¥ 4,200 + ¥ 350 関東への配送料
残り11点 ご注文はお早めに 販売元: アナログ図書館 [即日~翌日発送]

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「ディアルガVSパルキアVSダークライ」 [DVD]

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,200
残り11点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アナログ図書館 [即日~翌日発送] が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「ディアルガVSパルキアVSダークライ」 [DVD]
  • +
  • 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス 超克の時空へ [DVD]
  • +
  • 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」 [DVD]
総額: ¥11,200
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松本梨香, 大谷育江
  • 監督: 湯山邦彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: メディアファクトリー
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000W72OZK
  • EAN: 4935228074648
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 25,079位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

時空を揺るがす最強の戦いが始まる。

映画化10周年記念作品!2007年夏、子供たちの話題をさらった待望の新作がついにDVDリリース!!
観客動員数460万人以上を突破!楽しかった夏の思い出とともに自宅で何度も楽しめる!!

★特典映像も盛りだくさん!映画の世界観をより深く知る事ができる!!

【映像特典】
●ノンテロップOP&ED
●イラスト設定集
●アイデアスケッチ集
●ピカチュウ・ザ・ムービー2007予告編、などを予定

【ストーリー概要】
新たなる冒険の旅に出たサトシ&ピカチュウ、そしてヒカリたち一行は、可憐な女性・アリスと出会い、アラモスタウンへと向かう。
その町のシンボルとされる〔時空の塔〕でポケモンコンテストが開催されるのだ。
アラモスタウンには近頃、人々やポケモンたちに悪夢を見させる正体不明のポケモンが出現していた。
町の名士・アルベルト男爵は、そのポケモンを捕獲するため、討伐部隊を編成する。そしてついに幻のポケモン・ダークライが姿を現した…!
一方その頃、アリスの幼なじみの科学者・トニオは空間の異常現象に気付く。
なんとアラモスタウン上空に〔時空の狭間〕が発生、神と呼ばれる二体のポケモン・ディアルガとパルキアが現れたのだ!
決して出会ってはならないはずの二体とダークライが遭遇したとき、時空をもゆるがす史上最大の戦いの幕が切って落とされる!!

《メインスタッフ》
◆原案:田尻智、増田順一、杉森建
◆スーパーバイザー:石原恒和
◆アニメーション監修:小田部羊一
◆エグゼクティブプロデューサー:伊藤憲二郎、久保雅一
◆プロデューサー:吉川兆二、深沢幹彦、岡本順哉、盛武源
◆アニメーションプロデューサー:奥野敏聡、神田修吉
◆脚本:園田英樹
◆監督:湯山邦彦
◆製作:ピカチュウプロジェクト
◆主題歌
「ビー・ウィズ・ユー~いつもそばに~(ムービー・バージョン)」サラ・ブライトマン(東芝EMI)

《キャスト》
◆サトシ:松本梨香
◆ピカチュウ:大谷育江
◆タケシ:うえだゆうじ
◆ヒカリ:豊口めぐみ
◆ポッチャマ:小桜エツ子
◆ナレーション:石塚運昇

《特別出演》
◆ダークライ:石坂浩二
◆トニオ:山本耕史
◆アリス:加藤ローサ
◆ダイ:秋山竜次(ロバート)
◆ドダイトス:馬場裕之(ロバート)
◆カツミ:山本博(ロバート)
◆マキ:中川翔子
◆アルベルト男爵:山寺宏一

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon(C)2007ピカチュウプロジェクト

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気アニメの「ダイヤモンド・パール」シリーズ劇場版第1弾。サトシたち一行が訪れたアラモスタウンに幻のポケモン・ダークライと、神と呼ばれるポケモン、ディアルガとパルキアが出現。彼らが遭遇した時、時空を揺るがす戦いの幕が切って落とされる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ポケモンであることを忘れて見入っていた。。。ポケモン苦手なのに毎年こどもにつきあってきてはじめてです。それだけ魅力がありました。オープニング、遭遇してはいけなかったはずの2体の神獣ポケモン、ディアルガVSパルキアの壮絶な戦闘シーンは、全盛期の東宝怪獣映画も真っ青!?想像を絶するような、かなり、凄い光景です。

そして重要人物(重要ポケモンか)ダークライが、しぶいんです。人々の誤解も何のその、ひたすら不言実行あるのみ。街を死守するため、超越した力をもつディアルガとパルキアに勇敢にも立ち向かい、戦いを挑み続けます。騎士道精神の権化みたいなヤツ。みてて頭がさがりました。実は映画館で泣け、こどもにばれるんではと、ちと、こまりました。

終盤、重要なパートを飾る”オラシオン”。世界を救いたい人々とポケモンたちの祈りの結晶化でしょうか。みんなの共存と自然との融和を願いたくなる感動的な光景でした。この作品、全然ポケモンモードでないふつうの親の私ですら、自分で超驚きの?星4つ(4.4くらいかな)つけちゃうくらい、スグレモノの出来ばえです。おこさんがみたいといったら、一般パパやママもご一緒に充分楽しめますから、大丈夫、オススメですよ!わたし自身、ポケモン映画のイメージが変わり、次が楽しみになりました。
1 コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テレビシリーズが新シリーズになった、最初のポケモン映画にして
ポケモン映画10周年作品。
そういう背景もあって勢い重視の話かと思えば、
中々どうして完成度の高さを、観る度に思い知る。
感動路線でこそ無いだろうが、世界観、ストーリーがシッカリと安定していて
戦闘シーンとのギャップに負ける事の無い存在感!!
勿論ディアルガとパルキアの戦闘シーンも、シリーズでも一二を争える
緊張感と圧倒的な迫力!!
ダイヤ・パール初登場のポケモン達も、
ダークライを含め活き活きと描かれていて、非常に魅力的。

10周年作品の名に恥じない傑作にして、11年目以降の作品に期待が持てる
壮大なピカチュウ・ザ・ムービー!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トワイライト・ファンタジー トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/10/18
ポケモンの映画ということである程度強いポケモン同士のバトルなどを格好良く見せてその中に上手く主人公サトシ達を織り交ぜていくのだろうと思いながら鑑賞させてもらいましたが今作は結構感動。

話の展開もテンポ良く進みディアルガとパルキアの戦いも派手に描かれていてポケモンバトルも毎年CGなども駆使して格好良く演出してるのですが、今作はなによりも主人公達や町の住人とダークライとのやりとりが話が進むほどに涙を誘うものになっていてストーリーの深さもあったかなと思いました。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私はサトシが帽子を後ろに回し「君に決めた!」からポケモンを見ていたので10周年ってことはそんなに経つのか…と年を感じました(笑)映画の方は2作目ルギア爆誕が自分なりの最高傑作だと思います(アナログ人間ですのでいろいろあるのです…)
ですので最近の単調化していたポケモン映画に購入の手を止めがちだったのですが…映画館でこの映画を見て「即購入」と思いました。

まず、ダークライの存在です。レアなポケモンなので敵か味方か全く検討がつかなかったので、映画館で見て、まさか…と思いました。

次にパルキアとディアルガのバトルシーン。なんだこの重量感あるバトルは!と思ったのですが迫力があったので良かったです(笑)

最後、購入するきっかけをくれたのが“オラシオン”です。も〜〜〜メチャクチャ美しい。FFなどゲームに使われていそうなぐらい鳥肌が立ちました。
あくまで詳細までバラしませんが御購入、オススメします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ポケモン映画10作目の記念すべき作品であり、「神々の戦い」編の第1作目になります。10作目ということでかなり気合いを入れて制作されたのではないかと感じられる出来だと思います。今作では、ディアルガとパルキアの空中での激突がとても迫力があります。そこにダークライとアリス、それにトニオの過去から繋がっているストーリーもいい感じです。
アニメーションとサウンドの美しさはこのシリーズの特徴だと思いますが、今作も期待どおりです。特に素晴らしいのは、オラシオンの荘厳な曲と映像です。ポケモン映画は、この美しさの部分では期待を裏切らないですね。
シリーズの中でも、傑作の1つだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック