは難しいんだ」この気安さがパートナーとして良い感じだ(笑)。とにかく派手な部分はないが見どころはすべてだと思えるほど全体的に丁寧描写な印象を受ける第4章です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 40分弱と「空の境界」の章では尺は短い方ながら、その観終わっての満足感はいささかも劣ることのない「伽藍の洞」。出てくるキャラが極めて限定されているのも幸いして、濃厚なドラマにと今章はなっております。
 「1人」になってしまった式の落ち込みとそこから立ち直っての飛翔のケレン味、そこに手を貸すことになる橙子さんのカッコ良さ、子犬と形容されていた幹也の式への健気さ、そのどれもが見応えがある繋がっている、見逃せないものがある!他には直死の魔眼の表現、髪がロングの式の可愛さ、戦闘シーンでの躍動感、幹也の傍目にも誠実さの伝わってくる描写などが観終わって印象に残りました。
 前半と後半との静と動、その特徴的な場面の使い分けがとても良く、各キャラの描写も丁寧で秀逸で戦闘シーンは文句なし。原作を読んでいる人も読んでいない人も両方楽しめる、そんな作品に仕上がっていたと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 accord 投稿日 2008/12/17
事故による永い眠りから覚醒した両儀式が“直死の魔眼”を得て『生きる覚悟』(この表現が正しいかどうかに確信はないが…)をする過去の経緯を収めている。乱暴に言えば『覚醒した両儀式と事故前の同韻異語の二人の式と織とによる死と再生』だろうか。死してなお死の魂と化した者達と両儀式との凄惨な魂の戦さの始まりだ。この作品達は色彩も描写も美しく繊細で、別世界のような不思議な雰囲気が漂う中にエロスすら感じさせる。今回で四巻目だが、初巻は予備知識がなく見たので訳がわからなかった。しかし第二巻を見て“やられた”と思った(笑)。時間を前後させる展開で見せる演出は、小説の文字による表現をも取り込んでいるようにも思えて心憎い。奈須きのこは面白い!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す